cys b このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-12

最近さわったProxy設定まとめ

Ubuntu11.10全体設定

System Settings => Network => Network proxyで全体のプロキシ設定ができる。

synaptic

設定 => 設定 => ネットワークタブで設定可能

ただしUbuntu11.10の全体設定で行けるとおもう

Firefox

Firefoxのメニューから

編集 => オプション => 詳細 => ネットワーク => 接続設定

bash

~/.bashrcに以下を記載

export http_proxy="http://example.com:8080" 
export ftp_proxy="http://example.com:8080" 

除外ルールは以下を記載

no_proxy="localhost,127.0.0.0/8,*.local"

apt-get

Ubuntu11.10の全体設定や、~/.bashrcに設定があれば問題ない。

yum

/etc/yum.confに以下を記載

proxy=http://example.com:8080

wget

/etc/wgetrcに以下を記載

https_proxy = http://example.com:8080
http_proxy = http://example.com:8080
ftp_proxy = http://example.com:8080
use_proxy = on

使わないときは--no-proxyオプションで止められる。

gem

~/.bashrcにhttp_proxy設定してあればOK

rvm

以下で説明

http://d.hatena.ne.jp/yotena/20120106

curl

~/.curlrcに以下を記載

proxy-user = "username:password"
proxy = "http://proxy.domain.com:8080"

ntp

基本はできない。

NICTでは以下のようにあるので、これを利用することは可能。

> https/http を介してアクセスされる場合、次のURLをご利用ください。

> 各種タイムスタンプNTP/POSIX/JSON/JSONP/時分秒形式)を文字列で提供しています。

http://www2.nict.go.jp/w/w114/tsp/PubNtp/clients.html

参考)http://husky.mydns.jp/huskysmemo/2010/02/ntpproxy.html

w3m

$http_proxyを設定しておけばよい。

オプションで以下のようなものもある。

 -no-proxy
    プロキシを利用しない. 
 -pauth user:pass
    プロキシ認証用のユーザ名とパスワードを指定する.

2012-01-06 RVMを使ってProxy越しでrubyをインストールする このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

プロキシ環境下でRVMを使ってrubyインストールしてたらハマったので色々調べた情報。

Ubuntu11.10のrvmをapt-getでインストールした場合、ライブラリをFetchするコードは、/usr/share/ruby-rvm/scripts/fetchにある。

抜粋すると

if ! command -v curl > /dev/null ; then
  rvm_error "rvm requires curl. curl was not found in your active path."
  exit 1
elif  ! -z ${rvm_proxy} ? ; then
  fetch_command="curl -x${rvm_proxy} -L --create-dirs -C - " # -s for silent
else
  fetch_command="curl -L --create-dirs -C - " # -s for silent
fi

curlを使ってるので、対応方法は以下だと思う。

  1. .bashrcにrvm用のproxy設定(export rvm_proxy=http://example.com:8080/ みたいな)を入れるか
  2. .curlrcにcurl用のproxy設定を入れるか

前者を試したけどダメでした。

後者~/.curlrcに以下を追加。

proxy-user = "username:password"
proxy = "http://proxy.domain.com:8080"

1行目のほうは不要ならいらない。

$ sudo rvm package install openssl
Fetching openssl-0.9.8n.tar.gz to /usr/share/ruby-rvm/archives
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 3681k  100 3681k    0     0  10.7M      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 10.8M
 --no-same-owner
Configuring openssl in /usr/share/ruby-rvm/src/openssl-0.9.8n.
Compiling openssl in /usr/share/ruby-rvm/src/openssl-0.9.8n.
Installing openssl to /usr/share/ruby-rvm/usr

これでproxy越しでもいけるようになりました。

2011-12-23 ウィンドウを勝手に半分にフィットする機能を無かったことにしたい このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

Ubuntu11.10でウィンドウサイズを変更した時に、勝手に最大化したり半分にフィットする機能を無かったことにしたい。

症状

  • 画面サイズを上に伸ばしたりすると最大化される。
  • 画面サイズを横に伸ばしたりすると画面の半分にされる。

特に、画面の半分にフィットする方。小さい画面のノートPCだとものすごく邪魔。

やりかた。

  1. Ubuntuソフトウェアセンターかsynapticで、CompizConfig設定マネージャー(compizconfig-setting-manager)をインストールする。
  2. CompizConfig設定マネージャーを開く
  3. ウィンドウマネジメント > Gridのチェックを外す。

以上。

関連情報

Ubuntu 11.10:オーバーレイ・スクロールバーを無かった事にしたい

http://viva-ubuntu.com/viva-ubuntu/system/custom/no-overlay.html

Ubuntu 11.10:グローバル・メニューを無かった事にしたい

http://viva-ubuntu.com/viva-ubuntu/system/custom/ubuntu-11-10%EF%BC%9A%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%92%E7%84%A1%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%BA%8B%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%9F.html

