Hatena::ブログ(Diary)

ヤスの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-07-23

『中国での新会社設立記』

久しぶりの配信です。

今、チョー忙しいです!
充実しているのかもしれませんが、時が瞬時に過ぎ去ってしまっているので、
大事な時間を無駄に過ごすことの無いよう
気をつけていかねばなりませんね!

さて、この忙しさの原因について今日は書いてみます。

今、私は、二つの会社の総経理として日々を過ごしています。

一つは、十数年の歴史を持つ華南式来料加工工場で、
もう一つは、今年生まれたてホヤホヤの独資の工場です。

普通、工場の立ち上げって、様々なイレギュラーを含め、
やらねばならない事が沢山あるのでそれだけをやるだけで大変!

そこへもう一つの工場の管理が重なるもんだからキツイ訳。

しかも、古くからある方の工場は、人財育成をして来なかったので、
管理レベルが非常に低かったりするのです。

だから、古い工場の人財を使って新会社立ち上げをなどとはいかず、
結局自分で殆んどのところをやるしかないんですね。

それどころか、不具合出しまくってくれたりするからもう、、、
タチが悪い!!

で、使えない奴にかぎって役職、給料が高く、不穏な動きをしやがる。
だって、私を追い出す為に本社に掛け合うぐらいだからね。
相当私が煙たいと見える(笑)

まぁ、そんな事が起こってしまうほどどうしようもない会社なのです。

ホント、この状況を作り出した元凶の歴代トップは、
私の前で正座して欲しいくらいです!

まぁ、それでも私が来た事でやる気になってきているメンバーもおり、
彼らの為にも立て直しを図っていかねばと言うところなのです。

こんなんだから、時間がいくらあっても足りないんですね。

救いは、一人の優秀な課長さんが物件を探しから一緒に居たこと!
そして4月に新しく入ってもらった子がすこぶる優秀だった事。
正直、この二人が居なかったらカナリしんどかったところです。

この二人は、なかなか得難い人財です。

日本からも、会社設立、内装工事手配の忙しさの爆発するギリギリの時期、
一人エースを送り込んでくれたので何とかなってる感じです。

そんなこんなで、少し新会社の立ち上げがひと区切りついた今日この頃。

と言うことで、色んなイレギュラーを含めた立ち上げを
この配信を通じて振り返ってみようかと。
勿論、まだまだ佳境には程遠い状況なので続編もあるとおもいますが!

チョット長くなりそうなので、次回へつなげます。

って、立ち上げの事は何も書いて無いというツッコミが入りそう(汗)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

やっぱり厄年って色々起こるのかしら?
結構、不運なイレギュラーが重なる。
そんな事を書いてるたった今も、、、

出張で長沙に行き、広州へ戻る新幹線の中でかいているのですが、
座席の足下が水浸しに、、、

長い移動の際は、必ずスリッパを持ち込み、履き替えるのですが、
そのスリッパがびしょ濡れで、靴下まで濡れちゃいました。

一体何の液体が流れて来たのやら?

厄年のせいにするのもおかしな話ですが、
かなり変な事が重なるので、そう考えちゃうのです。

まぁ、これも修行と考えていかねばですね!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

2015-06-04

『いい経験!』

久々に良い体験をしちゃいました。
なかなかない事ですが、こんな体験も後にはいい思い出です!

さて、どんな体験をしたかと言うと、出張での交通トラブルです。
と言うことで、内容を書いてみます。

一昨日は、朝一番に広州を出て長沙へ。
新幹線を使い、日本の社長と次期営業本部長と客先へ表敬訪問。

その移動中に嫌な情報が、、、
この日は、客先訪問後上海へ移動の予定だったのですが、
飛行機が二時間遅れるとの事で、
ほぼ同時刻出発のLCCにするか、
遅れを受け入れるか?の二者択一。

偉い人と一緒にLCCはチョットと言うことで、遅れを容認。

上海着の時刻が遅くなってしまうので、
空港で酒盛りして食事の流れで、
上海に着いたらすぐ休もうとの話をしつつ客先へ。

そして、無事客先訪問を終え、一路空港へ。
元々の予定通りに空港到着と言うことで、
かなり余裕があるチェックイン。
国内線って、かなり前の時間からチェックインできちゃうんですよね〜。

でもって、早速酒盛りスタート!
とは言え、遅れが発生した飛行機です、
運行状況の確認は下々である私めの役目。

ここで緊急事態発生!

どうも、機体が何時到着するか分からないので、
ホテルを準備しているので、そこへ行けとの事。

更に詳しく情報を聞いてみると、
機体は広州にまだいますとの話。

で、更に聞いてみると、、、
広州から上海、そして上海から長沙、そんでもって長沙から上海
こんな飛ばし方をしていると言うのです。

それが、まだ広州を出ていないと言うのですから、
今すぐ飛び立ったとして、まぁ、少なくとも6時間はかかるでしょう。
長沙着は!

