Hatena::ブログ(Diary)

福生通信 Fussa tushin このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-08-13

[]*[雑記]京都 *[雑記]京都のブックマークコメント

ホテルのチェックインまでちょっとサイクリング。

東山ドライブウエイ。

京都の街が望める。

夜に来たら夜景がかなり綺麗なんだろうな。

f:id:yousendmelove:20170813130035j:image

f:id:yousendmelove:20170813124558j:image

 

時間がないので特に観光スポットも寄らずに終わり。

ていうか京都の街はガチなロードでの観光は交通事情からしてデンジャラスだと思う。

 

京都のホテルにチェックインして伏見区見物に出かける。

日本有数の酒蔵が立ち並ぶ街並み、古民家、水路などなんとも趣がある。

見所たくさんあってもっと早い時間に来れば良かったと後悔。

f:id:yousendmelove:20170814080033j:image

 

人気店の鳥せいに入店。

豊富なメニューで味もよくリーズブルな居酒屋。

オススメの蔵出し生酒が驚くほど美味しかった。

他の日本酒も美味しい。

飲みやすいので調子に乗って飲んでしまったら立てなくなるパターン。

三合でやめておいた。

京都市内からちと遠いのは難点だけど久々にリピートしたい観光地だと思った。

f:id:yousendmelove:20170815125328j:image

2017-08-12

[]志摩 志摩のブックマークコメント

まだ暗いうちに目が覚めたので移動。

星が見えるくらいよく晴れているのだが、まるで風呂場のような凄い湿気。

車のウインドウはビチャビチャでワイパーが必要なくらい。

こんな気象初体験かもしれない。

f:id:yousendmelove:20170812045355j:image

 

昨日の道の駅伊勢志摩に到着。

f:id:yousendmelove:20170812092033j:image

 

まず最初にブラタモリ志摩の回のオープニングのロケ地、横山展望台に行く。

展望台のビジターセンターから500mくらいだろうか10%以上の激坂で朝からいい運動になる。

駐車場から展望台まではウッドデッキがあってビンディングでも楽々行ける。

志摩を一望できる素晴らしい場所。

これからここから見えるところを全部走る。

f:id:yousendmelove:20170812100442j:image

f:id:yousendmelove:20170812095724j:image

 

まずは志摩の最北端で最東端の安乗岬を目指す。

岬の町に入ったら道が狭くて何度もグーグルマップ見てやっとたどり着けた。

灯台に登ることができた。

志摩リアス式とは違う外海が一望できる。

f:id:yousendmelove:20170812120023j:image

f:id:yousendmelove:20170812115618j:image

 

入り口に戻るとロード乗りがいた。

話をすると地元志摩人だった。

道が狭くてわかりにくいと言ったら帰りは引きますよとのこと。

ささっと一番近いコンビニまで引いてもらった。

f:id:yousendmelove:20170812122801j:image

 

志摩チャリってサイトをちょっと参考にしたのだが、国府の海岸が綺麗とか書いてあった。

まあ一瞬しか走る場所がないけどそこそこ綺麗だった。

f:id:yousendmelove:20170812125030j:image

f:id:yousendmelove:20170812124727j:image

 

次の目的地もブラタモリで取り上げた大王崎灯台。

しかしここに行く着くまで全く展望もない道を淡々と走るだけである。

しかし雰囲気は辺鄙なのだがなぜか交通量は意外と多い。

地元の人は慣れてるせいで狭い道をバンバン飛ばして走って行く。

ここも岬に入ると道が狭く、わざわざ車では行くのは面倒そう。

f:id:yousendmelove:20170812132756j:image

 

今度は最南端最西端の御座岬を南側の道を使って目指す。

海沿いには道がなく少し内陸を走るので展望も見所も全くない。

御座岬に着いたが海水浴場があって海水浴客がたくさんいただけで見所なし。

そのまま志摩バイパスで戻る。

バイパスは快適に走れる。

高い場所を走るのでリアス式海岸を跨いでる橋から見る景色がとても美しい。

志摩南端は国道 260バイパスだけでいいんじゃないかと思う。

f:id:yousendmelove:20170812153752j:image

f:id:yousendmelove:20170812153617j:image

 

途中左にそれて県道602でともやま展望台へ。

ここも志摩景色が見事に望める。

夕方に来ると逆光。

f:id:yousendmelove:20170812161631j:image

最後は賢島。

ここも見所なしだった。

f:id:yousendmelove:20170812173322j:image

f:id:yousendmelove:20170812172539j:image

 

