スマートフォン用の表示で見る

菊花賞

スポーツ

菊花賞

きくかしょう

日本中央競馬会JRA)が京都競馬場の芝3000mで10月下旬に施行する中央競馬重賞GI)競走。

出走条件はサラブレッド系3歳牡馬・牝馬(国際)(指定)。繁殖馬の選定のためせん馬は出走不可。負担重量は定量(牡馬57kg、牝馬55kg)。 1着賞金は1億1200万円(2014年)。

皐月賞東京優駿日本ダービー)に続く3歳クラシック競走の最終戦

正式には「きくかしょう」(Kikuka Sho)の読みである。


1937年京都農林省賞典4歳呼馬競走*1としてイギリスクラシック競走・セントレジャーステークスを範に京都芝3000メートルで初めて開催された。その後、何度か名前が変わり、現在の名前となったのは1948年からである。ちなみに、この間京都芝3000メートル以外で行われたのは、1979年阪神代替開催時のみである。

1984年グレード制導入とともにGIに格付け。2007年の日本のパートI国昇格により、グレード表記がJpnIに変更されたのち、2010年に国際格付けのGIに改められた。

もともとは中央競馬所属の内国産馬による競走だったが、2001年からは外国産馬にも門戸が開放され、2008年には7頭まで拡大された。2010年から外国産馬・外国調教馬の出走が9頭まで可能となり、2013年から外国調教馬は外国産馬とは別に9頭まで出走可能となった。

トライアル競走である神戸新聞杯GII)とセントライト記念GII)のいずれかで3着以内に入着した馬には、本競走への優先出走権が与えられる。また、地方競馬所属馬は、トライアル競走で3着以内、もしくは皐月賞桜花賞優駿牝馬東京優駿の優勝馬に優先出走権が与えられているほか、春のクラシック競走およびNHKマイルカップの2着以内馬にも出走資格が認められている。


菊花賞はその距離が示す通り特にスタミナを要求される過酷な舞台であり、近年のスローペースによりスタミナ傾向が薄まったとも言われているが、その代わりに瞬発力が必要になってきている。また、夏を経て成長した3歳馬の成果を示す舞台でもある。そのため、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、日本ダービーは「最も運の良い馬が勝つ」と言われているのに対し、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われている。その言葉どおり古馬になってもGI戦線で活躍する名馬を多数輩出している。一方で近年、長距離に適正のない3歳馬は本競走ではなく、中距離で行われる天皇賞(秋)GI)を目指すケースが増えている。