その時既に16時を回っていましたので、
もうこの便は飛ばないと容易に判断できたんです。

こうなったら、すぐに次の策を考えねばと言う事で、

まず新幹線をチェック、、、
これは今すぐ動けばギリギリ間に合うかどうか?と言う状況。
そして、19時台の便があったはずなのでそれを確認!
どちらも空席あり!!
すぐに手配をと思ったのですが、ここで、またまた問題発生。

偉い方2人は荷物を預けていたのです。
こいつを取り出さないと何れにしてもダメと言う事で、
チケットを手配したくても手配できない事態に。

速攻で荷物を払い出してもらって、
それを待っている間、こっからは現金がモノを言うと思い、
キャッシュディスペンサーへ現金をゲットに。
そして、丁度戻った時に荷物も払い出し完了!

すぐにチケットを取り直し!
新幹線はもう間に合わないので別便を手配。

そっから初めて元のチケットを取り消し。

この全ての作業に要した時間は約1時間チョットでした。
なかなかのスピードですね。

さぁ、改めて酒盛りスタート!(笑)

でも、不幸はまだ続くのです。
新しい機体もまだ上海を出発出来てないと言う話。

ここで初めて状況が飲み込めて来ました。
前の便は天候の問題で広州を出発出来てないと聞いていたので、
広州スコールかなんかがしでかしているのかと思ってたのですが、
諸悪の根源は、上海の天候だったのです。

と言うことで出発時間が二度ほど延期となり、、、
もう、これは長沙泊を覚悟せねばと思わざるを得ない状況に。

でも、これはチョットマズイんですよね。
と言うのは、お偉いさんお二人は、
次の日のある程度早い時間に煙台に居ないと、
旅程がグチャグチャになっちゃうのです。
長沙から煙台のフライトだと、チョット微妙にキツイのです。
ですから、わざわざ上海経由にしたのです。
だから、何とかその日のうちに上海に行く必要が。。。
因みに煙台便は朝一番で10時前に煙台着の旅程。

21時になり既に上海を出発しているとの情報をゲット!
待つ事1時間機体が到着!!
諦めかけていただけにチョットガッツポーズ(笑)

結構スムーズに乗降が完了し、23時過ぎに出発!
いやいや、大変でした。

と、言いたいところですが、それで物語は終わりません。

何と、到着したのは温州空港(汗)
浦東空港が封鎖されてしまったので、温州空港に降り立ったのです。

その時、既に日は明けて1時を回ってました。
流石に絶句してしまいました。

これは、上海のホテルには泊まれないと思い、キャンセルの電話を。

ただ、一向に機体から降りる事なく飛行機の中に缶詰め状態。

そうこうしているうちに、飛行機の中が混乱状態に。。。
乗務員さんに詰め寄って大騒ぎ!
挙げ句の果てには、乗客同士で喧嘩を始める始末。
まぁ、こう言うところが中国って感じですね。
どうしようもない時は、黙って待つしかないのですがね。

でも、この頃は周りのみんなもただ傍観してないんです。
大騒ぎしてるのを動画で撮って投稿したりチャットしたり。
スマホで随分時代が変わった事を目の当たりにしましたね!

で、缶詰め状態には訳があったんです。
給油して、浦東空港の封鎖解除を待って再出発する予定だったのです。

そして、2時頃になっていよいよ再出発!
3時半にとうとう上海到着!!
手荷物の払い出しを待って虹橋空港へタクシーで移動。
やっとの事で虹橋空港到着。
この時、時間は5時を回り、すっかり夜も明けてました。
実に15時間程かけて上海に到着したわけです。

ここからチェックインカウンターのオープンを待ち、
お偉い方の煙台便のチェックインを終わらせ、お見送り。
取り敢えず、飛行機が飛ぶまで待機。
無事飛んだので、
取り敢えずの任務完了!

さて、この混乱の諸悪の根源は上海の天候だったのですが、
夜12時頃までスゴイ雨と突風だったとの事。
日が明けて天気は落ち着きましたが、相当数の飛行機が欠航し、
中には着陸地変更となっていた飛行機もあったようです。
そういう意味では、運が良かったというべきだったかも?

あとは、広州便で帰るだけです!
でも、フライト情報を見ていると、朝便は軒並み遅れが出ています。

やっぱりって事で、自分の便も出発時間の変更連絡が、、、
結局、合計3回の変更連絡が来ました。。。

空港のイスで居眠りって、結構辛いんですよね。
って言うか、正直寝れてないです。
ウトウトして船漕いでハット起きるのを繰り返しているだけ。
で、いつ何時状況が変わるかチェックが必要。
いやぁ、流石にお尻が痛くなりましたよ。

結局17時頃になって広州便が出発。
家に着いた時は、20時を回ってました。

先ずは風呂に入って、食事をして、少しお酒を飲み、ベッドへ!
いやぁ、ベッドで寝るのってすごく気持ち良いものなんですね!

