Hatena::ブログ(Diary)

眼科医 吉野健一ブログ相談室

この日記のはてなブックマーク数
レーシック、フェイキックIOLの詳細は吉野眼科レーシックセンターのホームページをご覧ください。http://www.tokyo-lasik-center.com/

被災地の方へ向けた眼鏡寄付の受付は終了となりました。
この度の東日本大震災に際し、メガネ、コンタクトレンズのご寄付をお願いしましたところ、本当にたくさんの方々からご協力をいただき、誠に有難く厚く御礼を申し上げます。お礼のご挨拶と被災地の方から頂いた感謝の手紙はこちらへ


2016-04-09 レーシック手術直前のご質問

[]

●●●●様:

以下に@でお答えします。

---------------------

▼送信内容

---------------------

お名前 = ●●●●

ふりかな = ●●●●

年代1 = 30代前半

性別 = 女性

郵便番号 = ●●●●●●●

ご住所 = さいたま市●●●●

メールアドレス = ●●●●@yahoo.co.jp

ご相談内容 =

診察券番号●●●●、4月14日レーシック手術予定の●●●●です。質問です。


(1)近視だけでなく乱視もあるのですが、レーシックで改善されますか?


乱視も矯正します。


(2)花粉症でザイザルやコルゲン鼻炎カプセルなどを飲んでいるのですが、手術前は控えた方がよいでしょうか?


@引き続き継続服用してください。


(3)花粉症で目をこすってしまうので、手術後でも使用可能な目薬(目のかゆみをおさえるもの)を処方いただくことはできますか?


@もちろん可能です。


(4)1990年代からレーシック手術が始まったとのことで、まだ始まってから30年弱ですが、手術後40年、50年後に不具合が生じる可能性はないのでしょうか?


@30年の歴史があるということは、寧ろ問題点は出尽くした感があります。フラップを作成する過程もマイクロケラトームという電動メスからフェムトセカンドレーザーに進歩し安全性が増しました(今だにマイクロケラトームを使用している施設もありますが)。

強いていえば、加齢による白内障になった時に挿入する眼内レンズの度数計算が、レーシック手術をした人とそうでない人では変わりますので、将来白内障手術を受ける時にはレーシック手術を受けた既往を主治医に告げる事が大切です。術後に当方からお渡ししますが、術前術後のデータを大切にとっておき、白内障手術時に提出するとより正確な度数計算ができるようになります。ご安心ください。

2016-01-18

[][]

●●●●様:

以下に@でお答えします。

■お問い合わせ

レーシックを受けたあともカラーコンタクトはできますか?また、カラーコンタクトができたとしたらレーシック前に比べて違和感を感じるとかゴロゴロする等はないですか?


レーシックを受けたあとも装用の違和感無くカラーコンタクトは装用できます。

ただし、一般論ですがカラーコンタクトレンズは種類によっては非常に目に悪いものがあります。

特に、通販やドンキ等の雑貨店で販売されているものがそうです。

もし、どうしてもカラーCLを装用したいのであれば、承認を受けた安全なものを使用することが大事です。カラーコンタクトレンズを扱っている眼科専門医のクリニックを受診して処方してもらうとよいでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2014-10-29 レーシック前の注意

[]

お名前 = ●●●●

年代1 = 20代前半

性別 = 男性

ご住所 = 東京都●●区●●●●

メールアドレス = ●●●●@ezweb.ne.jp

ご相談内容 =

コンタクトをすると目の角膜を傷つけてしまうと言われてますが、傷が治るまでどのくらいかかりますか?


@目の表面の細胞は1週間で全部入れ代わりますので、感染(ばい菌が着くこと)がなければほぼ1週間と言って良いでしょう。


レーシックを受ける前にコンタクトゎどのくらい前までしてても大丈夫ですか?


@大事なことは、術前検査を受ける前にコンタクトレンズを中止するということです。理由は、正確な検査のためには角膜のカーブをリセットしなくてはならないからです。

ソフトコンタクトレンンズなら1〜2週間。ハードコンタクトレンズなら2〜3週間のコンタクトレンズの装用を中止して検査を受けなくてはなりません。

検査が終われば、コンタクトレンズの装用を開始してもよいのですが、当院の場合、手術日の4日前から点眼を開始しますので、手術前の4日間はコンタクトレンズを中止していただきます。


角膜を傷つけてレーシックができないみたいなので、レーシックをする前に正常な角膜にしておきたいです。


@最近レーシック難民問題が発生しており、品川近視クリニックや錦糸クリニックは集団訴訟による提訴がなされています。

注意していただきたいのは、値段や安易さではなく、しっかりした施設を選んでいただくことです。

下記参照してください。


http://d.hatena.ne.jp/yoshino8dr/searchdiary?word=%2A%5B%A5%EC%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%5D


http://doctorsfile.jp/h/26809/mt/1/


http://doctorsfile.jp/h/26809/df/1/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2014-10-16 レーシック難民の方からのご相談

[][]

吉野先生

お世話になっております。

先日は眼軟膏の処方、ありがとうございました。

やはり多少ベタベタしているのが気になりましたが、効果はあると思いました。気になる時に使っていこうと思っています。


最近は気分も徐々に前向きになってきたので(というか開き直ってきたので・・・)なんとか再手術までは気長に待ってみようと思っています。やはり心療内科にも行ってみまして、睡眠を改善するお薬を頂いてみたりもしました。

右目の滲みは相変わらずで不安定な視界の為、眼精疲労はやはり辛く目自体や目の周りの痛み、瞼の痙攣、頭痛や歯痛(私は何故か頭より歯にくるようです・・・)に悩んでいますが気分的には以前より大分楽です。


先生に頂いた助言も効いているようです(生きてるんだから、という;;)このままだといずれ失明するなら話は別ですが、そういうわけではないと思うのでもっとしっかりしないといけませんね。先生のブログを呼んでいると、本当に大変な眼病でお困りの方も沢山いらっしゃって・・・・いろいろ考えさせられました。


ところで、今回のメールはある意味ご報告なのです。

以前お話した、●●●クリニックでカルテを頂けないと言うのがどうしても納得出来なくて、もう1度要望してみたんです。普通に言ってもお断りされるので、今回は「今後、今困っている目の症状の治療を考えているけれど、その為にやはり手術前からのデータも頂きたいです」と正直にお話してみました。

すると、カルテは有料で渡せるけれど、渡した時点でこちらでのフォローは打ち切りになりますと言われました。

「カルテデータを受け取る=今後の診察はすべてお断りします」と言う方針だそうです。


これはひどい!(吉野弁)


私は再手術自体はもう●●●●さんでしか無理だと思ったので別に●●●クリニックでフォローして頂く必要はないのですが手術をした患者に対してあまりにも無責任だな・・・と改めて思いました。しかし不思議なのは、再度連絡があって、●●●でもトポガイドという手術は出来ますからそれで良いんじゃないですかと言われました。確か前回は、治せる可能性はないとおっしゃっていたのに・・・?とりあえず、●●院長の診察を1度受けて考えて下さいと言われたので、先日行ってきたのです。でもそこでさらに驚いてしまって。他院の院長先生の事をこのようにお話するのはどうかなとも思いましたが・・・。


結局は●●院長の診察を受けても仰る事は今までと同じだったのですが。

「あなたは本当に瞳が大きいんですよね〜人よりずっと大きいんですよね〜。だからね〜。」

とおっしゃっていましたが、だから仕方ないという事でもないと思います。

角膜形状の写真をまた見たのですが、確かに右が結構ずれてはいるとおっしゃっていましたが私はドライアイ症状が結構強い方で、ドライアイでこういう風になっちゃって偏心照射のように見える場合もありますよ、と。

でも明らかにそんな見え方ではないので・・・偏心照射に間違いないと私は思いました。

肝心のトポガイドについてですが、完全に治すには40〜50くらい削らないといけないから400割っちゃうけどそれでもやりますかと言われました。

あなたの場合は多分残りの角膜が380〜390前後くらいにはなると思いますけど、って。

私はてっきり●●●さんと同じように400切らない範囲内でとれだけ改善出来るか・・・というものだと思っていたので驚きました。「あんまり角膜薄くなっちゃうと角膜拡張症になっちゃってハードコンタクトに逆戻りしちゃうかもしれませんけど」と、さらりとおっしゃっていましたが、それこそ私の最も懸念している事で、●●●さんでも再手術すれば400ちょっとになってしまうのは確実なので角膜拡張症は本当に大丈夫だろうか・・・と思っていたくらいなのに、380くらいになるかもと言われて「それでもいいです」と言うわけがありません。でもどうしてもやりたいならやりますけど、とおっしゃっていました・・・正直驚いて、怖くなりました。

これで、角膜拡張症などの知識のない方が今の見え方を治したい一心で受けてしまったとして、本当に角膜拡張症にでもなったとしても「リスクは言ったのに、患者側がどうしてもやりたいと希望した」で通るんでしょうか。

リスクがある事はすすめないし、引き受けない、というのが本当の姿なのではないかと疑問を持ちました。

しかも400を切らないように手術をする事が一定の基準になってるものだとばかり思っていました。私は400リミットで考えたら完全に治せないのを承知し、諦めた上で、再手術をどうするかと言う話だとばかり思っていました。

しかも、「今すぐなんてやらない方がいいですけど、日常生活に困る〜仕事出来ない〜早く治さなきゃって言うならやりますけど」と・・・。

私はもうこれが最後のチャンスだし、本当は早く改善させたい気持ちでいっぱいですが、出来るだけリスクのない状態で後悔しない再手術をしたいんです。やはり、●●●クリニックで再手術の選択肢はない、と思いました(最初に提案頂いた時からお断りしようとは思っていましたが)話してるうちに、トポガイドを1番専門的に扱ってるのは●●●とおっしゃったので

「私が検査して頂いたところはそこです」と答えたところ


●●先生とも●先生とも親しいから紹介状書いてあげてもいいというお話になりました。 え!?と、なんだかショックだったりしました・・・親しいの?って。まぁ・・・いいんですが。とりあえず、見当してお返事する事になってはいますが、紹介状を書いて頂き●●●で受けるのがベストかなと思いました。


ちなみに、私の執刀医は●●先生という女性の方だったそうです。これは以前他の方にお伺いしました。

長々と申し訳ありません。

吉野先生に全く関係のないお話を書いてしまって申し訳ございませんでした。でも、私がどうすればいいか分からない時に最初にお世話になった吉野先生にはとても感謝していますので現状をお知らせしたくなり、メールしました。


お忙しいとは思いますが、吉野先生を頼りにされている患者さんが大勢いらっしゃると思います。そんな患者さん達の為に、これからも頑張って下さい。ただ、ご自身のお体も大事ですので、どうぞご自愛下さい。


●● ●●

2014-08-21 老眼年齢の強度近視

[][][]

●●●●様:

以下に@でお答えします。


-------------------------------

▼送信内容

-------------------------------

お名前 = ●●●●

年代1 = 50代前半

性別 = 女性

郵便番号 = ●●●●

ご住所 = 千葉県●●●●

メールアドレス =●●●●@yahoo.co.jp

ご相談内容 =

強度の近視と乱視も強く長年ハードコンタクトを使用してきました。

ソフトコンタクトを5年その後ハードコンタクトにしてから30年になります。コンタクトの度数は-8.5です。

コンタクトの使用で不便を感じたことが今までは特にありませんでしたが、目のしょぼつき等を感じるようになりました。そしてここ1年くらいは老眼のせいかコンタクト使用中に近くが大変見えにくく老眼鏡をかけてみましたが不快な感じがあります。

レーシックはメスを入れる怖さもあって敬遠していましたが、周りにも手術した人が増え、老眼のレーシック手術もあると聞きました。

強度の近視と乱視があってしかも老眼になった私でもレーシック手術は可能なのでしょうか?


