スマートフォン用の表示で見る

緑内障

サイエンス

緑内障

りょくないしょう

glaucoma 病気 病名

学会の発表では、40歳以上の日本人の17人に1人は緑内障といわれるくらいの一般的な病気。見えなくなったな?と思ったら、すでに悪化していて、放置すると失明にいたる。初期段階では自覚症状のないのが一番こわい点。

なお緑内障は遺伝しやすい病気なので、家族に緑内障を患っているひとがいたら、若いうちに検診を受けたほうがいいだろう。大抵の眼科では、検診を受け付けている。検診そのものは30分前後で終わるが、薬の副作用で一時的に視力が低下することがある。

最近テレビでCMしてる。(2003/04/18 現在)

チェックシートもあちこちにある。

完治しない一生の病。

花粉症に用いられるステロイド系の医薬品は眼圧を上げるという経験談も結構きいている。

精神病薬も眼圧をあげるし、風邪薬なんかもあがります。お薬を飲むのは最小限にしたほうがいいです。

緑内障には急性型閉塞隅角緑内障と慢性型閉塞隅角緑内障、それに慢性型開放隅角緑内障の3種類があり、風邪薬、向精神薬などの抗コリン作用によって眼圧上昇をもたらし、影響があるのは閉塞型なので、緑内障の中で一番多い開放隅角であれば、それほど風邪薬や向精神薬精神安定剤など)の服用は処方医と相談のうえでですが、問題ないと思われます。

 一般大衆薬である風邪薬、目薬などは殆どが一律、添付文書によって緑内障禁忌になっていますが、前述の通り、慢性型開放性隅角緑内障であれば、その影響はほとんどないと思われます。