と、そんなこんなでトラブルから解放されたわけですが、
正味30時間の移動は応えますね。

でも、まぁ、いい経験が出来たと思えちゃうところが前向きです!

これで、広州スコールかなんかで
着陸出来なかったら伝説だったのですが、
何とか伝説までは作らずに済みました(笑)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

上海に着いたものの空港から一歩も出ずだったのですが、
どうせここまで遅れてくれるのだったら、
銭湯でも行って汗を流し休憩したかったですね。

まぁ、飛ぶ時間が100%確定してくれない状況ですので、
所詮無理な話なのですが、かなり損した気分です。

時間がすごくもったい無いと思ってしまいました。
取り敢えず、二度と経験したくないですね!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


2015-05-18

『大阪都構想』

書こうか書くまいか迷ったのですが、書いちゃいます。

大阪、橋下市長の大阪都構想住民投票の件です。

橋下さんに賭けたいと思う人は、大阪にはあまりいないみたいです。
しかも、政界引退まで示唆した彼を見殺しにする。

流石に呆れましたね。

時期が悪かったのかしら?
とは言え、現実は現実です。

私的には、橋下さんと言う政治家を失う事は大きな損失と思います。

このところ、幕末明治維新ネタがかなり多く出てますので、
否が応でもそこに重ねたくなりますが、、、

橋下の政治生命を奪う事は幕末で言うところの何に似ているか?
若しくは、例えるならば、どのような出来事だったのか???

恐らく、意を決して、止むに止まれぬ気持ちで戦いに挑んだ者の
その足下をすくい、二度と立ち上がれないようにしたものです。

高杉晋作級の人物が、いきなり歴史の幕から引きずり落とされた。
そんな感じのレベルの出来事ではないでしょうか?

これを見て、日本の若者達は何も思わないのでしょうか?
日本の若者のレベルが知れているということでしょうか?

遠い異国で、歯痒い思いで見ていますが、、、
無性に腹が立って仕方ないんですよね!!!

投票率が66%強とのことですが、、、
若者の大多数がいかなかったのでしょうね!
後のなってから、四の五の文句を言わないで欲しいですね!!

それだけ、投票に行かなかった大阪の若者はしでかしたと思います。

結果がどうなろうが良いのです。
投票率の問題です。
たった66%で賛成、反対の二者択一戦に幕が下されたわけですが、
それがどうにも気に入らない!

ホント、日本の大多数の人って、政治がどうでもいいんでしょうかね。

破綻に着実に進んでいることを知らないのです。
知っていれば、こんな低い投票率で終わるわけがない。

ホント、どうでもいいんでしょうね!
破綻して、ハイパーインフレの大波でやられるのは、、、
若者だと言うのに。。。

後になって、橋下さんに賭けとけば良かったと後悔しない事を祈ります。

折角狼煙が上がりそうで期待してたのですが、
もう、台無しです!
全国への飛び火も、今はもうありません。

このしでかした代償をどう考えるのか?
折角のチャンスを潰した事をどう考えるのか?
(勿論、投票に行かなかった愚か者に言いたい事ですが)

ホント、腹が立って仕方ない!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

橋下さんのような方を失うのは、実に残念!
ただそれだけの事です。

後、何年後に表舞台に出て来てもらえるのか?

何とかならないものでしょうかね?
いい手があれば、早いとこ誰か打ってほしい!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

2015-05-15

『一流』

一流というものについて書いてみたいと思います。

まず、一流である前に、まずプロでなければなりません。

プロとは、その意識の高さではないかと思います。
意識の高さが言い訳や愚痴を言わなくさせるでしょうし、
誇りを持って結果を出すことにこだわることが出来るかどうか!
ここが素人とプロの違いなのだと思います。

そして、顧客に対しては、全員プロでなければなりません。
でないと、買ってくれる人に失礼な話です。
たとえ、昨日入社の社員であったとしても、
顧客の前ではプロでなければなりません。
勿論、昨日の今日でいきなりやれる人はそうはいないでしょうが、
少なくともプロでなければならないという自覚は欲しいところ!