@当院では、角膜の厚さ等を考慮の上、条件が合えば-8.0Dまでの近視に対してはレーシックを施行しており、それ以上の近視には行っておりません。何故なら、-8.0Dを越える近視では、残存角膜の厚さが薄くなる可能性が高く、また、角膜を深く削るため見え方の質が落ちる可能性が高くなるためです。強度近視と乱視の方には、レーシックではなくフェイキックIOLと呼ばれる眼内レンズ挿入術をお勧めしています。非常に見え方の質が高く、レーシックに比し安全性も高いと考えます。しかし、この眼内レンズは遠近両用ではないため、レーシック同様、遠くが見えるように度を合わせると老眼年齢の方は近くが見えないので、老眼鏡が必要になります。または、弱めの近視を残し比較的近くが見えるような状態(視力で言えば0.8前後)に合わせることもできます。


白内障があれば、遠近両用の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)がありますので、このレンズを用いた白内障手術を行えばかなり満足度は高いものになります。


老眼のレーシックですが、私の印象ではあまり患者さんの満足度は高くなく、当院では行わないことにいたしました。


また、近視と老眼の両方とも楽になって見えやすくなるということがあるのでしょうか?


@上記の理由から、老眼鏡を用いるか、白内障に対する遠近両用の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)挿入術を行う以外は、遠近ともにぴったり見えるというわけにはいきません。ただし、強度の近視を弱めるだけでも眼鏡による対応が可能になるため、かなり生活は楽になるのではないかと思います。様々な度数のコンタクトレンズを装用してシミュレーションしてみることにより、満足な度数を見つけることも可能です。


近視だけでも楽になるならレーシック手術した方が良いのかもしれないとも考えています。


@どの程度まで近視を治すか検討してみる価値はあります。例えば、-8.0Dの人に-5.0Dのみレーシックで矯正することは可能です。その結果、-3.0Dの近視が残るのですが、この度数は丁度、手元33cmに焦点が合う度となります。-3.0Dの弱い眼鏡を普段かけて遠くを見、近くを見たいときには眼鏡を外せば近くが見えるといった状態をレーシックで作ることは可能です。


少しでもこの疑問にお答えいただければと思います。宜しくお願い致します。


@やはりレーシックは不可能ということになるかもしれませんが、もしよろしければお電話で、「レーシック適応検査」の予約を取った上ご来院ください。フェイキックIOLのご説明もいたします。

-------------------------------

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

-------------------------------


吉野眼科クリニック 吉野様


お忙しいところ、さっそくにお返事をいただきましてありがとうございました。大変わかりやすくご説明いただきましたので疑問点はだいぶスッキリしました。


レーシックでは近視と老眼が同時にすべてクリアになるということはやはり無理ですね。お勧めいただいたフェイキックIOLという手術がとても良いようですが、費用が高いようですので今現在では受けられそうにありません。


近くを見るのに老眼鏡が必要になるのは年齢的に諦めてはいるのですが、レーシックを受けるのであれば普段の生活に眼鏡はかけたくないです。

ただ、コンタクトで両眼で1.2まで矯正しているのでそこまで視力は無くてもいいとも思っています。そのせいで余計近くが見えないのだろうと思いますし。


どの程度レーシックで近視を治せるのか「適応検査」を受けるのが一番いいようですね。もちろん不可能も覚悟してですが。

検討してしてその際には予約させていただきます。


ご親切に回答していただきまして本当にありがとうございました。

●●●●子

2014-06-25 眼瞼手術とレーシック

[][][][]

▼送信内容

お名前 = ●●●●

年代1 = 20代半ば

性別 = 男性

ご住所 = 東京都●●●●市

メールアドレス = ●●●●@yahoo.co.jp

ご相談内容 =

先天的な顔の病気で形成外科で治療中です。

今現在prkレーシックフェイキックのどれかを先にうけたいのですが、そこで質問があります

瞼(埋没ビーズ眼瞼下垂)のどれかと鼻骨骨切り(瞼は切らないのですが 瞼が腫れるらしいです)の手術を受けるのですがprkレーシックフェイキックを先に受けた場合どれくらい空けたら形成外科の治療を受けれるのでしょうか?

鼻と瞼で各々空ける期間を教えてください


●●●●様:

以下にお答えいたします。

下記に私が記した、論文(吉野健一,「?.退行性(加齢性)眼瞼疾患の手術における注意事項」〜オキュラーサーフェスからみた注意点〜 PEPARS No.51増大号 全日本病院出版会 P148〜155(2011.3))の一部を抜粋します。

一言で言うと、prkレーシックフェイキック、いずれも眼瞼手術の先にではなく後に受けるべきです。それは、眼瞼手術が屈折状態を変化させるからです。


2.眼瞼手術と屈折異常

Zinkernagelらは、眼瞼手術を、1)皮膚切除術のみ、2)皮膚切除術+内側眼窩脂肪のみの縮小除去術、3)皮膚切除術+全側眼窩脂肪縮小除去術、4)経皮挙筋短縮術による眼瞼下垂手術の4つの群に分類し、それらが角膜乱視に及ぼす影響を比較した。その結果、1)の群に比し、3)と4)の群において有意に角膜乱視が惹起されたことより、眼瞼下垂手術や広範囲の眼窩脂肪縮小除去術による眼瞼圧の変化は、角膜の形状(乱視)を変化させることを示した文献4)。眼瞼がOSへ及ぼす圧力(眼瞼圧)が如何に強いかを示す興味深い結果といえる。


従来白内障手術は、眼瞼挙筋群の剥離を惹起し眼瞼下垂の原因となることがあるため、眼瞼下垂手術は、白内障術後3ヶ月以降に行うべきであるとされていた。しかし、屈折(乱視度数)に変化をきたす眼瞼手術は、白内障手術のみならずレーシック(LASIK: Laser in Situ Keratomileusis)やPRK(Photorefractive keratoplasty)などの屈折矯正手術よりも以前に行うべきと考えることができる文献5)。特に、より正確な屈折矯正効果が求められるレーシックやPRKは、必ず眼瞼下垂手術よりも後に行うべきである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2014-06-11 中等度近視へのフェイキックIOL

[][][]

●●●●様:

以下に@でお答えします。


------------------------------------------------------------

▼送信内容

------------------------------------------------------------

お名前 = ●●●●

年代1 = 30代前半

性別 = 女性

郵便番号 = ●●●●

ご住所 = 茨城県●●●●

メールアドレス = ●●●●@mail.●●●●.ne.jp

ご相談内容 =

初めまして、●●●●と申します。

フェイキックIOLについて質問があります。

フェイキックの適応条件に、“強度近視”とありますが、

中度近視では、フェイキックは出来ないのでしょうか?

当方は、両眼とも−3.5Dです。

レーシックの適応検査で、角膜が薄いと言われたため、フェイキックを検討していたのですが、何故、フェイキックは軽度、中度の近視には適応ではないのかと疑問を持っております。 

お忙しい所申し訳ありませんが、ご回答いただければうれしいです。よろしくお願いいたします。


@結論から言いますと、中等度の近視でも適応はあります。

では何故、フェイキックIOLの適応が強度近視となっているのでしょうか。

通常、強度近視にレーシックを行う場合、残存角膜の厚さが足りなくなることによる、術後の安全性のリスクが高まることや、角膜厚に余裕があっても角膜切除量が多いために視力の質が落ちるといったことが考えられます。

これが、強度近視にはレーシックではなく角膜を削ること無いフェイキックIOLが適応になる理由です。


しかし、あなたのように、たとえ近視が強くなくても角膜が極端に薄い場合には前者の理由でレーシックができません。

前房(角膜裏面から水晶体前面までの空間)の深さや、フェイキックIOLのレンズ度数がレパートリーにあれば、中等度の近視にもフェイキックIOLは十分適応になります。

また、条件さえ合えば、角膜が薄くても直接角膜を表面から削るPRKといった術式での手術が可能になる場合もあります。PRKは、LASIKとは異なり、角膜フラップを作ることがないため残余角膜厚をかせげるからです。


ご都合があえば、検査、診察にいらっしゃってください。

あなたの目の条件に沿ったアドバイスをいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2014-06-03 屈折矯正手術。診察しないとわかりません。

[][][][]

-------------------

▼送信内容

-------------------

お名前 = ●●●●

ふりかな = ●●●●●●●●

年代1 = 50代半ば

性別 = 男性

郵便番号 =●●●●

ご住所 = 茨城県●●●●

メールアドレス = ●●●●@●●●●.com

ご相談内容 = 現在の視力はコンタクトレンズ(ハード)の度数で−8レベルです。老眼も進んでいます。

なぜか、今のコンタクトレンズでも視力が出なくなりました。眼科では異常なしと言われています。

効き目を強く、効き目じゃない方の目を弱く矯正する手術をすれば、コンタクトも老眼鏡も不要になるでしょうか?或いはレーシック&ピンホール方式の手術の併用もあるのでしょうか?