本競走の上位馬・有力馬は、この後ジャパンカップGI)や有馬記念GI)に向かう場合が多い。

歴代優勝馬一覧

回数施行日施行距離優勝馬性齢騎手
第1回1938年12月11日京都 芝3000テツモン?牡3伊藤正四郎?
第2回1939年10月29日京都 芝3000マルタケ?牡3清水茂次?
第3回1940年11月3日京都 芝3000テツザクラ?牡3伊藤勝吉?
第4回1941年10月26日京都 芝3000セントライト牡3小西喜蔵?
第5回1942年11月8日京都 芝3000ハヤタケ?牡3佐藤勇?
第6回1943年11月14日京都 芝3000クリフジ牝3前田長吉?
1944年12月8日レース不成立(カイソウ?牡3吉田三郎?
1945年 中止
第7回1946年12月1日京都 芝3000アヅマライ?牡3武田文吾
第8回1947年10月19日京都 芝3000ブラウニー牝3土門健司?
第9回1948年11月23日京都 芝3000ニューフォード?牡3武田文吾
第10回1949年11月3日京都 芝3000トサミドリ牡3浅野武志?
第11回1950年10月29日京都 芝3000ハイレコード?牡3浅見国一
第12回1951年11月3日京都 芝3000トラックオー?牡3小林稔
第13回1952年11月23日京都 芝3000セントオー牡3梅内慶蔵?
第14回1953年11月23日京都 芝3000ハクリヨウ牡3保田隆芳
第15回1954年11月23日京都 芝3000ダイナナホウシュウ牡3上田三千夫?
第16回1955年11月23日京都 芝3000メイヂヒカリ牡3蛯名武五郎?
第17回1956年11月18日京都 芝3000キタノオー?牡3勝尾竹男?
第18回1957年11月17日京都 芝3000ラプソデー?牡3矢倉義勇?
第19回1958年11月16日京都 芝3000コマヒカリ?牡3浅見国一
第20回1959年11月15日京都 芝3000ハククラマ?牡3保田隆芳
第21回1960年11月13日京都 芝3000キタノオーザ?牡3伊藤竹男?
第22回1961年11月19日京都 芝3000アズマテンラン?牡3野平好男?
第23回1962年11月25日京都 芝3000ヒロキミ?牡3高松三太
第24回1963年11月17日京都 芝3000グレートヨルカ?牡3保田隆芳
第25回1964年11月15日京都 芝3000シンザン牡3栗田勝
第26回1965年11月14日京都 芝3000ダイコーター牡3栗田勝
第27回1966年11月13日京都 芝3000ナスノコトブキ?牡3森安弘明
第28回1967年11月12日京都 芝3000ニットエイト?牡3伊藤竹男?
第29回1968年11月17日京都 芝3000アサカオー牡3加賀武見
第30回1969年11月16日京都 芝3000アカネテンリュウ牡3丸目敏栄?
311970年11月15日京都 芝3000ダテテンリュウ?牡3宇田明彦
第32回1971年11月14日京都 芝3000ニホンピロムーテー牡3福永洋一
第33回1972年11月12日京都 芝3000イシノヒカル牡3増沢末夫
第34回1973年11月11日京都 芝3000タケホープ牡3武邦彦
第35回1974年11月10日京都 芝3000キタノカチドキ牡3武邦彦
第36回1975年11月9日京都 芝3000コクサイプリンス?牡3中島啓之
第37回1976年11月14日京都 芝3000グリーングラス牡3安田富男
第38回1977年11月13日京都 芝3000プレストウコウ牡3郷原洋行
第39回1978年11月12日京都 芝3000インターグシケン牡3武邦彦
第40回1979年11月11日阪神 芝3000ハシハーミット牡3河内洋
第41回1980年11月9日京都 芝3000ノースガスト牡3田島良保
第42回1981年11月8日京都 芝3000ミナガワマンナ牡3菅原泰夫
第43回1982年11月14日京都 芝3000ホリスキー牡3菅原泰夫
第44回1983年11月13日京都 芝3000ミスターシービー牡3吉永正人
第45回1984年11月11日京都 芝3000シンボリルドルフ牡3岡部幸雄
第46回1985年11月10日京都 芝3000ミホシンザン牡3柴田政人
第47回1986年11月9日京都 芝3000メジロデュレン牡3村本善之
第48回1987年11月8日京都 芝3000サクラスターオー牡3東信二
第49回1988年11月6日京都 芝3000スーパークリーク牡3武豊
第50回1989年11月5日京都 芝3000バンブービギン牡3南井克巳
第51回1990年11月4日京都 芝3000メジロマックイーン牡3内田浩一
第52回1991年11月3日京都 芝3000レオダーバン牡3岡部幸雄
第53回1992年11月8日京都 芝3000ライスシャワー牡3的場均
第54回1993年11月7日京都 芝3000ビワハヤヒデ牡3岡部幸雄
第55回1994年11月6日京都 芝3000ナリタブライアン牡3南井克巳
第56回1995年11月5日京都 芝3000マヤノトップガン牡3田原成貴
第57回1996年11月3日京都 芝3000ダンスインザダーク牡3武豊
第58回1997年11月2日京都 芝3000マチカネフクキタル牡3南井克巳
第59回1998年11月8日京都 芝3000セイウンスカイ牡3横山典弘
第60回1999年11月7日京都 芝3000ナリタトップロード牡3渡辺薫彦
第61回2000年10月22日京都 芝3000エアシャカール牡3武豊
第62回2001年10月21日京都 芝3000マンハッタンカフェ牡3蛯名正義
第63回2002年10月20日京都 芝3000ヒシミラクル牡3角田晃一
第64回2003年10月26日京都 芝3000ザッツザプレンティ牡3安藤勝己
第65回2004年10月24日京都 芝3000デルタブルース牡3岩田康誠
第66回2005年10月23日京都 芝3000ディープインパクト牡3武豊
第67回2006年10月22日京都 芝3000ソングオブウインド牡3武幸四郎
第68回2007年10月21日京都 芝3000アサクサキングス牡3四位洋文
第69回2008年10月26日京都 芝3000オウケンブルースリ牡3内田博幸
第70回2009年10月25日京都 芝3000スリーロールス牡3浜中俊
第71回2010年10月24日京都 芝3000ビッグウィーク牡3川田将雅
第72回2011年10月23日京都 芝3000オルフェーヴル牡3池添謙一
第73回2012年10月21日京都 芝3000ゴールドシップ牡3内田博幸
第74回2013年10月20日京都 芝3000エピファネイア牡3福永祐一
第75回2014年10月26日京都 芝3000トーホウジャッカル牡3酒井学
第76回2015年10月25日京都 芝3000キタサンブラック牡3北村宏司
第77回2016年10月23日京都 芝3000サトノダイヤモンド牡3クリストフ・ルメール

*1:この時代の年齢表記は数え年であり、4歳は今の表記方法で3歳を示す。以下、2000年以前の話については同様。