ただ哀しいかな、そんなプロはなかなかいないのが現実です。
下手をするとこちらの方が一枚も二枚も上手という事も散見されます。
ホント、素人の物売りが非常に多い。
それどころか、やらされ感たっぷりの人までいるのが現実。
そんな者を営業に選ぶ会社もレベルが知れていますね。

あとは、商品が良いので、どうでも良い営業マンでも売れることが。
勿論、素人の物売りですが、この場合、務まってしまうのです。

とはいえ、そんな中でも、プロは確実にいます。
買う側の立場としては、当たり前ですが、プロから買いたい。

今まで受けて来た売り込みの中で、そのプロ率は、、、
50%ぐらいかしら?
この数値が高いか低いか?良く分かりませんが。。。
ちょっと低いのではないかと。

因みに受けた売り込みの90%以上は日本人の方ですね。
肩書き的には、7割が部長さんクラスで、3割が総経理さんクラス。

やっぱ、何となく、少ない気がしちゃいますね。

と、ここで、社内に目を向けてプロを探してみると、、、
数名しかいない。。。
セミプロレベルまでハードルを落としても、両手でお釣りがくる。

、、、何とも寂しい限りの人的資源ですね。。。
ここは、時間をかけてレベルアップさせるしかいないですね。

冒頭で一流である前にプロでなければならないと書きました。
私が最近逢った中でのプロ率は50%でしたが、
その内一流の方の比率は、2%と言うところでしょうか?
ですので、全体で言うと、1%しかプロには出会ってません。

やはり、一流となるとなかなか巡りあえない気がします。

とは言え、一流と巡り逢えたことは幸運な事です。

さて、一流とプロの違いはどういうところなのでしょうか?

一言で言うと、買う側に有益な情報を提供出来る事かと思います。
提案営業に近いと思いますが、チョットだけ違います。

自身が持っている情報、ツール、人脈、そしてキャラクターを駆使し、
顧客に有益である、若しくは、有益であろうものを提供するのです。

そして、それが顧客の期待値を上回る事が出来る事が重要です。
期待値を上回り続けると、いつか顧客の琴線に触れることとなり、
一流の仕事がそこに生まれてくるのだと思います。

キーワードは、期待値を上回る事!
あらゆる手を駆使して!!

それから、一流である為にはもう一つ重要な要素があります。
それは、良い意味で頑固である事。
自分のスタイルを頑なまでに変えず、こだわることが出来る事。
ここも重要な要素であります。
一流のアスリートが自分のスタイルにこだわることと同じです。

と、ここで自分自身に目を向けてみると、、、
様々な顔を演ぜねばならない役割にいますが、
どの切り口でもプロであると言う自信と自負はあります。

但し、一流か???と問われると、、、
全局面においてはまだ難しい!

まだまだ精進が必要です。

今のところ、社内において(内政面)では一流でありますが、
社外(外交面)においては少々足りない状況です。

要は、期待値を上回る営業までは出来ていないのです!

これは、トップとしては問題だと思っています。
早急に何とかせねば!!

ゆっくりと腰を据えて臨めていないのが歯がゆいところ!
ホント、時間が欲しい。

過去、二足、三足の草鞋を履いた経験もありますが、
何とかこなせていたのです。

でも今は、、、
流石に多足草鞋は重たい。
簡単ではないですね。

何とか、全ての局面において一流の仕事をなしとどけたいものです!

と言う事で、更に目一杯やらねばならないですね。

入社して一年チョイですが、飽きとマンネリとは程遠い世界です。
もう、やる事山積みで食傷気味な感があります。
が、ある意味幸せなのかもしれません。

出し惜しみせず、戦っていきたいですね!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

今回の記事は、隙間時間を使って書きました。
が、かなり日数がかかってしまいました。
自分の優先すべき事を後回しにしている証拠です。
やはり、時間の天引きが必要ですね。
これからは、チョット、時間の使い方を考えるようにしてみます。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

2015-05-08

『区切り』

配信が随分途切れました。
気を取り直しまた出直してみます!

さて、ここまで配信が途切れまくるほど忙しくしてたのですが、
その間の事をよくよく振り返ってみたいと思います。

と言うのも、やっと仕事で一区切りついた感じなので、
これからを充実させる為にも、整理しておきたいのです。

慌しい、忙しいという漢字は実に良く出来てますね。
心が荒れる、心を亡くすと言う事とホント直結しています。

去年の7月まではかなり時間を好きに使えたのですが、それ以降は、、、
目まぐるしい毎日でありました。

今思えばですが、7月までの比較的に自由に時間を使えた時期に
サボらず様々な策を練ったり、方向性を塾考したりしたのが功を奏し、
この慌しい、忙しい期間を上手く乗り越える事が出来たのでしょう。

これが無ければ、ホントに心がボロボロになって、
ここまで踏ん張ってこれなかったかもしれません。
そして、判断力も鈍り、大きな穴に落っこってしまっていたかも?

当時は、有り余る時間をどのように過ごすか?で悩んだものですが、
真剣に考えて行動していたのが後になって効いてきたわけで、
先の事って言うのは、分からないもんなんですね!
正直、当時は苦痛でしたが!!

やはり、出し惜しみしない事が重要だと改めて認識させられました。

逆に、先の損得や行動の結果の有無、こういったことばかり考えて、
今行動することの必要性を疑い行動をしないのは愚ですね!