●●●●様:

コンタクトレンズや眼鏡で矯正しても視力がでない場合、各種屈折矯正手術をしても視力の回復は望めません。

それとも、度を変えたら矯正視力は出るのでしょうか?

眼科で異常なしと言われたとのことですが、前者の場合、強度近視ですし、白内障が出てきたための矯正視力不良かもしれません。強度近視に伴う白内障は核白内障といい初期の場合はよく見逃されます。白内障があるのであれば白内障手術をして多焦点眼内レンズで遠近を見ることも可能です。

または、強度近視ですので、近視性黄斑変性等の眼底に問題があるのかもしれません。

矯正視力が出るのであれば、レーシックやフェイキックIOL、左右の度の差を敢えて変えて遠近見えるようにするモノヴィジョン等、選択肢はいくつかありますが、白内障でも度が変わることがあります。その場合には屈折矯正手術はお勧めしません。

遠方ですが、埒があかなければ一度ご来院ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2014-05-05 強度近視性乱視に対する屈折矯正手術

[][][][]

●●●●様:

以下に@でお答えします。

------------------------------

▼送信内容

------------------------------

お名前 = ●●●●

年代1 = 50代後半

性別 = 女性

ご住所 = 静岡県

メールアドレス = ●●●●@yahoo.co.jp

ご相談内容 = 生まれつき目が悪く、高度近乱視と言われています。視力は両眼とも0.1以下です。眼鏡で0.5もハードコンタクトでも0.7くらいの矯正視力です。2,3年前にレーシックを考えたのですが、角膜が薄いのでやめたほうがいいと言われました。その際、せめて視野を広げようと頑瞼下垂の手術を行いました。しかし、その後ドライアイがひどくなったのか、コンタクトを装着すると、すぐ白っぽくなり不快で長時間していられません。また瞼が痙攣するような感じもします。年齢的に老眼もありどうしていいのかわかりません。一度良く調べていただき、最善の方法を見つけていただきたいです。目を使う仕事をしているので、宜しくお願いします。


@強度近視で年齢も50歳代後半ですから多少なりとも白内障があるかもしれません。白内障があれば、多少早いとはいえ白内障手術とともに近視も矯正できます。乱視を矯正することが可能な眼内レンズもありますし、条件が許せば多焦点眼内レンズにより、遠方、近方も見ることも可能になります。残余近視や残余乱視に対しても眼内レンズ挿入術後には矯正量が格段に少なくなりますので、その上でレーシックで微調整も可能です。ありとあらゆる屈折矯正の技術を駆使しての視力改善が可能かもしれません。

一度診察させて頂ければ、適切なご提案が可能と思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2014-04-23 他院で行われた過度な矯正による不具合

[][][]

▼送信内容

お名前 = ●●●●

年代1 = 30代半ば

性別 = 男性

ご住所 = 京都市●●●●●●●●

メールアドレス = ●●●●●●●●@yahoo.co.jp

ご相談内容 = ●●才代男性です。心臓血管外科医師をしておりました。10歳くらいか力低下を認め、35歳時に右-6.0〜7.0 左-11.0でレーシック(フェムトレーザーレーシック+高速クロスリンキング)を受けることとしました。術後から左は不正乱視(ゴースト?)があり大変心配しておりましたが、術者はdata的にはたいしたことない、少し過矯正気味にわざとしているため、少しずつ良くなるとのことでした。しかし現在半年が経ちますが、右はちょうどよく1.0位に安定しているのですが、左は0.2まで低下し、不正乱視も少し悪化しております。再手術について聞いてみるともう少し待って(あと半年)視力が下がり止まったところで再度検討しましょうとのことでした。視力低下はなぜ左目だけおこるのかわかりませんが、今後どこまで下がり続けるのか不安です。また不正乱視のため心臓血管外科を辞任し、転科する事態となりました。貴院で他院での手術後の再手術可能かどうか、また現時点での先生の見解を教えて頂けますと幸いです。できるのであれば、診察だけでなく、手術もお願いしたいと考えております。何卒よろしくお願い申し上げます。


●●●●様:

お困りのことと御察し致します。

当院では、左眼の-11.0Dに対してレーシックを行うことはありません。日本眼科学会のガイドラインでも認められていません。(ガイドライン抜粋します:屈折矯正量について:近視 PRK については,前回どおり矯正量の限度を原則として 6 D とする.ただし,何らかの医学的根拠を理由としてこの基準を超える場合には,十分なインフォームド・コンセントのもと,10 D までの範囲で実施することとする.なお,LASEK(laser epithelial keratomileusis)および epi-LASIKによる近視矯正については近視 PRK に準じるものとする.)これを逸脱すると、残存角膜に十分な余裕を持てないため術後角膜エクタシアの起こるリスクが高くなることが懸念されます。一方で、安全性を担保するため、そして良好な裸眼視力を得るために、エキシマレーザーの照射径を小さくして角膜実質切除量を低く抑え角膜実質切除を行った可能性もあります。その結果、ハローやグレアが出た可能性もあります。また、レーザーの照射径が小さいと少しの照射ずれから不正乱視が生じやすいことも考えられます。もしかしたら、左眼の近視化が収まらないということ、そして不正乱視もあるということから、残存角膜厚の少なさに起因する角膜エクタシアが生じているのかもしれません。これは、角膜トポグラフィーの経時変化を見ることによりわかります。そもそも、クロスリンキングを行うのも、残存角膜厚が薄くなることによる角膜強度に懸念がもたれたからかもしれません。

角膜の薄さによる角膜エクタシアという合併症を回避するため、そして、視力の質を保つのであれば、当院ならフェイキックIOLをお勧めしました。


左眼に関しては、もうこれ以上エキシマレーザーで角膜を削ることはお止めになった方がよいのではないでしょうか?角膜エクタシアが生じていないのであれば、フェイキックIOLで追加矯正する方がよいのではないでしょうか?

角膜エクタシアが生じているとちょっと話は厄介です。クロスリンキングを追加した上で、その後度数の変化が生じないのであれば、フェイキックIOL。または、もう手術をしないのであればハードコンタクトレンンズ、またはそれができないのであれば強膜レンズ。それでも駄目なら最終的に、そして究極は角膜移植術ということになると思います。


当院で上記のどれを選択するかは、診察をしてみないとわかりません。

その結果、治療(再手術)ができるか否かを判断することになると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


吉野先生 御侍史

早々に、御返信ありがとうございます。

今まで他施設に御相談していたのですが、今までの説明の中で最も納得できました。

ご多忙の中でこのような御丁寧なご返答を考えていただいたこと自体、ありがたく思いました。そしてますます是非とも先生の診察を受けたいと思いました。

近日中に予約を取らせていただくと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

●●●●拝


●●●●様:

もし、当院を受診するのであれば、前医のデータ(術前、手術条件、術後経過)をご持参いただけるとありがたいです。

吉野拝

2014-01-23 レーシック術後の近視の戻り

[]

吉野先生こんばんわ

以前先生に治療をして頂き、先月久しぶりに伺わせて頂いた●●と申します。

お忙しいところスミマセン お伺いしたい事があります。

本日健康診断受診にあたり、左目0.8 右目0.6 という診断を受けました。

受診の方法はオーソドックで離れた所に立って片目をスプーンで隠しての検診でした。

本人”かなり”ショックです。

暗い場所では随分見えにくいな と感じてはいたのですが、本日はいつもより見えがよく診療所に伺ったところの受診結果でしたので、「えっ!?」という感じでした。

そこでご質問です。

先生は「老眼」とおっしゃっていましたが、私は全く感じていません。近い所 全然見えます

もし、再度レーシックを希望する場合 右目のみでよいか また 近々で可能な手術日と費用を教えて頂きたいです。

休職中でしたが、来月よりお仕事始める事となり見えないのが不安です。

申し訳ありませんがご確認を頂きたく、宜しくお願い致します。

診察券No. ●●●●●●●●

●●●●子


●●様:

メールありがとうございます。今、カルテを見ながらお返事しています。

術後9年11か月たった、H25.12.2.の当院での視力:

右:0.8(1.2x-0.75D)

左:0.9p(1.2x-0.75D=C-0.50DAX60)

と健康診断の時よりも見えていたようですが、確かに軽い近視と乱視があります。

H24.12.16の時の視力は、

右:1.2p(1.2x-0.25D)

左:1.0(1.2xC-0.75DAX70)

ですので、やはりわずかに近視が進行しています。わずかだとは思います。

追加矯正手術は術後9年経っていますが、おそらくフラップは開けれると思いますし、角膜厚にも余裕はありますので、ご希望があれば可能です。

ただし、ご本人は「老眼はない。近くは全然見える」とおっしゃっていましたが、年齢が47歳ですし、今は軽い近視があるので近くがまだ見えるのだと思います。ですので、レーシック追加矯正を行い遠くが見えるようになると、遅かれ早かれ必ずと言ってよいほど、老眼鏡をかけなければ近くが見づらくなり眼精疲労が出てきます。特にPC作業などの近用作業を長時間行う場合はなおさらです。

そのような時期が来たら老眼鏡をかけるので、とにかく遠くをもっと見えるようにしたいと確信しているのであれば追加矯正手術を行います。

一度、1.0〜1.2の見え方でどのようになるのかを使い捨てのコンタクトレンズをして生活をしてみてシュミレーションをすることをお勧めします。当院で行いますのでいらしてください。近くが見えにくいというのは疲れるし不便だし意外に大変と感じる方がいらっしゃいます。だから念のためシミュレーションをしてみたいのです。

手術日は、術前検査を行ってからなので、術前検査ができる日がわからないと決めることができません。来月からの仕事始めには時間的余裕があまりありませんね(>_<)

シュミレーションも兼ね、予定をご相談するためにも一度ご来院ください(本気で手術を考えるのであれば予約を取っていただいた方が良いです)。


費用は、術後9年も経っていますので有償となります。片眼7.5万円となります。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


以下に@でお答えします。


吉野先生

またまたこんばんわです

お忙しいところ早速のご連絡どうもありがとうございます。

私の勝手な思い込みなのですが、手術をして頂いて近視や乱視はなくなったものと思っていましたがこれらは術後 再度表れてしまうものなのでしょうか?


@それは十分あり得ます。レーシックは手術時における屈折異常(近視や乱視)を治すもので、その後に現れる屈折異常を予防する手術ではないからです。近用作業を沢山することによっても近視は進行しますし、年を取り白内障になれば、近視や乱視が出現したりします。40歳を超えれば老眼になりますし、老眼になるということは眼内の水晶体というレンズが変性するわけですから、度に変化が起きても不思議なことではありません。


あと 先生がおっしゃっているシミュレーションでのコンタクト使用というのは、右目だけ1.0〜1.2ぐらいにして生活をしてみて、どのような感じかと体感してみるという事でしょうか?