道の駅に戻った時は18時。

ギリギリ閉店に間に合ったので地ビール買っておつかれビール。

f:id:yousendmelove:20170812180510j:image

f:id:yousendmelove:20170812175639j:image 

 

 

 

D

 

前回の鳥羽と今回の志摩。

走る場所を厳選して作ったコース。

2017-08-11

[]那智勝浦 那智勝浦のブックマークコメント

いつも仕事が終わって帰宅してから出発してたが、それだと出発時間が遅れるし帰省の夜中出発組の渋滞に巻き込まれてしまう。

今回は仕事が終わったその足で出発。

現地に2〜3時間早く到着できてそのぶん睡眠時間確保できるのでこれはいい作戦だった。

深夜3時前に道の駅伊勢志摩に到着。

舗装してある駐車スペースは狭いが向かい側の砂利の空き地が広くそこに駐車。

3時間ほど爆睡。

目がさめると今にも雨が降り出しそうな天気。

調べると午後から完全に雨の予報になっていた。

出発時の天気予報は悪くはなかったのだが...

午前中だけ走るか考えながら、明日予定の那智勝浦の天気を見ると、なんとそっちは終日晴れになっている。

すぐさま移動することにする。

高速道路で移動できるのであらかじめ調べておいたデポ地に9時30頃に現着。

天気は最高。暑さも湿度も最高。

f:id:yousendmelove:20170811103527j:image

 

那智の滝方面の山に向かって出発。

元々は山頂のお寺まで続く有料道路だったらしい那智スカイラインに入る。

滝までは10キロくらいだろうか、ゆるい登りで難なく着いてしまうが、非常に湿度が高く汗が蒸発しない。

一応歩ける靴を持って来たので滝は見物。

落差日本一と言う割にはそれほど迫力は感じなかった。期待しすぎたかも。

花崗斑岩で形成されてるらしいがこれだけの水量で削れないって相当硬い岩なんだろうなとか思いつつ。

f:id:yousendmelove:20170811114619j:image

 

滝から戻って来たタイミングでザッとにわか雨が降って来た。

ちょうど那智大社の繁華街を見物してたのでアイクリーム買って雨宿り。

熊野那智大社見物は割愛。

f:id:yousendmelove:20170811122957j:image

 

30分くらいで雨は上がったので那智山スカイラインを登っていく。

滝までは観光客の車だらけだったけど、いきなり全く車は通らなくなる。

雨上がりの草の香り。アスファルトからはモヤが上がって幻想的な感じである。

意外と展望は良く雲が全くなければ海まで見渡せる場所もある。

f:id:yousendmelove:20170811131347j:image

 

展望所な場所もあって意外とと言うかかなりいい山道だと思う。

なんか仏像があったが意味は分からず。

f:id:yousendmelove:20170811130456j:image

 

こんな山奥のソーラーパネルか?と思ったら巨大な卍だった。

上空の人にアピール?

ここが山頂でスカイライン終了の場所、阿弥陀寺がある。

那智大社の盛況とは打って変わって人は全くいない。

f:id:yousendmelove:20170811132212j:image

 

道は下り基調に変わり、那智高原に到着。

広い駐車場があるが車は一台しか停まってなかった。

f:id:yousendmelove:20170811133532j:image

 

1時も過ぎてしまい食料もなく空腹になったので勝浦に速攻降りることにする。

マグロの水揚げ量が多いことで有名な勝浦。

漁港はそこそこの規模の町になっていてたくさんの飲食店もある。

とりあえず適当な店に入ってマグロ丼。

1300円とリーズナブルな割に盛りがよくお腹も空いていたのでとても美味しかった。

f:id:yousendmelove:20170811145109j:image

 

ここから見えるホテル浦島の温泉がすごいらしい。

宿泊者は裏から陸続き入れるようだが、日帰り温泉客は船でしかアクセスできない。

せっかくだから後で温泉行ってみようかと思ったがやはり面倒になってしまった。

f:id:yousendmelove:20170811150516j:image

 

まるで野菜の直売のようなマグロのセルフ販売所も何件か見かけた。

それだけマグロが豊富なんだろう。

f:id:yousendmelove:20170811152750j:image

 

まだ時間があったので次は捕鯨発祥の地と言われている太地町まで行ってみる。

現在捕鯨は禁止されてしまい、歴史として残っているだけである。

f:id:yousendmelove:20170811155958j:image

 