『こんな事やったって意味ないや』
とか
『やるだけ無駄だからやらない』
とか
『やっておいた方がいい気はするが、乗り気でないのでやらない』
などなど、やらない為の理由を考えてしまう自分をどう叩き潰すか?
ココがカギなんだと思うんですね。

さて、なぜ自分はそれが出来たのか?
ここ重要ですよね!

考えてみると、なかなか難しい!!
出来た理由が我が才能にあるとはどうしても思えないんですね^_^

おそらくですが、転職したてで心がフレッシュな状態だったから?
ではないかな??と思うのです。

何事にもトコトン前向きで、
謙虚な姿勢で仕事に臨み、
それでいて結果を出す事に貪欲、
出し惜しみはしない、

こんな状態だったから上手くいったのだと思います。
フレッシュな状態で無ければ、そうは上手く出来なかったはずです。
そういう意味では、転職も一つのメリットだったのだと思えます。

今は、二年目に入り、周りからも実力を認めて貰えるまでなりました。
そんな今の自分は、、、
何事にもトコトン前向きで謙虚な姿勢で仕事に臨むと言う事が、、、
難しくなっている気がしてしまいます。。。

少し、心を入れ替え気を引き締めていかないとです!!

それと、7月までのアドバンテージで上手く乗り切って来ましたが、
ここに来て、アドバンテージがかなり無くなってきた感があります。

何とか先を見据えた策を練ったり、
様々塾考したり、空想したりする時間を取らねばです。

そうしないと、今度こそ心が荒れて、心を亡くす事となるでしょう!

この配信はその頭を整理する為にも一役買ってくれますので、
何とか配信を続けることを考えなければならないですね。

あとは、少しずつ仕事の振り先を作らないとなりません。
人を急ピッチで育てねば!

そして、旧工場の立て直しを完遂していかねばなりません。
同時に新工場の体制をしっかり整える必要があります。

それらのゴールまでに、これから使える時間は、、、
役一年というところでしょうか?

全部やってのけられたら相当にスゴイことですね!
ワクワクしちゃいますね!!

イヤイヤイヤ、まだまだ実に盛り沢山の内容です!!!

と言う事で、振り返りを通じて今後の心づもり書いて見ました。

これからは、ミッションを完遂する為にも配信を続けたいと思います。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

久しぶりに営業して来ました!
ここのところ、新工場関連で売り込みばかり受けて来たので新鮮です。
何故か、上手くいく気がして仕方ありません!

で、今はその帰りの新幹線高速鉄道)の中で書いてます。

片道役3時間は、結構長い道のりなのですが、
この時間を使って、誰にも邪魔をされず仕事が片付きました。
こんな事でも無ければ、出来ないので、かえっていい時間ですね。

これからは、予定を詰め込むのをホドホドにして、
地に足を付けた日々を過ごしたいと思います。

とか言いながら、来週の予定も真っ黒けっけだったりします(汗)

無理にでも時間を作らないとなりませんね!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


2015-03-17

『人罪』

最近あった出来事について書いてみます。

不良品が流出し、その対応、対策を行った際の出来事でした。

現場を確認すればするほど、ズサンな管理状況だった事が分かり、
様々な不具合経験した私でさえ呆然としてしまうぐらいでした。

下記に簡単に列挙すると、
金型がメンテされてなく良い状態のインサート品が生産できていない。
技術的な部分も大きいですが、日常管理の仕組みが無いわけです。

作業標準と別の方法で強度検査が行われている。
しかも、それは故意的に変えていて、帳票類の修正、承認がない。

規格を超える寸法で量産管理がされていて、
それが、周知された状況にて量産がされていた。
いつ、誰がOKしたかも今となっては分からない状態。

日本語の作業標準を中文版に書き換えた際、
これまた故意的に内容を変え、それにメクラ承認印が付き運用される。

こんな、とんでもない状態で量産がなされてきていたのです。

どうしてこんな事が起きているのか?
作業をしているメンバーが勝手にやるわけはないので、
そんな体質の動きが過去よりあらゆる場面で起きているのです。

今回、不具合があまりにも大きくなったので、
完全介入をして片っ端から現状を見た為明るみに出ましたが、
これは、間違いなく氷山の一角であり、早期の改善が必須です。

この問題となる管理体制が今回の不具合の根源では無いのですが、
対策を考える上では、過去の履歴や記録も重要なわけで、
それが無いのですから、全て立ち上げのやり直しみたいなもので、
十数年の膿を出しつつ改善対策を行う羽目になってしまったのです。

きっと、なんらかの理由、目的があって行ってきたはずですが、
その理由、目的が今となっては知る由もないのです。

本来、そこをしっかり監督していくのが品証部の役割でもありますが、
現実は、その実力のない単なる検査部隊で、
その他は、クレーム処理の体裁を整えるレベルしか
役割を果たせていないのが実状なわけなのです。