@右目だけでも両目でも、最も快適な見え方はどのパターンなのか、すべてのパターンでシミュレーションしたらよいと思います。


先生、今の時代多かれ少なかれお仕事にPCはつきもので 近くが見えなくなる!というのもストレス(不便)です。現在 日常の生活に大きな害がある というわけではなく、ただ愛犬とお散歩をしているさい以前は見えていた標識が見えなかったり また、駅のホームからのクリアーだった景色がぼやけるとか、テレビを見る距離に制限がでてきた(離れた所からは見えなくなった) という感じです。


@その通り!だからシミュレーションしましょうとご提案しているのです。


私、10代からコンタクト(ハード)を使用していて、かなり入れっぱなしという事もあったのですが 酷使した結果ドライアイになり===>コンタクトを使えない「目」となってしまいました。そこで 先生に手術をお願いした次第です。


再手術をしないとして先生の見解ですと、私の視力は今後どの程度の下降?と予測されるでしょうか?今より極端な低下の可能性はありますか?


@術後9年以上経ってこの程度の変化ですので元の近視に戻るということはあり得ませんが、今後は年齢とともに老眼は進みますし白内障の要素も出てきて屈折状態に変化が出ることは十分あり得ます。眼鏡での矯正ができない程の白内障になれば将来的には白内障手術を行うことになります。以上は老化ですので致し方のないことです。人はいつまでも同じ健康状態で過ごすことはできないのですね。


また必要に応じてメガネを使用するとして、右目のみの度をいれての使用でしょうか?


@これもケースバイケースです。通常眼鏡を作る時も「試しがけ」をして最も快適な度数や左右のレンズの度数の決定を行います。


または右目のみのコンタクト使用も可能ですか?(コンタクト使用で目を酷使したのでまたドライアイ等の問題を引き起こすのではないかと不安があります)


@ドライアイを治療しながらのコンタクトレンズ再開も不可能ではないと思いますが、これもケースバイケースです。受診することをお勧めします。


先生、せっかく治して頂いたのに弱めてしまって、申し訳ないのと寂しい気持ちで満杯です(-_-;) しかも仕事辞めたのが去年の1月末日だったので「仕事をしていなかった間になんで!??」 という気持ちもあります。


@あなたに責任はありません。生きているということはそういうことです。


こんな状況ですが、先生のベストアンサーは


@そんなにクリアーカットに決めれませが….。


1)必要な時に メガネ or コンタクト の使用


@これで満足できるなら最も安全で簡便でしょう。


2)再手術の可能性混みで検査をしてみる

@1)が許容できないなら2)でしょうか。


3)いずれにしても一度来院

@私に会って検査&お話したいなら。


↑にどちらでしょうか?

●●

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


吉野先生

本日はどうもありがとうございました

●●です。

お仕事は2月4日からになると思うのですが、日にちが近づいた中今までで最低の視力になってしまい、心穏やかでなくご連絡させて頂いてしまいました

何と言っても先生、私の中で「スーパー」(絶対的な信頼ある)ので、 と そんなこんなもあり 先生に会って検査&お話を選択させて頂きました(笑)

まぁ当面 このまま何もせずにいこうと思います(あっ!と でも念のため 一応+1の老眼鏡はキープしようかと…)

それとですね、PCを使う時にブルーライトなるものをカットするメガネをかけているのですが、私の場合近くを見て作業をするという事で 老眼鏡(ああ 正直認めたくないのですが (>_<) ) をかけた方が良い という事でいいでしょうか?

あと もう1つありました

先生 47歳47歳って 診察室で言うの止めて下さい!

先生の声、大きい(響くので)待ち室に丸聞こえ!?? 先生の53歳は男子なので関係ありませんが、私女子なので言うなら37って言って下さい(*^。^*) 

本日診察をして頂いていてボンヤリとですが、「そうか〜 先生には白内障などで お世話になる時もあるのかなぁ・・・」と思ってしまいました The 老化!(悲)

先生、何度も何度もありがとうございました

先生と会って(お話をして) 視力の低下(現状を)しょうがないかな と受け入れられそうです。

そうそう先生、私 病院の医事課関係を任されているアウトソーシングの会社での採用なのですが、勤務先の病院は●●●駅前の病院です。本日何気なく先生の医院のHPをみていて、先生が●●●●ていた事に気付きました。

先生 お忙しそうですけれだ、体にはくれぐれもお気を付けを!

先生の方が私よりも上という事で、老化してますから(漠)

98歳の患者さん含め、先生の事頼りにされている方たくさんいらっしゃると思うので ぐわんばって下さい!

●●●●

2014-01-20 レーシックと年齢(老眼)

[]

------------------------------------------------------------

▼送信内容

------------------------------------------------------------

お名前 = ●●●子

ふりかな = ●●●●●●●

年代1 = 50代後半

性別 = 女性

郵便番号 = ●●●●●●●

ご住所 = 大阪府●●●●市●●●●-●-●-●●●

メールアドレス = ●●●●●●●●@i.softbank.jp

ご相談内容 = 近眼と老眼でコンタクトレンズが合わなくなってきました。メガネを日常では使用してますが、TPOによってはメガネをかけたくない場合もあります。年齢的にまだレーシックができるのでしょうか?過矯正の話を聞くと病院選びも慎重になります。いろいろ教えて頂けたら有難いです。


@過矯正は絶対に避けなくてはなりません。それとは別にあなたは年齢が50歳代後半ですから、既に老眼になっています。この状態でレーシックを行い1.0~1.2の裸眼視力(過矯正ではない)を得たら、必ず近方はぼけて見えませんので、老眼鏡が必要になります。近くは老眼鏡をかけるのでとにかく遠くを裸眼で見たいと確信しているのであれば、現在、白内障が無いという前提のもとレーシックは不可能ではありません。1.0~1.2の裸眼視力といわずとも、0.7~0.9くらいを狙っての手術も可能です。


しかし、近くが老眼鏡無しで見えるというのも意外に便利なことであること。今後白内障になった場合、再び度に変化が生じる可能性がある。ということを知った上で決断して欲しいと思います。

使い捨てのコンタクトレンズをして、レーシックをしたらどんな見え方になるのかをシミュレーションしてみるとよいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2013-08-06 レーシックと向精神薬

[]

▼送信内容

お名前 = ●●●●

年代1 = 40代後半

性別 = 男性

ご住所 = 埼玉県●●●●

メールアドレス = ●●●●@gmail.com

ご相談内容 = 乱視と視力低下、それに最近は老眼の気配がありレーシック治療を検討しています。私は双極性障害があり、現在4種類の薬(リチオマール錠、ジプレキサ錠、サイバルタカプセル、リボトリール錠)を服用しています。他に花粉症でアレグラ錠、リボスチン点眼薬も使っています。精神安定剤などを服用しているとレーシック治療を受けられないと聞いたことがあるのですが、貴院では私のような者でも治療を受けられるでしょうか?


@お返事遅れすいませんでした。下記に、レーシック手術に適さない向精神薬の一覧を添付します。

薬剤の種類とは別に、向精神薬を内服なさっている患者さんは、もともと瞳孔の大きさや、焦点を合わせる調節に関わる自律神経に変調を来している方が少なくなく、術後、遠方が見えるようになることによる著しい眼精疲労や、瞳孔の大きさに起因するまぶしさやハロ、グレアにお悩みになる可能性があります。また、●●さんの場合は、それに加え40歳代後半ということより「老眼」の要素が入り、より一層調節力の低下が問題になる可能性がありますので、極めて念入りな問診と検査が必要になり、手術の適応に関する決定には慎重な判断を要します。

LASIK 禁忌薬剤.xls 直


吉野先生

ご返事ありがとうございました。

大変ご丁寧なご説明をいただき恐縮しております。

実は他院にて同様の相談をした結果、5月にレーシックの手術を受けました。

3か月ほど経ちましたが、幸いなことに服用薬や病気の影響は特に出ていません。

悩まされていた乱視がなくなり、視力も1.5/1.2まで回復しました。老眼は残っていますが、予想していた程ひどくはなく、間近で小さな文字を読むとき以外は裸眼で生活できています。

先生のご説明を読ませていただき、私の場合は本当に幸運だったのかもしれないと感じました。

これからも自分の病気を理解した上で上手くつきあっていきたいと思います。

お忙しいところ、本当にありがとうございました。

●●


●●様:

それは良かったですね.私のお返事が遅くなり大変申し訳ございませんでした。眼鏡、コンタクトレンズなしの快適な生活を満喫してください.老眼が顕著化し、不便や眼精疲労を自覚するようになったら、あまり我慢せずに近用作業時のみは眼鏡の使用をお勧めします。取り急ぎ。吉野拝

2013-08-05 レーシック術後の近視の戻り

[]

▼送信内容

お名前 = ●●●●

年代1 = 20代後半

性別 = 男性

郵便番号 = 343-0041

ご住所 = 埼玉県●●●●

メールアドレス = ●●●●@gmail.com

ご相談内容 = 現在資格試験の勉強中でして、一日10時間ほど勉強することもあるのですが、レーシック後に勉強が原因で視力低下してしまうことはありますか?


@お答え致します。十分あり得ると思います。レーシック術後如何に関わらず、30歳を超えている方でも、例えば、職場の部署で著しくPC作業が多くなったようなケースの場合、近視が進行したという方が実際にいらっしゃります。レーシックは、近視の進行を遅らせる効果はなく、手術時点での近視を矯正する手術です。したがって、術後に近視が進むような環境にあると近視が進行して裸眼視力が低下する可能性はあり得ます。しかし、術前の近視の程度まで戻ることはあり得ませんし、角膜厚に余裕があれば追加矯正手術が可能でしょう。

2013-08-04 レーシック術後のオルソケラトロジー

[][]

▼送信内容

お名前 = ●●●●

年代1 = 30代半ば

性別 = 女性

ご住所 = 江東区●●●●

メールアドレス = ●●●●@yahoo.co.jp

ご相談内容 = 以前、レーシックをしました。(他の病院)でも、視力は元に戻ってしまいました。メガネやコンタクトはしてません。オルソケラトロジーがとっても気になります。レーシックした人でもできますか??