岬の先平公園に行くと思いもよらぬ絶景ポイントだった。

f:id:yousendmelove:20170811163545j:image

f:id:yousendmelove:20170811163132j:image 

 

那智の滝以外は行き当たりばったりだったが、かなり見どころあっていいコースだった。

デポ地に戻ると綺麗なトイレもあるので今日は水浴びで済ます。

道路挟んで反対側にショッピングモールがありそこで夕食。

1日目終了。

f:id:yousendmelove:20170811182510j:image

 

 

D

2017-05-04

[]能登半島2日目 能登半島2日目のブックマークコメント

前日の寝不足とサイクリングの疲れとビールも飲んで車中泊と言えども爆睡。

iPhoneの目覚ましで5時に起床。

今日は能登里山空港を拠点に奥能登時計周りの予定。

能登空港まで移動する。

昨日自転車で通過した能登ツインブリッジを今度は車で通過

f:id:yousendmelove:20170504045750j:image

 

能登里山空港は道の駅としても認定されている。

て言うかだだっ広い空港の駐車場にトイレがるだけみたいな感じ。

昼間は空港内の売店が営業している。

駐車場広くてロードのサイクルング拠点には申し分無し。

f:id:yousendmelove:20170504070837j:image

 

まずは輪島に向かう。

道の駅輪島。

早朝から混んでいてとてもじゃないけどデポ地なんかには利用できない。

輪島駅はモニュメントなので伊代っても炎上しない。

f:id:yousendmelove:20170504080507j:image

 

朝市をちょっと見てみる。

まあ特に買うようなものはないよね。

正直雰囲気だけ。

f:id:yousendmelove:20170504081639j:image

 

能登半島北側はとても風光明媚。

サイクリングしていてほんと気分がいい。

見所も多い。

千枚田や塩田なんか明らかに観光向けに整備してるけど風景としてのクオリティーは高い。

f:id:yousendmelove:20170504093854j:image

f:id:yousendmelove:20170504090735j:image

 

国道は海沿いの少し上を走るので展望も抜群。

f:id:yousendmelove:20170504101500j:image

f:id:yousendmelove:20170504100936j:image

 

時折山を登ったりして走っていて全く飽きない。

f:id:yousendmelove:20170504112322j:image

f:id:yousendmelove:20170504113203j:image

 

途中見かけた鯉のぼり祭り

f:id:yousendmelove:20170504105724j:image

 

恋路海岸の弁天島。

結ばれなかった恋の言い伝えで恋路と言う地名が付いたらしいが、本当かな?観光のためじゃねとか思ってしまう心が汚れたおっさんです。

しかし地名にふさわしいく景色は美しい。

f:id:yousendmelove:20170504140931j:image

 

北朝鮮側を望む。

ミサイルが飛んで来たら見えそう。

f:id:yousendmelove:20170504105041j:image

 

パワースポットらしい能登半島先端を超えて南側になると途端に道は細く道は海から少し内側を走るようになる。

左右に民家ばかりで景色は望めない。

f:id:yousendmelove:20170504134140j:image

 

いくら走ってもつまらない景色ばかりなので内陸の山道で空港まで戻ることにする。

内陸の道は車は多かったが路肩が広くてとても走りやすい。

f:id:yousendmelove:20170504154555j:image 

 

楽しむようなスポットも無くガンガン走って空港に戻る。

すぐに自転車を積んでまた昨日と同じ能登島の温泉へ向かう。

昨日も混んでたけど、この日はもっと混んでいて車だったので駐車場には入れないくらいの混みよう。

もう面倒なので昨日の車中泊したロードパークに行って多目的トイレでちょっと寒かったけど水浴びして済ます。

その後また昨日の定食屋に。

能登大橋も渋滞していた。

さすがGWって感じ。

f:id:yousendmelove:20170504175548j:image 

 

定食屋でうだうだ時間かけて食事。

f:id:yousendmelove:20170504182825j:image

 

また夕暮れの能登大橋をとぼとぼ歩いてロードパークに戻ると、駐輪場で自転車の人が野宿していた。

話しかけてたら神奈川から金沢に車を置いて3泊4日で能登半島を折りたたみ自転車で走ってるとか。

駐輪場で一緒に飲みながら旅の話を聞かせてもらう。

f:id:yousendmelove:20170505051144j:image 

 

翌日も5時に起きてどうしようか予定もなかったので帰宅することにする。

能登半島もほぼ走りきったし。

f:id:yousendmelove:20170505050545j:image

 