そして、ここの底上げは急務であるわけですが、、、
その部門のトップは実力的にも指導力も現状はなく、
しかも、自身は能力があると思い込んでいるのでタチが悪い。

まぁ、改善の為の意見を他人事のように聞き流し、
現場に能力が無いぐらいの勢いで逆に意見をする始末。

流石に呆れました。
人罪君認定です。

人材には、人財、人在人罪と三種類ありますが、
人罪は即刻駆除が必要なわけで、、、
いやはや、これにはひと苦労する事が予想できて憂鬱です。

一番良いのはこちらの意見に耳を傾け、
至らない部分を真摯に受け止めて
努力をしてもらえるようになるのが一番ですが、
そうなる事は、、、稀でしょう。。。

まぁ、諦めずに言い聞かせたいとは思いますが、
何かしらの対策案を検討しておかねばならないです。

それにしても、聞く耳を持たないのは面倒です。
少し、強烈に刺激して見ましょうかね?

これをやれ!
出来なきゃお前は能無しだ!!
能無しには去ってもらう!!!

みたいなアプローチも必要かもしれません?
結果、悪い方向に転がるかもしれませんが、、、
正直、ダラダラ見守る時間は無いんですよね。。。

ここは、一丁覚悟を決める時なのかも知れません!

それにしても、前任者達の負の遺産はカンベンして欲しいです。
まぁ、それでも、プラスの遺産もありますので、
差し引きチャラならよしとせねばならないのかも知れませんね!

いやはや、人の管理は難しいものです。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

人材には四つあるとの事です。
三つだと思っていましたが、この間ポスターを見つけました。

人財、人材、人在、人罪だそうです。

人財は、自分で考えて自分で成果をあげる人。
人材は、言われた事なら自分でやりきれる人。
人在は、言われた事を言われた通りにやるだけの人。
人罪は、言われた事も出来ないのに不満が多い人。

チョット人材の説明があやふやですね。
やっぱ、三つの括りで良いように思いますね(笑)
因みに下記がそのポスターです。
f:id:yypjt:20150317195424j:image

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


2015-03-16

『従化の温泉リゾート』

随分と配信が途切れてしまいました。
もう一つの広州周辺の観光スポットを紹介します。

前回は、順徳でした。
今回は、従化です。

従化で有名なのは、温泉です。
いくつも温泉リゾートが連なるスポットがあります。
その中でもかなり有名何処の碧水湾ということろへ行ってきました。

驚いたのは、そのサービス。
日本と比べても、かなり遜色ない良質のおもてなしでした。

中国では、頑張ってる感はあるにせよ、今一歩のサービスがほとんど。
でも、ここは、カナリ頑張りまくっていましたね。

むしろ、客のモラルの方が低いような場面が散見されるレベルです。

広州からは、旅行社のツアーに参加して、
リーズナブルに旅行が可能なようです。
一時間半程度の距離ですので、バスで送り迎えも苦ではありません。

我々は、直接行きましたので割引きなどはなかったのですが、
それでも、割高感はそうありませんでした。

ここも、遊園地の時と一緒で、大人2人と子供1人分でOKでした。
チビ2人は、無料です。
別に、チビが入れないお風呂は無いので、
このレギュレーションはかなりお得に感じました。

ここも、春節前でお客さんが少なかったのが幸いしました。
普段は、もっと人が多いのではなかろうか?と思われますので、
お客さんのモラルで迷惑になるシチュエーションが期待されます(笑)

まず入って、従業員さんがみんな笑顔なのが印象的でした。
やはり、笑顔と言うのは、重要なおもてなしですね。

今もあるのかな?
マックメニューにスマイルゼロ円と言うのがありました。
これって、チョット変ですが、スマイルを頼まれなくても
笑顔で接客することが目的であるならば、良いかもしれません。

笑顔で接客で随分良い気分だったのですが、
中に入ってまた一ついい所が。
それは、清潔感があると言うところです。

客が少ないのでゴミを落とすと言う事も少ないのも一つの理由ですが、
(そもそも、持ち込みは禁止です)
こまめに清掃をしているので、非常に心地良く過ごせます。

そして、サービスの一つに、フリードリンクがあります。
あまりお風呂に浸かりすぎて、のぼせないようにと
水分をよく取るようアナウンスで伝えてくれるのです。
お茶、水、コーラスプライトを従業員さんが温泉内を回り、
みんなに振る舞っているのがなかなか良いですね。

それから、バスタオルを無制限に配っていました。
時期的には、まだ少し肌寒いので、バスタオルは必須です。
ただ、一度使うと水分を吸って冷たくなり気持ちが悪いわけですが、
それを毎回新しいものにしてくれるんですね。

客の方がマナーが悪いせいか、
そこいらじゅうに置き去りのバスタオルが、、、
それも、こまめに従業員さんが片付けているわけです。

1日にどれだけのバスタオルが消費されるのかしら?
なんて、考えてコストを想像してしまうのは悪い癖です(汗)