オルソケラトロジーは、レーシック術後眼には本来の適応ではありませんが、症例によっては上手く矯正できる場合がありますので、試してみる価値はあると思います。その他の選択肢としては、角膜厚に余裕があれば、レーシックの追加矯正手術も可能性として考えられますが如何でしょうか?もし、上記に関し当院を受診するおつもりがあるのでしたら、レーシック術前、術中、術後データを手術を施行なさった医療施設からコピーをお願いして持参して頂けるとより確実な判断が可能になります。ご検討ください。

2013-08-03 レーシック術後ドライアイとレーシック難民

[][][]

▼送信内容

お名前 = ●●●●

年代1 = 40代前半

性別 = 男性

ご住所 = 足立区●●●●

メールアドレス = ●●●●@●●●●.biglobe.ne.jp

ご相談内容 = 7月5日に品川クリニックにてレーシック手術を受けました。ドライアイの症状がひどく本日相談にいったのですが今のところソフトサンテイア.ヒアルロ酸ナトリウムを点眼し様子を見てくださいとの事でした。症状がひどく仕事や日常生活にもきたし大変つらいです。一度診察してもらう事お願いできないでしょうか?


@某クリニックで手術を受けた患者さんで、術後の不具合(短期的なものから長期的なものまで)に対し、満足な対応をしてもらえず当院を受診なさる患者さんは数えきれないくらい大勢いらっしゃります。薄利多売で手術を受けたら「ハイ!こっちのもん」といった態度で親身になって相談に乗ってくれないことはままあるようですし、それに対応するだけの知識と技術と情熱を持ち合わせていないバイトの先生が術後診察をしていることに起因するものと思われます。更に、最近は薄利多売というよりも、経営困難もあって、数々のオプションをつけて手術料金はむしろ高くなっているようです。その上に、このような対応では患者さんはたまったもんではありませんね.レーシック難民が生まれる所以です。


当院を受診なさるのは全く吝かではありませんが、手術による術後早期の合併症治療になりますので、診察治療は自費診療になりますことをお知りおきください。

2013-05-27 レーシックと向精神薬

[]

お名前 = ●●●●

年代1 = 20代後半女性

ご住所 = 東京都豊島区●●●●

メールアドレス = ●●●●@gmail.com

ご相談内容 =

先日レーシックの適応検査で診ていただいた●●と申します。

私は年末からBUT短縮型ドライアイになり、もしコンタクトが駄目であればレーシックと●●●先生からの薦めで考えておりました。

診察時あまり詳しくはお話できなかったのですが、ドライアイになってからドライアイになった事のストレスだったのかめまい、頭痛なども起き自律神経の乱れがみられました。眠くなってしまうので今は服用をやめましたが、メデタッククス錠1とスルピリド錠50mgを2月の2週間ほど飲んでいました。自律神経の乱れがある場合、レーシック手術に影響があるでしょうか?今は仕事もしつつ無理せず体調と向き合っているつもりですが、このままドライアイでコンタクトが出来ない事や、眼鏡の疲れがあることもやはり気になります。前向きにレーシックは検討したいと思っています。お忙しいと思いますが、ご返信よろしくお願いします。


●●●●様:

お返事大変遅れすいません。資料作成にてこずっていました。

レーシック手術に注意を要する向精神薬のリストを添付します。ご参照ください。

以下@でお答えします。

コピーLASIK 禁忌薬剤.pdf 直


@自律神経の乱れがある場合、レーシック手術に多大な影響が出る可能性があります。レーシック手術を行うために必要なデータは術前検査で得ますが、術前検査は、ドライアイも含め体調が安定してからお受けいただくことが肝要です。なにしろこの検査が手術量を決定する唯一のデータとなるので、体調が不良な状態でお受けいただくと術後の結果に誤差が生じることになります。よろしくご検討のほどお願いいたします。


追伸:

ご使用になっていた向精神薬は、すでにお飲みになっていませんし、ベンゾジアゼピン系とベンザミド系ゆえ、レーシック手術自体に対するお薬の影響は無いものと思われます。

メデタッククス錠:ベンゾジアゼピン系

脳のベンゾジアゼピン受容体に作用。神経症および心身症(胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害の治療。

スルピリド錠:ベンザミド系

脳内の伝達物質(ドパミン)に作用することにより、低用量では抑うつ気分や、不安やいらいら感、やる気がなくなるなどの症状の治療に用いられる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2013-02-11 レーシック術後の白内障手術

[][]

先日、昨日と、レーシック後の白内障手術で診察していただいた、●●庁の●●●●です。2月●日の手術、よろしくお願いします。昨日、診察時、お聞きしたいこと等、たくさんあり、お伝えすることを、忘れていました。●●大の●●先生から、吉野先生を紹介して頂くにあたり、「とりあえず、簡単な紹介状を書きますが、詳細は、後日、こちらから伝えておきます」とのことだったのですが、詳細は、先生の方へ、伝わっておりますか?診察時に、細かく聞いて頂いたので、大丈夫かとは思いますが。なにぶん、今回は、慎重にならざるを得ないもので、よろしくお願いします。


●日に白内障手術予定の、●●●●です。眼内レンズなんですが、遠視になるなら、やはり、近視の方が良いです。遠くに合わせると、どの辺りの距離が、良く見えるのでしょう?近くが、全く見えないというのも不便だと思いますので、やや近視気味になっても良いかと思います。なにぶん、どんな感じで見えるようになるのかわからないもので、日常生活が不便にならない程度をお願いしたいと思います。難しいとは、思いますが、宜しくお願いします。


●●様:

CC●●教授:

●●大、●●教授からの診療サマリーも一昨日に届き、それを待ってのお答えを考えていたため、お返事遅れました。

以下に@でお答えします。


遠くに合わせると、どの辺りの距離が、良く見えるのでしょうか?近距離は、どの辺りまで、見えなくなるんでしょうか?

@遠方視力とは通常5m先の視力をいいます。この距離で視力1.2見えるということは、ことのほか良く見える視力ということです。

角膜の形状により確かに個人差はありますし、●●さんの場合にはレーシック術後なので一層不明です。しかし、一般的には50cm以内はぼけると思われます。


近距離、中距離が、全く見えないというのも、洗面等日常生活で、非常に不便なのではないかと思いまして、先生がこの前の診察時に、おっしゃっていた、やや近視気味になっても良いかと思うようになりました。先生の考えでは、いかがでしょうか?レンズをいれた感じがよくわからないので、アドバイス、よろしくお願いします。

@やや近視気味にとすると、確実に日常眼鏡が必要になります。●●●●という職業柄眼鏡は好ましくないというお話もありました。まして50cm以内を見えるようにするとなると、遠方視力は0.1以下となり、確実に常時眼鏡をかけることになります。

視力が良い人は何れにしろ45歳を超えると多かれ少なかれ近方が見えにくくなるので、当初お話しした通り、とりあえず遠方狙いで良いのではないでしょうか?


@何れにしましても、●●さんのように本来最強度の近視眼では、眼内レンズの計算に元々誤差が生じやすいです。更にその上に強度近視眼に対するレーシック術後ですから、最善を尽くした眼内レンズ度数計算をもってしても誤差が生じることは、否めないと思います。それを鑑みた上で、


今回の度数計算式で算出された眼内レンズ度数は、

MIN:19.94D(Shammas Method)

MAX:23.27D(Haigis-L)


という結果が出ました。

その結果選択したレンズ度数は、23.5Dです(レンズは0.5D刻み)。診察中にもお話ししましたが、術後遠視になることだけは避けたいので、ずれるとしたら近視方向にずれて欲しいわけです。そう考えると、選択度数は、19.94Dではなく23.27Dということになります。また、従来より信頼性の高い計算式は、Haigis-Lということも言われています。

以上を鑑み最終決定レンズ度数は、23.27D≒23.5Dということに致しました。

以上、ご理解の程よろしくお願い致します。

引き続き不明な点があれば、何なりと申しつけください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ありがとうございます。ただいま、留守電とメールを確認させて頂きました。よくわからない点が、ありましたので、明日にでも、伺おうと思っていたのですが、やはり、先生のおっしゃるとおりが良いかと思います。ただ、近距離は見えないとしても、中距離あたりがみえれば、普段の生活が少しは、便利かと思いまして、迷っていたところです。ありがとうございました。

2012-12-29 レーシック手術までの段取り

[][]

●●様:

以下に@でお答えします。


ご担当者様

●●と申します。

吉野眼科クリニックのウェブサイトを拝見して、お問い合わせさせていただきます。

現在、レーシック手術を検討しており、納得できれば、仕事の都合上、3月以降の適当な日取りで実施したく考えております。

ウェブサイトや院長のブログを拝見し、姿勢に感銘を受けまして、ぜひ検討させていただきたく資料の請求を依頼している次第です。

お手数ですが、以下の住所にご送付いただければ幸いと存じます。

〒151-●●●●東京都渋谷区●●●●

●●●●

合わせまして、以下の2点の質問にメールで回答頂けますと幸いです。


○院長のご執刀を指名することは可能でしょうか?


@現在手術を行っているのは、院長の私、吉野のみとなっています。


○適応検査の有効期限はございますか?