能登半島ほんとに良かった。

この歳になっても日本って知らなかった場所だらけなんだなとつくづく思う。

能登半島なんて車で走ったらこんな感動しない気がする。

やっぱり自転車の旅は楽しい。

 

動画

https://quik.gopro.com/v/txGyWdBm8m/?autoplay=1

 

2017-05-03

[]能登半島1日目 能登半島1日目のブックマークコメント

GWは伊勢志摩、紀伊半島あたり行くかなと思っていたが、どうもいいコースが描けない。

だいぶ前から能登半島はルートラボでコース作っていたので急遽能登半島に行くことにする。

2日、仕事が終わってから出発。

能登までは高速道路で490km走って行くのが一番時短だとカーナビは示している。

距離的には松本から乗鞍、高山経由だと400kmと短いがほぼ山道になってしまう。

関越、上信越、北陸の高速道路経由で行くことにする。

北陸入ったら25時くらいなので車中泊。

夜通し走って目的地まで行く元気もあったが、やはり夜があけた方が景色が楽しめるので残りは朝移動にする。

 

予定のデポ地は、道の駅能登食祭市場だったが到着したら結構混んでいて車を放置できる雰囲気ではなかった。

急遽別の場所を探す。

グーグルマップを見らた能登島大橋のたもとに大きな駐車場がある。

能登大橋ロードパークと言う公園。

行ってみると広くてガラガラでトイレもあってロジェーションも最高。

申し分ないデポ地だった。

f:id:yousendmelove:20170504174637j:image

 

能登島大橋を渡って能登島へ

f:id:yousendmelove:20170503080128j:image

 

いつものごとく時計周り。

なぜかと言うと右側車線の方が海が良くみえるから。

雰囲気はやはり島でとびしま海道に似てるけど景色はとびしまの方がいいかな。

f:id:yousendmelove:20170503090358j:image

 

とりあえず 道の駅のとじま で朝飯。

海鮮丼1500円だけど東京で食っても同じような感じなんでありがたみ無し。

f:id:yousendmelove:20170503093103j:image

 

あまり人が住んでいないので人も車も少ない。

自販機も店もほとんど無い。

f:id:yousendmelove:20170503101757j:image

 

なかなかのどかでいい感じの島ではあった。

一周60kmくらいなのでのんびりサイクリングにはちょうどいい。

古墳はちゃんと整備されて中の安置されてた場所も見学できるようになっていた。

f:id:yousendmelove:20170503113445j:image

 

能登ツインブリッジから本州に渡る。

f:id:yousendmelove:20170503121550j:image


海沿いはサイクリングコースに指定されているが、コンビニとか全く無いのでお腹が空いてくる。

f:id:yousendmelove:20170503132803j:image

 

和倉温泉にある日本一の旅館と言われる加賀屋。

社員旅行で宿泊したことあるけど正直どこが日本一なのかわからない。

和倉温泉は繁華街なので補給できる。

f:id:yousendmelove:20170503135742j:image

 

デポ地に戻ると着替えの用意をして、また能登島戻って ひょっこり温泉島の湯 へ。

GWのせいか結構混んでた。

湯上りに能登バーガーの黒。

お腹空いてたので美味しかった。

f:id:yousendmelove:20170503170249j:image

 

能登島大橋の能登島側たもとに店があるんだけど、牡蠣小屋なのか?

ガラス越しにのぞくと食事をしてる人がいるのはわかるけど、なんか謎な感じの店。

f:id:yousendmelove:20170503181207j:image

 

入ってみると定食屋みたいな感じだった。

メニューは定食で揚げ物500円、焼き魚600円、刺身800円とか激安だった。

刺身定食と焼き牡蠣130円×2を注文。

ご飯味噌汁小鉢は自分で取ってくるシステム。

刺身はすでに仕込みされていて30秒で出てきた。

美味い!!