2010-12-26 rails3でwill_paginate

Ruby on Rails 3でwill_paginateを使ってみた。

インストール

GemFileに以下を追加

gem 'will_paginate', '>=3.0.pre2'

bundleでインストール

$ <span style="font-weight:bold;">sudo bundle install</span>
[sudo] password for xxxx: 
Fetching source index for http://rubygems.org/
Using rake (0.8.7) 
Using RedCloth (4.2.3) 
Using abstract (1.0.0) 
Using activesupport (3.0.3) 
Using builder (2.1.2) 
Using i18n (0.5.0) 
Using activemodel (3.0.3) 
Using erubis (2.6.6) 
Using rack (1.2.1) 
Using rack-mount (0.6.13) 
Using rack-test (0.5.6) 
Using tzinfo (0.3.23) 
Using actionpack (3.0.3) 
Using mime-types (1.16) 
Using polyglot (0.3.1) 
Using treetop (1.4.8) 
Using mail (2.2.12) 
Using actionmailer (3.0.3) 
Using arel (2.0.6) 
Using activerecord (3.0.3) 
Using activeresource (3.0.3) 
Using bundler (1.0.0.rc.3) 
Using mysql2 (0.2.6) 
Using thor (0.14.6) 
Using railties (3.0.3) 
Using rails (3.0.3) 
Installing will_paginate (3.0.pre2) 
Your bundle is complete! Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.

さらにサーバが起動中の場合は再起動する。

サーバの停止はctrl+C

サーバの起動は

$ rails server

利用

コントローラでのモデルの検索はこんな感じ。@booksとかBookは例。

@books = Book.paginate(:page => params[:page], :order => 'created_at desc', :per_page => 4)

Viewでのナビゲーションの表示はこんな感じで出来る。

<%= will_paginate @youtubes %>

こんな感じのができるので、あとはCSSなどで見た目の修正とかすると良い。

← Previous 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 Next →

(参考)will_paginateのgithubは以下

https://github.com/mislav/will_paginate/wiki

2010-08-17 ServersMan@VPSで最初にやること このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ServersMan@VPSを借りてみたのだが、申し込みから使えるようになるまで何日かかかった。で、使えるようになったのに気づいてなかったので、その後しばらく放置してた。


で、ようやく時間と気力が戻ってきたので、設定等に取りかかろうとサーバに初接続してみた。したら、iptablesはノーガード設定、起動状態、SSHがID/PASS認証で引き渡されていて軽く萎えた


プライベートなディスクスペースとして、これからいろいろと大事なものを保存する場所にするかもしれないので、すでに汚染されてたらシャレにならないので、全部クリーニングした。


ちなみに、自分が最初に申し込んだのは、ServersMan@VPS proのエンジニアセットというものでした。


というわけで、以下、タイトルどおりの内容。


adminでsshログインする

最初はこのアカウントでしかログインできない。

まっさきにiptablesの設定を変える。

要望があれば&気が向いたらコマンドのっけます。

管理用アカウントを作成して管理ユーザにする。

$ su -
# useradd hoge
# passwd hoge
# usermod -G wheel hoge
# vi /etc/pam.d/su
"auth required pam_wheel.so use_uid"の行のコメントアウト"#"を外す
# visudo
"%wheel  ALL=(ALL)  ALL"の行のコメントアウト"#"を外す

この時点でsudoが出きるようになっているので、確認する。

ちなみに提供された状態だと、sudoする度に、

「audit_log_user_command(): 接続を拒否されました」というエラーがでる。これはCentOSの問題。sudoをアップデートすると直る。

$ sudo yum update sudo

sshの設定を変える

クライアント側で先にDSAキーペアを作っておき、管理ユーザのホームディレクトリに公開鍵の方をコピーする。上記の場合/home/hoge/.ssh/authorized_keysというファイルに公開鍵を書き込む。その後、sshdサーバの設定を変更。

# vi /etc/ssh/sshd_config
"Protocol 2" にする
"PermitRotLogin no" にする
"PasswordAuthentication no" にする
"PermitEmptyPasswords no" にする
"PubkeyAuthentication yes" にする
"AuthorizedKeysFile  .ssh/authorized_keys" にする
保存する。
# /etc/rc.d/init.d/sshd reload

こんぐらいが最低限かな。

なんか、全体的にCentOSの初期設定とかが違っていて、なんかいじった形跡が見られます。本格的に使う前にはいろいろチェックしていらないものは殺すとか、手を打つか、シンプルセット(あまり何も入ってないパッケージ)にしてしまう方がいい気がします。

自分が気づいたのは、

など。

ちなみに

MySQL上に初期状態で作られていたユーザはというと

mysql> select Host, User, Password from user;
+----------------------------+------+----------+
| Host                       | User | Password |
+----------------------------+------+----------+
| localhost                  | root |          | 
| OpenVZ-test.intraoffice.jp | root |          | 
| 127.0.0.1                  | root |          | 
| localhost                  |      |          | 
| OpenVZ-test.intraoffice.jp |      |          | 
+----------------------------+------+----------+

こういうよくわからんアカウントが残っているっていうのは、あんまり気持ちいいもんじゃないよね。

まあ、今後に期待しつつも、しばらくプライベートユースで、商用は様子見します。

とりあえず、

gitリポジトリ作る会

http://d.hatena.ne.jp/shunsuk/20100803/1280830065

とかかな。