よろしくお願いいたします。


@「適応検査(現在コンタクトレンズをしている場合)」を受けるのであれば、そのあと「術前検査」を受ける必要があります。

コンタクトレンズをしていないのであれば、即「術前検査」を受けることができます。

「術前検査」を受ける場合は、ハードコンタクトレンズなら2〜3週間、ソフトコンタクトレンズなら10日〜2週間の装用中止が必要です。

「術前検査」で手術の適応があり、データがそろったら手術となりますが、検査から手術の間までは1ヶ月以内がよいでしょう。

あまり間が空くようであれば再検査を致します。


吉野先生

●●です。

直接ご回答たまわり、ありがとうございました。

資料も着荷し、じっくりと読ませていただきました。

花粉症の状態と相談しながら3月〜6月ごろを予定しておりますので、

そのころに術前検査にお伺いしたく思います。

よろしくお願いいたします。

2012-10-10 レーシックを受けるかお迷いのケース

[]

吉野先生

お世話になっております。

女優 ●●●●子さんから、LASIKの相談を受けました。

CL装用者、いつも当院にて検査購入)

CL度数 −8D前後)

最近、乾燥や時差等でCLができないこともあり、また、事務所の社長LASIKを受けて快適だとの事で、ご自分もしてみようかと思い始めたそうです。が、こわがりだとかで、迷っているとの事。

それから、診察前に長期間CL無しでいないといけないのは、仕事上むずかしいとのこと。


一度、吉野先生に相談してみては、とおすすめさせていただきましたが、

・結局LASIKを受けない事になっても構わないでしょうか。(ご本人が、「失礼ではないかしら?」と気にしておられました。)

・相談目的で受診の場合も、事前に何週間かCL中止しないといけませんでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

●●●●眼科クリニック ●●●●


●●●●先生:

お返事遅れすいません。もちろん手術を受けなくても、レーシックの相談だけでも全く問題ありません。手術が可能か否かを同時に調べられます。

その場合はコンタクトレンズの中止は不要です。

ただ、「適応検査」の予約を取っていただく必要があります。電話で予約を取って下さい。


当院もとうとうフェムトセカンドレーザーを導入しましたので、より一層正確で安全な手術が可能になりました。角膜移植にも応用予定しています。レーシックのコストも値下げしました。

ご検討ください。吉野


●●●●(携帯)です。

返信ありがとうございます。

ご本人、「1ヶ月悩んできます」とおっしゃっていましたので、来月いらしたらお伝えします。

ありがとうございました。

2012-09-25 レーシックなど「角膜矯正治療」、技術進み普及 フォロー体制に課題

[][]

http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXBZO10135700Q0A630C1WZ8000&uah=DF261220093101

レーシックなど「角膜矯正治療」、技術進み普及 フォロー体制に課題

2010/7/1 12:00日本経済新聞 電子版


レーザー照射を利用した「レーシック手術」や、特殊なコンタクトレンズを夜間に着用する「オルソケラトロジー」など視力を改善する角膜矯正治療が急速に普及している。レーシックでは10万円を下回る手術料金をうたうクリニックも登場。半面、後遺症のおそれやアフターケアの必要性などの情報提供は十分ではない。専門家からは「利用者側にも医療行為だという認識が薄い」との声も出ている。


「米国では宇宙飛行士や戦闘機のパイロットが受けることが認められている。質の高い角膜矯正が実現する」。米系医療機器会社エイエムオー・ジャパン(東京・港、二之宮義泰社長)は6月17日、レーザーで角膜を精密に切開するレーシック向け機器が厚生労働省の承認を得たと発表した。

 レーシックレーザーで角膜を削って光の屈折率を変え、視力を矯正する。切開した表面はフラップ(ふた)のように閉じて接着する。眼鏡やコンタクトが不要になり、裸眼で生活できるのがメリットだ。


 従来は激しいスポーツなどに伴う外傷で、フラップが外れる恐れが指摘されていた。今回承認を得た機器は従来の電動メスに比べ、厚みが均一で安定したフラップを作れるという。東京歯科大学水道橋病院(東京・千代田)のビッセン宮島弘子教授は「接着力を高められる」とみる。レーシックの技術は一定の到達点に達したとの見方も多い。


夜間にコンタクト

 夜間に、特殊な形状のコンタクトレンズをつけて寝るだけで視力を矯正できる治療もある。「オルソケラトロジー」と呼ばれる角膜矯正療法は、コンタクトで角膜の中央部を凹レンズ化させて光の屈折率を変え、網膜上に正常な焦点を結ばせる。軽度な近視なら昼間は裸眼で過ごせる。


 ただ、新手の治療法にも課題は残る。聖路加国際病院の山口達夫・眼科部長によると、レーシック手術を受けた患者の15%は裸眼で1.0の視力を得られないとのデータがある。また、レーザー照射で角膜の一部を削るため、一度手術を受けると形状が元に戻らず、手術の成否によっては夜間に光がにじんで見えるなどの後遺症例もある。オルソケラトロジーは矯正効果を得るには、特殊コンタクトの毎晩着用が前提だ。


価格競争の弊害

 レーシック手術では、10万円前後の手術料金をうたう診療所も多いが、こうしたデメリットも含む情報提供は後回しになりがちだ。


 レーシックへの信頼を損ねる出来事も起きた。銀座眼科(東京・中央、閉鎖)での集団角膜炎感染だ。


 昨年1月、川崎市の会社員、鈴木友深さん(31)は視力矯正のために同眼科でレーシック手術を受けた。異変を感じたのはわずか1週間後だった。目に光が入ると激痛が走った。同眼科の元院長は「感染してますね。洗浄して点眼しましょう」と淡々と告げるのみ。


 紹介された総合病院で初めて自分の目をモニターで見ると、白目は真っ赤、黒目も白濁していた。診断は感染性角膜炎。治療のため半年も仕事を休んだ。


 後で調べたが、他の病院では手術前の検査項目は十数項目あったが、銀座眼科では半分程度。鈴木さんは「今でもサングラスは手放せない」と憤る。


 元院長は中央区保健所に対し、手術器具の消毒装置を2006年の開設以来一度も点検しなかったと説明した。元患者らは昨年7月、元院長らに治療費や慰謝料など計約1億3000万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴。警視庁も翌8月、同病院の衛生管理に問題があった可能性もあるとして、業務上過失傷害容疑で家宅捜索を行った。


 今年5月には「神奈川クリニック眼科」の経営元、医療法人社団「博美会」が東京地裁に破産を申し立てた。2000年のレーシック手術開始から売り上げを伸ばしたが、09年後半には最盛期の4分の1に。銀座眼科問題以降の患者減が一因という。もっとも、博美会も広告での割引料金期間表示を巡り、公正取引委員会から警告を受けている。


 聖路加国際病院の山口眼科部長は「銀座眼科の集団感染問題以降、レーシック手術を受ける患者の慎重さが増した。レーシックは医療行為でありネイルアートのように手軽に受けられるものではないという自覚を促した形だ」と指摘する。


 博美会の破産手続きに携わる弁護士は「自由診療ということもあり、視力矯正業界全体で価格競争が進み、倫理性が後回しになってしまった面がある。安全、有効な医療として位置付けるには、保険適用の可否などについて国民的議論が必要ではないか」と話した。(新沼大、佐竹実)


<価格よりフォロー体制が重要>

 レーシック手術では、後遺症のおそれのほか、角膜の経年変化で視力が戻るなど再手術が必要な場合もある。角膜矯正治療では目の状態の変化をきめ細かく把握して、問題発生時に適切な治療を提供できるかを見極める必要がある。


 レーシック手術を巡っては、厚生省(現・厚生労働省)が2000年に紫外線の一種「エキシマレーザー」による角膜矯正治療を承認。手術料金は当初、50万円〜100万円程度だったが、美容系クリニック参入で価格競争が激化した。低価格化で08年には、年間50万症例にまで達したとの民間データもある。


 ただ、「10万円を下回る低料金の施設に充実したフォローアップを期待するのは難しい例も多い」とみる専門家もいる。井上眼科病院の堀川良高レーシックセンター長は「低料金の施設では、多くの患者の手術をこなせば収益を確保できるが、既に手術を受けた患者の診察は収益につながらず、対応が難しいのではないか」と指摘する。


 ある眼科専門医は「患者が料金に目を奪われ、フォローアップ体制などの情報収集を怠ってきたのは否めない」とみる。


 堀川氏は「エキシマレーザー治療承認から10年たち、フォローアップの必要性が一段と高まった」とみる。患者が医師の専門性の違いなどを見極めるのは難しいが、複数の医療機関を見比べてフォローアップのきめ細かさなどを判断材料にすることも必要なようだ。

2012-09-21 レーシック手術前のご質問(ハロー・グレアについて)

[]

●●●●様:お返事遅れすいませんでした。以下@でお答えします。吉野眼科クリニック 吉野健一


On 2012/09/18, at 22:01,●●●●.biglobe.ne.jp wrote:

吉野先生

こんにちは。9月18日(火曜日)に、レーシックの術前検査を受診しました●●●●(●●●●)と申します。

診察時に質問しようと思いメモをしていた件を質問し忘れましたので、メールさせていただきました。


【現在の見え方】

これまで、コンタクトレンズ処方のための検査などで「乱視」と診断されたことはありません。今回も術前検査でも、とくにその点についてはコメントされませんでしたので「乱視」の数値は出ていなかったのではないかと思います。

ただ、数年以上前からコンタクトでも眼鏡でも裸眼でも夜間に明かりを見た際に以下のような症状があります。


・光の元の形を中心に、円を描くように光の形がボボボボと増殖する。(月や信号など)

・看板などの横長の明かりが元の形の光加えて、そのまま上にズレたような形で薄い光が見える。


【質問】

?上記のような症状は乱視ではなく近視からくるものでしょうか。


@ご指摘のように確かに乱視はほとんどありませんでした。しかし、左眼にわずか-0.50D程度の軽い乱視がありこれを矯正することにより視力は、(1.0)→(1.2)に上がります。したがって、手術では-0.5Dの乱視は矯正する予定です。


?症状の内容だけをみると、レーシックの合併症として例示されている「グレア・ハロー」の症状とかなり近いように思います。

 今回、レーシック手術を受けたことにより、現在の夜間の見え方は改善される見込みはあるものでしょうか。

 または、合併症として例示されている「ハロー・グレア」の症状として残る可能性があるものでしょうか。


@ご指摘の見え方は、おそらく乱視によるものではなく、夜間に瞳孔径が大きくなることにより生じる「高次収差」の増大によるものと思います。したがって、これは、「グレア・ハロー」に近いものと想像できます。

術前検査当日にもお話ししましたが、あなたの場合、元々高次収差が高めであるということ。したがって、術前からも「グレア・ハロー」を感じるのではないかと思われます。「wave front-LASIK」を選択したのは、そのことが根拠になっています。


また、術前検査時に、暗所瞳孔径が大きいことも確認しており、術後のハロー・グレアが出やすい症例であることは認識しておりましたので、レーザーの照射径は「7.0mm」と通常よりも大きく設定いたしました。


これにより、術後の「グレア・ハロー」も最小限に抑える配慮をいたしております。また、術式が「wave front-LASIK」であることから、これも収差を最小限に抑える術式であることより最大限の配慮となっています。


しかしながら、では、術後に全く「グレア・ハロー」がなくなるかということに関しては、確約はしかねます。しかし、これまで瞳孔径の大きな多数の患者さんにLASIKを施行してきましたが、大方が、「確かに「グレア・ハロー」はあるが、気にはならない」また、「時間とともに減ってきたため更に気にならなくなった」とおっしゃります。また、フェムトセカンドレーザーによりフラップを作成しますので、より大きなフラップが作成でき一層「グレア・ハロー」の防止につながると思います。


ご検討のほどよろしくお願いいたします。


お忙しいところ恐縮ですが、ご返信よろしくお願いいたします。

なお、手術は9月29日(土曜日)に申し込みいたしました。


2012年9月24日 9:23:25 JST

吉野先生

お忙しいところご丁寧に返信いただきましてありがとうございました。

疑問がひとつ解消し、より納得して手術を受けることができます。

29日の手術の件、どうぞよろしくお願いいたします。

2012-06-07 レーシック後の白内障手術

[][]

04/10/28に先生にレーシックの手術をして頂いた者です。お陰さまで、順調に生活できています。05/7に大分に転勤し、大分で生活しています。

所で、私も59才になって、左目の白内障が進行しつつあり、いずれ手術をしようと考えています。

そこで質問ですが、手術の際にレーシックの手術を受けた事を、言ったほうが良いのでしょうか?