焼き牡蠣は焼くんで少し待つ。

これだけ食べてビールも飲んで1500円くらい。

なんていい店なんだ。

f:id:yousendmelove:20170503182036j:image

f:id:yousendmelove:20170503182239j:image

 

夕暮れの能登大橋を自転車押してとぼとぼと戻る。

f:id:yousendmelove:20170503185522j:image

 

今日はそのままデポ地で車中泊することにする。

静かだしほんと車中泊にも最適。

f:id:yousendmelove:20170503190454j:image

 

能登半島来てよかった。

動画

https://quik.gopro.com/v/loHdY03fCb/

 

2017-04-23

[]志賀草津高原道路 志賀草津高原道路のブックマークコメント

今年も志賀草津高原道路の通行解除に合わせてサイクリング。

ツールド草津が無くなってもなんだかんだ毎年来ている。

今年は雪が多く例年になく景色が綺麗だった。

いつものごとく天狗山で車中泊。

ちょっと寒かったけど手持ちの冬用サイクルウエアとか着て翌朝まで爆睡。

f:id:yousendmelove:20170423082217j:image

 

山田峠のちょい先の雪の回廊

f:id:yousendmelove:20170423101456j:image

 

上から見たところ

朝は霧が出ていて特に寒かった

f:id:yousendmelove:20170423102249j:image

 

横手山のパン。

f:id:yousendmelove:20170423103952j:image

 

渋峠ホテルの前。

f:id:yousendmelove:20170423111557j:image

 

渋峠。

f:id:yousendmelove:20170423103054j:image

 

万座方面に向かうワインディング。

f:id:yousendmelove:20170423114605j:image

f:id:yousendmelove:20170423095911j:image

 

40kmで1200mしか走行してないけど景色堪能したり他のサイクリングの人と話したりして丸一日過ごしてしまった。

2017-04-22

[]野反湖 野反湖のブックマークコメント

ほんとはハルヒルのために榛名登る予定だったが、体調が優れなく全力で走れそうもないんで草津に向かうことにした。

 

道の駅八ッ場ダムに寄ったらなにやらロードバイクを準備してるグループがいる。

どの行くんだろうとグーグルマップ見たら野反湖まで片道30キロで行けることに気がつく。

もう思い付きで野反湖にまで走ることに決める。

そのグループに話しかけたら草津白根高原道路まで行くらしい。

ここからだと草津まででも結構登るよね。

フラペがいるようなグループでもう11時なんだけど遅くないか?とおもう。

 

道の駅ではちょっと暑いくらいの気候だったので春もの長袖ジャージに長レーパン、指ぬきグローブ。

ウインドブレーカー持っていけばなんとかなるだろうとスタート。

  

国道405沿いに流れてる渓谷がエメラルドグリーン。

石灰混ぜて中和させた水かな?

野反湖も中和してんのか?とか思っていたが、後で調べたら野反湖はほぼ分水嶺にあってその水は日本海側に注ぐらしい。

f:id:yousendmelove:20170422113240j:image

下調べ全くしてないし野反湖行くのも初めて。

国道405はどんどん寂しくなって自転車どころか車も殆ど通らない山道になる。

展望も無く登り続ける。

標高1000メートル超えて寒くなってくる。

どこまで登るんだ?

あと10キロもある。

1300mで残り5キロ。

気温は5度を切ってまじ寒い。

特に指ぬきグローブなんで指が痛い。

片方の手を交互にお腹に入れて温めながら登る。

今は登ってるから体は暖かいけど下りが危惧される。

どんどん雪が増えてくる。

f:id:yousendmelove:20170422132114j:image

まじかよって感じの雪。

野反湖ってイメージ的に高原のオアシスだったのにこんな険しいとは。

もう根性で湖までたどり着く。

湖凍ってるやん!

もう風が強くて自転車に乗れない。

なんとか建物の陰に避難。

f:id:yousendmelove:20170422132706j:image

 

寒い寒い。ウインドブレーカー着てスマホ用意して吹き飛ばされそうな風の中湖畔まで行って必死で写真を撮る。

f:id:yousendmelove:20170422132846j:image 

 

ここから先4.5kmまで道は続くらしいがもう無理!

速攻下る。

途中止まって手をたためること2回。

標高1000mまで下るとようやく寒さは落ち着いてくる。

蕎麦屋を見つけて飛び込む。

いや無事に戻って来られた。

f:id:yousendmelove:20170422140509j:image 

 

次回から少しは下調べしようと反省。

 

しかしこの渓谷は美しいね。

品木湖からの水が流れてるんだろう。

f:id:yousendmelove:20170422143915j:image

 

この日は草津まで行って温泉入って天狗山の駐車場で車中泊。

草津の街まで飲みに行きたい気もしたけど天狗山から歩いて行くには遠すぎるよね。

外気温2度なんで夜中寒くて目がさめたけどさらに手持ちのサイクルウエア着込んで朝まで爆睡だった。

f:id:yousendmelove:20170422203051j:image