で、温泉ですが、かなりバラエティーに富んだ、
沢山の種類があります。
魚のお風呂は、カナリくすぐったいです。

他にも、岩盤浴やマッサージもあります(別料金)。
そしてダンスショー、雑技ショーなど、
エンターテイメントもそれなりに充実しているので、
入館料のもとは取れた感じです。

これで、客が多いとどうなるのか?
ですが、客の少ない時を狙うべきだと思いました。

と言う事で、従化の紹介でした。
今後も、いい所を見つけたら紹介していきたいと思います。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

春節を明けてから怒涛の日々です。
不具合対応やら日本出張やら時間が一瞬で過ぎます。

振り返ると、あっという間に転職1年目が過ぎました。
こっからもう1年も早いのだと思います。
ウッカリしてると何をしてるのかわからなくなってしまいそう!
そうならないように、しっかりと結果を意識していきたいと思います。

大変ですが、不思議と良い気分です。
これって、幸せな事ですね!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

2015-02-27

『順徳放浪記』

この春節中で広州周辺に出掛けました。
たった二日間だけでしたが、チビ達が喜びそうなところを探して、
レンタカーを借りお出掛けしました。

一つは、順徳、もう一つは従化です。
この放浪記を書いてみます。

まずは順徳。

順徳にある長鹿休閑農庄と言う遊園地と動物園が一緒になったような
場所に行って来ました。

春節の時期は道路が空いていたのもあり、一時間弱で着きました。

しかも、お客さんもそんなに多くなかったので、
シッカリと堪能出来ました。
普段は、駐車場が一杯で停めるとこが無い程らしいです。

ディズニーランドを研究している?
と言うくらい
なかなか頑張っている感が見て取れ、侮れませんでした。

正月に相模湖なんたらランドに行きましたが、、、
雲泥の差で大負けしてますね。

因みに、相模湖なんたらランドには、二度と行きません!

遊園地で困るのは、小さな子供が乗れない遊具の多さです。
ここも、例に漏れず幾つかの遊具はダメだったのですが、
サーカスショーなどの催しも豊富なので、
そこまで、気にならないレベルでした。

どっかのハナクソランドはフリーパスを買ったのに
遊べる遊具がごく僅かと言う詐欺レベルの遊園地ですが、
ここは、そんな事もなく、それなりに楽しめました。
しかも、チビ二人は入場料フリーでしたので乗れずとも納得出来ます。
超良心的ですね。

どっかのハナタレランドは、場外の入場券販売所で、
中でフリーパスを買うと割高ですよぉ〜なんて、
騙し文句をくれますのでホント詐欺といっても過言でないわけです。

入場料を払うとカードがもらえます。
その中にクレジットが入っていて、
アトラクションへはそのカードをピッてスキャンして乗ります。
私とカミさんと長女の3枚のクレジットでかなり遊べます。
って言うか、使い切らないぐらい。

空いてたのに家族5人で使い切らないのですから、
クレジット消費を心配すること無く安心して使えますね。
恐らくですが、絶叫マシン系はクレジット消費が激しいのだと思います。

因みに子供のカードのクレジットは大人より入場料が安いので、
少なくはなっていましたが、家族トータルで3枚を使いまわすので、
問題は全然ないわけです。
そういう所もいいレギュレーションかと思いました。

ただ、混んでいる時は、、、確実に使い切れないです。。。
まぁ、そこは、割り切るべきですね。

でも、最後にユーフォキャッチャーのメダルに変えて、
そこで消費しきることも可能です。
なかなか取れないですが。
因みに、私は3回やって、2回目で奇跡的に取れちゃいました。
周りから歓声が上がりましたね。

あと、ここの良いところは、園内の食堂がリーズナブルなところ。
普通の料理屋の方が高く付く可能性もあるぐらいのレベルです。

そんなで、子供たちも親二人もかなり満足して来れました。

遊園地を出て夕食を食べに市街地へ。
順徳は、道路の規制が結構ゆるく感じました。
街は思ったより栄えてて、チョット意外でした。

カミさんのママ友の旦那さんが普段順徳に住んでおり、
丁度、家族で旦那さんのマンションで春節を過ごすとの事。
そんなで合流、二家族一緒に食事をしました。
かなり美味しいところを紹介してもらえ、これまた満足!