そうであれば、何を言えば良いのでしょうか?具体的なデーターは持ち合わせていません。手術のデ−ターを貰いましたが、なくなってしまいました。以上


レーシック後の白内障を行う時には主治医に是非その旨を伝えてください.また,挿入する眼内レンズの度数を決定するためには術前のデータが必要ですので、紛失したのであえば再度お送りします(小宮君よろしく!).一つ心配なのは、大分でレーシック術後の白内障手術に長けた医療機関があるかです.福岡県の久留米大学病院の眼科は本年の学会で「レーシック術後の白内障手術」を発表していましたので良いかとも思いますがやや遠方になりますね.....


吉野先生、先月お伺いして大分県別府市の眼科医に紹介状を書いて頂きました「●●」です。

お陰さまで、別府の「●●●医院」はレーシックをやっていまして、レーシック患者の白内障のレンズを計算するプログラムをお持ちでした。それで早速1/7に左目の手術をし、今日(8日)眼帯を外して検査をしましたら、左目が0.4から1.0にアップし、心配だった遠視にもなりませんでした。

こんなに世の中はクリアーだったのかと感激しています。来週は右目を手術することにしています。

うまくいったのも先生のご紹介のお陰です。今後とも世の中の患者の助けになって上げて下さい。

本当に有り難うございました。まずは取り急ぎ御礼まで。(●●)

2012-04-27 テレビ東京「Letters〜感謝の手紙〜」で放映されました

[][][]

テレビ東京「Letters〜感謝の手紙〜」

下記に、動画がアップされました。

お暇な方は、ど〜ぞご覧ください。コメント付きです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/letters/archive/201204.html


この患者さんは足もご不自由で、公務員昇級試験受験中で、非常に頑張り屋さんの女性だったのですが、この手術を受けて、見づらさくるしかめっ面がなくなり、人の表情がわかるようになったため、笑顔で対応ができるようになり、皆からきれいになったと言われ、乗馬も始めることができ姿勢がよくなり、最後はとうとう結婚まで実現した方なんですよ。その後、昇級試験も合格し、今は二人目のお子さんが生まれたばかりで産休を取っているそうです。

この手術で本当に人生が開けたと感謝されています。どんなことでも吉野眼科クリニックのためなら協力してくれると、忙しい中、メールで頂いたお手紙を、今回の番組のために自筆で清書し直してくれたのでした。


何気なく、ルーチーンで行っている手術ですが、こんなに人様の人生を変える力があったんだと、あらためて眼科医冥利につきるエピソードでした。

2012-04-02 近隣眼科の先生からレーシック手術の質問

[]

●●●●先生:

ご無沙汰してます。

以下@でお答えします。


吉野先生

いつもお世話になっております。

知人女性(昭和42年生まれ)が、「メガネもコンタクトも無しにしたい」と、LASIKを考えています。


@まずは老眼問題ですが、45歳であるとそろそろ老眼が顕著化してきますので、CLでいくつかの見え方をシュミレーションして近くが不便でないこと、将来的には老眼鏡が必要になることをご理解いただければ手術をしても良いと思います。


「混合性結合組織病」で、都医療券をお持ちです。涙点プラグ挿入しています。


@2° シェーグレン症候群(2°SS)ということですね?レーシック術後はドライアイが一時的に悪化しますので、十分なドライアイの管理が必要になります。シェーグレン症候群だからといってレーシックが禁忌ということはありません。当院でも5人程手術しています。


度数が 左右とも

レフ値 -1.5D 

視力検査で (1.2×-1.0D)

なのですが、裸眼では日常生活は困るそうです。(手元は裸眼でOK。)


@老眼に対する認識と術前のドライアイの治療と術後のドライアイのフォローが必要であることを認識していただければ、レーシック手術は必ずしも禁忌ではありません。


このような方、LASIK適応になりますでしょうか。

宜しくご教示お願い申し上げます。

●●●●眼科クリニック ●●●●

2012-03-11 レーシック感染事故の第2審判決

[]

下記、もっともな判決だと思います。当院では、症例ごとではなく一眼ごとに器具を交換しています。


元院長に二審も実刑 レーシック手術で角膜炎

共同通信社 3月9日(金) 配信 0件


 近視矯正のレーシック手術で衛生管理を怠り、患者7人に角膜炎を発症させたとして、業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(東京、閉鎖)元院長の医師溝口朝雄(みぞぐち・ともお)被告(50)の控訴審判決で、東京高裁は9日、禁錮2年とした一審東京地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。


 被告側は「一審の量刑は重すぎて不当」などと主張したが、小川正持(おがわ・しょうじ)裁判長は「経費を惜しんで医療器具を使い回すなど医師としてあるまじき診療態度で酌量の余地は全くない」として退けた。


 判決によると、溝口被告は2008年9月〜09年1月、20〜50代の男女7人を手術した際、電動メスの刃を手術ごとに交換しないなど感染を防ぐ措置を怠り、細菌性角膜炎を発症させた。

2012-03-06 エキシマレーザーの機種について

[]
LASIK

LASIKとは編集

  • LASIK レーシック Laser in Situ Keratomileusis (レーザー近視矯正法) 角膜の表面を電動メスで薄くめくり、そこへエキシマレーザーを 当てて角膜を削った後、再び角膜表面を元に戻すという術式。 続きを読む
  • このキーワードを含むブログを見る

●●●●様:

お返事遅れすいませんでした。以下@でお答えします。


> ▼送信内容

> お名前 = ●●●●

> 都道府県 = 東京都

> email = ●●●●@i.softbank.jp

> 性別 = 女性40代前半

> 内容 =はじめまして。

> ウェーブ・フロントレーシックに関して質問があります。

> 単刀直入に質問しますと、吉野眼科のウェイブフロントレーシックの『種類』を確認

> できたら、、、と思いメールしました。


@当院のエキシマレーザーは、パーフェクトヴィジョン社(かつてのボシュロム社、カイロン社)製の「Zyoptics ケラコ217Z 100」です。


> 現在、ウェイブフロントレーシックには『2種類』存在するそうですが

> 1)Wavefront Optimized LASIK

> 2)Wavefront-guided LASIK

> が存在しますが、米国白内障・屈折手術会議2009(ASCRS)の最近の報告では?

> Wavefront-guided LASIK の方が高次収差の減少に効果があるという研究報告がありました


@ケラコ217Z100は、2)に相当します。


> という様な内容を神戸クリニックのHPで知りました。

> 2種類の存在と効果の甲乙は吉野医師の認識とおおむね一致した内容なのでしょうか?

> もし、周知な内容だとしたならば、尚更、種類が気になり、クリニックを選択時の要

> 因の1つになりますので確認したくメールしました。


@私の読んだ文献「J Refract Surg. 2008 Apr;24(4):S424-30.Wavefront-optimized versus wavefront-guided LASIK for myopic astigmatism with the ALLEGRETTO WAVE: three-month results of a prospective FDA trial.」

では、

「In the majority of eyes, no statistically significant differences were found between either treatment group in regard to visual acuity and refractive outcomes. Wavefront-guided treatments are not required in most cases with this laser, but may be considered if the magnitude of preoperative root-mean-square (RMS) higher order aberrations is >0.35 microm. In this study population, 83% of eyes had preoperative RMS higher order aberrations of <0.3 microm」

といっており、術後視力や屈折矯正度数に両者の差はないが、RMS>0.35の場合はWavefront-guidedを検討すべきといっています。当院では、RMS>0.3の場合は条件が許せばWavefront-guidedを選択しています。

しかし、正直申し上げますと、最も優先すべきことは、Wavefront Optimized LASIK、またはWavefront-guided LASIKというよりも、レーザーの照射径と残存角膜の厚さに左右される安全性だと考えています。


> クリニック個々の事情や方針等により採用する『種類』は異なると推察しております。

> ただ、後悔なきよう慎重に賢明な選択をしなくてはと思い、失礼承知で質問させて頂

> きました。すみません。

> もちろん、クリニック選択時の要因は上記だけでなく、実際に診察を受けてのお互い

> の相性や信頼関係など複数の要因のバランスと個人の落とし所で決めるしかないと思います。

> 吉野眼科レーシックセンターのHP、ブログ拝読させて頂き、大変好感を持ちました。

> 個人の背景によるメリット、デメリット含め丁寧に誠実に書かれており、綺麗ごとだ

> け並べたててない点含め、とても誠実なお人柄をHPを見て感じております。

> 私はゆくゆくレーシックを検討しようかなと考えいる段階の者です。

> ご都合のよろしい時に、何卒、よろしくお願い致します。


@40歳を超えたら、年齢も目標度数を決定するうえで重要です。老眼の見え方についてもシュミレーションしてみる必要があると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2012-02-25 術後のドライアイと度数

[]

From:●●●●

Sent: Sunday, February 19, 2012 5:28 PM

To: info@tokyo-lasik-center.com

Subject: レーシック資料請求

レーシックの資料請求をいたします。

レーシックをやりたいのですが、重度のドライアイになる可能性があること、デスクワークの仕事でパソコンを1日6時間は使用するので視力はどのぐらい必要なのか現在コンタクトで1.5なので手術後もこのぐらいを希望したいのですが、過剰矯正になりたくないので視力についても考えています。

資料についてよろしくお願いします。

●●●● 〒146−●●●● 東京都●●区


●●●●様:

 レーシック術後のドライアイは可能性としては十分ありえますので、術後にそれをコントロールできるか否かも、クリニックを選ぶ際のポイントの一つといえるでしょう。手術しっぱなしで、そのあとは「お近くの眼科で診てもらってください」というのはいただけません。

 年齢にもよりますが、PC作業に従事するなら1.5で十分すぎます。金属を削るのではなく角膜という生体の組織を削るレーシック手術には、個人差もあり「戻り」という現象も加わり、目標度数に多少の誤差が生じる可能性は否定できませんが、確かに過矯正は避けたいです。過矯正は眼精疲労、頭痛や肩こりの原因になり、辛い思いをして当院を訪れる患者さんは結構いらっしゃいます。

 私のポリシーとしては、検査データを十分に吟味し、目標ぴったりを目指すのは当然なのですが、仮に誤差が生じるのであれば弱い方(つまり低矯正)にずれる方を選択したいです。もしその低矯正に不満がある場合は、条件の許す範囲で追加矯正をいたします。

ご検討下さい。

PS:資料をお知らせいただいた住所へお送りします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2011-10-02 レーシックの追加矯正手術

[]

吉野眼科クリニック 院長 吉野健一 先生

本年、1月下旬に手術いただきました ●●です。

お蔭様で、昼間は不自由なく生活ができております。ただ、「若干の術後の戻り」ということもあってか、光が弱い状況ないし場所ですと疲れて肩が凝るような状態です。詳細は以下の通りでございます。


●夜  ・・・ 

 仕事終了後の帰宅時、距離感が取りにくく歩行していて違和感があります。街灯も、輪郭がぼやけるということではなく、観覧車のように4重5重に見えたり。。

●地下 ・・・

 具体的には、地下のショッピングモールや、地下鉄のホーム等におります時。

●暗室 ・・・  

 具体的には、消灯してのプレゼンテーション時。自分が説明する立場の際には、スクリーンの近くにおります為まだ良いのですが、受けの立場の場合は、終始目を細めていなければなりません。


ということから、1ケ月強悩みました結果、最後にもう一度お願いできればと存じております。ただ私の場合、1年以内ではありますが、1月に2度目を実施いただき3度目ということになります。大変申し訳ありませんので、扱いと致しましては、パンフレットに記載されておりました「1年経過後の有償による微調整(3万円でしたでしょうか)」で結構でございます。御対応いただけませんでしょうか。


また、「細胞がフラップの隙間に入り込むリスクがある」「洗浄してもダメな場合、フラップを取り除いた事例がある」というお話もございました。その確立が非常に高いということであれば、残念ながら断念しようと思います。。

以上、お手数で大変恐縮ではございますが、ご回答お待ち申し上げております。何卒宜しくお願い申し上げます。


●●●●様:

お返事遅れ大変すいませんでした。

カルテを出してデータをチェックしながらお返事しています.

第一回目の再手術にて、術後1週間めの視力は、

Vd=1.2(n.c.)

VS=1.5(n.c.) と良好でした.

しかし、術後2.5ヶ月後、

Vd=0.7(1.2xS-0.50D)

VS=0.9p(1.2xS-0.50D) とやや近視化がみられました.

角膜の厚さにはまだ余裕がありますので、追加矯正は理論的には可能です.

心配なのは、左眼のフラップ下への迷入(epithelial ingrowth)です。

これに関しては、次回診察時にもう一度チェックさせてください。

お電話で結構ですので、担当の「潮」「金窪」宛に、レーシック追加矯正の術前検査といって予約をおとり頂きご来院お願いいたします。

なお、追加矯正費用はいただきません。

吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL:http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL:http://www.yoshino-eye-clinic.com/


吉野眼科クリニック

院長 吉野健一 先生

御連絡有難うございました。

そう致しましたら、近日中に、改めてご担当者様宛てにご連絡させていただきます。

取り急ぎ以上、宜しくお願い申し上げます。

2011-08-21 屈折矯正手術を受ける時期

[][]


以下@でお答えします。


▼送信内容

お名前 = ●●●●

都道府県 = 国外(シンガポール)

主なご住所 = ●●●●

性別 = 女性

年代 = 30代前半

内容 =初めて相談させていただきます。先日レーシックを受けたいと思い、病院に説明を受けにいきました。しかし、私の視力は高度近視にあたるR10.25 L10.50ということもあり視力の戻りや、ハログレア現象などリスクがあると聞きました。そこで紹介されたのがフェイキックです。自分なりに調べましたが、厚生労働省の認可が下りたのは最近ですが、世界中で使われ安全性が確率されているとのこと。こちらの方が私にとってはリスクも少なくなるのではないかと思ってます。しかしながら、やはり眼を手術するというのはどこか恐怖を感じます。


@まず、現地での判断のとおりレーシックは適応ではないでしょう。


そこで、本日相談したいことはフェイキックの時期です。私の紹介をさせていただきますと、年齢31歳 女性コンタクト歴17年になります。コンタクトが一生できないことは知っています。半年前に検査したところ内皮細胞は3000以上あり、ドライアイもなし、しかし酸素不足なのか少し血管が黒目に伸びつつあると言われました。このままコンタクト生活を送ったら、フェイキックの手術もできなくなってしまうでしょうか??


@角膜内皮細胞数も十分ですし、このままコンタクトレンズを装用していて構わないと思います。もう、そうしているかもしれませんが、仮に、心配があるのでしたらよりリスクの少ないワンデイ使い捨てコンタクトレンズを装用するようにしてください。

現在の状態から推測するに、将来のフェイキックIOL手術ができなくなるような状態ではないと思います。


また、個人差はあると分かっていますがどのくらいの年まで手術を引き延ばせるか、また、リスクを負ってまで、手術をした方がいいのか、それとも今コンタクトで十分矯正できているのなら、手術は受けない方がいいのか、自分では判断ができません。そこを先生にご相談させていただきたいです。


@フェイキックIOL手術は、それほど高いリスクを伴うとは思いませんが、現在のコンタクトレンズで見え方や生活に支障がないのであれば、敢えて手術をする必要はないと思います。しかし、何らかの支障があるから屈折矯正手術にご興味を持ったのだと思いますが……もし手術をするのであれば、老眼が発症する前の30台のうちに行うのがフェイキックIOLの最大の利益を享受できることになると思います。「どのくらいの年まで手術を引き延ばせるか」とのことですが、白内障が発症するまでということになります。


私の希望としてはできるだけ長くコンタクトをして、白内障になったらそのときレンズも入れてもらう、これがベストです。これができなければ、ギリギリまでコンタクト生活をして、手術ができるうちにしたいと思ってます。まとまりのない分になってしまいましたが、最後に2週間ほど前にした簡易検査の数値を書かせていただきます。お忙しいところ大変申し訳ございませんが、宜しくお願いいたします。視力R10.25 L10.50、眼圧R18 L w)EURヲ賊漁ぢ、角膜厚R580 L575、乱視R0.50 L1.00です。


@コンタクトレンズは当分使えると思います。白内障になったら多焦点眼内レンズを挿入すれば「遠」も「近」も見えるようになりますので、これも一法だと思います。手術をするかどうかは、要は、現在どれほどお困りな状態なのかにかかっていると思います。


吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com

2011-08-19 屈折矯正手術と緑内障

[][][]


以下@でお答えします。


▼送信内容

お名前 = ●●●●

都道府県 = 東京都

主なご住所 = 江東区●●●●

email = ●●●●@ybb.ne.jp

性別 = 男性40代後半

内容 = 強度近視(屈折度数、右ー10.5、左ー9.5)で5年前に正常眼圧緑内障と診断されています。幸い視野狭窄は点眼での治療で止まっており、現在も経過観察中です。また長い期間コンタクトレンズを使用したせいか、角膜内皮細胞の数も少なくなっており、コンタクトレンズの装用は週2〜3日にするよう眼科医に指示されています。


@どの程度の角膜内皮細胞数の減少なのでしょうか?知りたいところです。


1年ほど前に地方の大学病院の近視外来を受診した再は、角膜の厚さは十分あるので、緑内障はあるが、レーシックは可能と判断されたことがあります。仕事では強い強度のメガネでのパソコン作業が多く、強い眼精疲労があり、悩みのたねです。オサートやレーシックなどの近視の矯正は、私のようなものでも可能可能でしょうか?


@私は、オルソケラトロジー臨床試験施設委員会委員長としてガイドラインの作成に関与しましたが、ガイドラインでの安全かつ有効な適応矯正屈折度数は、−4Dまでとなっています(http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/orthokeratology.pdf)。高額な治療費をかけたにもかかわらず満足な効果が得られず、更に合併症を起こし、結局、治療費の返金を受けることもなく断念なさった大勢の患者さんが当院を受診します。あなたのよううなケースの場合には、効果、安全性の観点から絶対オルソケラトロジーはやめた方がよいです。

また、ガイドライン上では、緑内障に対するレーシックは「実施に慎重を要するもの」となっており(http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/lasik.jsp)、禁忌ではありませんが、あなたのように強度近視の方は、今後緑内障の進行も懸念されるため、真の眼圧の測定に支障をきたすレーシックはお勧めしません。

コンタクトレンズ不耐症(様々な原因でコンタクトレンズが使用できない状況)で、どうしても屈折矯正手術を希望なさるなら、-10D以上の近視であれば、フェイキックIOLをお勧めします。前房型と後房型がありますが、角膜内皮細胞に影響が少ないのは後房型でしょう。当院では両方とも扱っておりますのでご興味がある場合は、お電話で予約をお取りいただいたうえで是非一度ご来院ください。

下記、レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/をご参考にしてください。


吉野眼科クリニック 吉野健一

〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階

TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730

レーシックセンターURL: http://www.tokyo-lasik-center.com/

吉野眼科クリニックURL: http://www.yoshino-eye-clinic.com


吉野先生

早速のご回答ありがとうございました。

疑問が解消しました。

オサートについては、現在緑内障でお世話になっている近くの先生のアドバイスもあり断念いたしました。フェイキックIOLは知りませんでしたが、かなり本格的な手術になるようですし、費用のこともありますので、しばらくメガネで様子を見ようと思います。角膜内皮細胞数の検査結果は失念しました。


コンタクトレンズを着用していたのは10年以上前で、当時の酸素透過性ハードレンズを使っていましたが、異物感が出てきて中止しました。最近はさらに酸素透過性の良いものがでていると聞きますので、再開できる目の状態であれば、検討させていただきたいと思っています。

取り急ぎ御礼まで

江東区●● ●●