それにしても、同じ年頃の子供が6人集まると賑やかです。
しかも、子供同士かなり仲が良いようで、余計うるさいのです。
車の中で、アナと雪の女王を合唱された時は、流石にしんどかったですね。

今回の順徳日帰り旅行は、かなり良かったです。
と言うか、順徳の街は何となく好きになれそうな街でした。
かなりお気に入りの場所になった感じです。
でも、正直、車がないと大変だと思います。

前に住んでた上海松江って感じだったのが良かったのかも。
松江の時は車がありましたのでかなり快適でした。

順徳は、チビ達の学校の問題さえ無ければ、住んでみても良いかな?
そんな風に思えちゃいました。

と言うことで、順徳放浪記でした。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

知らなかったのですが、広州の交通ルールに、
小さい子供を助手席に座らせてはならないと言うのがあるとの事。
順徳放浪中はチビがずっと助手席に座ってました。

もしかしたら、カメラで撮られていたかもしれないですね。。。
イヤイヤイヤ、運良くかわせれていればありがたいです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


2015-02-26

『広州の春節』

広州での春節についてです。

当初、カミさんの実家へ行って過ごすと思ってたのですが、
カミさんより却下されちゃったので、まるっきり予定がなくなり、
良い機会なので、広州春節でも堪能しようと思ったわけです。

今年は、10日間と言う、カナリ長いお休みとなっていたのですが、
思い切って期間中基本PCとおさらばし、
思いっきりアナログの世界を過ごしてみました。

とは言ったものの、日本は思いっきり仕事してるので、
仕事のメールチェックだけは、するようにしました。

それ以外は、基本何もしない!
そう決めて過ごしました。

だから、ブログメルマガも故意的の発行しませんでした。

で、やってみて分かった事は、、、
何もやる事が見つからない!ということ。

正直、ショックでした。

過去、自分にまとまった自由な時間がなかなか取れなかったのですが、
いざ取れてみると何もやる事が思いつかないのです。

そもそも、出不精な性格で、何も外圧が無いと、
ダラダラする性格だったようです。

これからは、ある程度計画を立てて過ごしたいと思います。

さて、広州春節はと言うと、市内では花火、爆竹は禁止なので、
流石にうるさくて迷惑と言うことはありませんでした。
2000年ミレニアムイヤーの上海は、銃撃戦でも起きたのか?
と、ビックリする程でしたが、そんな事を思い出しつつ、
今の上海はどんな感じかしら?なんて想像してしまいました。

それにしても、何かにつけ上海と比べてしまうのは何故なのでしょう?
自分でもカナリ不思議なのですが、気がつくと比べてしまいます。
悪い癖化しつつあるようですね。

それなりに中国春節を知っているつもりではありましたが、
それなりにカルチャーショックはありました。

広州春節で一番ショッキングだったのは、紅包(お年玉?)です。

事前に、春節にカナリの方々に紅包をあげねばならない!
と言う噂と言うか、しきたりがあるとは聞いてはいました。

例えば、マンションの管理組合の方々に心付けをするとか、
新年の第1日目に従業員に紅包を渡すとか、しかも個人的に。

ある程度、情報は仕入れてたので、それなりに免疫力はあるはず!
だったのですが、、、それでも度胆を抜かれちゃいました。

それは、新年の朝食に折角なので広州らしく飲茶(ヤムチャ)をと、
近くのレストランに朝食をと行った時の事でした。

なんと、お客さんが店員さんに紅包を配っているではありませんか!
しかも、一つや二つのテーブルだけでなく、
見た感じ、半数以上のテーブルがそんな事をしていました。

正直、嘘だろ!って思いましたね。

で、流石に自分はやらないぞ!って。
郷に行っても従わざるで行く!
そう、心に決めつつの朝食でした。

いつも顔を突き合わせそうな近い関係は仕方ないと思いますが、
そうでもない方々には、、、流石にあげられません。。。よね???

でも、実際には、あげてる人が普通にいるんですね。
しかも、心ばかりと一人に10元程度包んでたとして、、、
この春節中にいくらばらまくのか?

私自身、本日合計2000元程会社でバラマキましたが、、、
それは、郷に入ればと言うこともあり、立場的にも仕方ないですが、
彼らはいくらばらまくのか???
チョット、怖い感じでした。
金持ちは、相当金持ちって事なのでしょうか?

まぁ、それはさておき、
このしきたりをシッカリと潜り抜けないと面倒との噂も。。。
紅包をあげないと、、、
あからさまに態度が悪くなるとか、
意地悪をされちゃうだとか、
まぁ、それはマイナスポイントをゲットしまくれるとの事。

だから郷に従ったのですが、、、
もらったみんなは、嬉しそうだったので、
それはそれでよかったのではないかと思っています。

と言う事で、広州春節カルチャーショックを受けた話でした。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

本日は、春節明け初日でした。

春節前キレイだった予定表が、、、
イキナリ汚れ始めました。
もう、3月は、数日しか空白日が無くなってしまいました。

うーん、もう少し落ち着いてデスクワークがしたいです。
たまには。
まぁ、無理な願いなのかもしれませんね!
本来、贅沢って思わないとバチが当たるかも知れません!
救いは、退勤時間がほぼ定時って事なのかもしれませんね。
ここが侵食されそうな匂いがするのは、気のせいでしょうか?

まぁ、なるようになるだけですな!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


2015-02-13

『成果の叩き出し方』

成果の叩き出し方!
チョットかっこいいお題ですが、私自身が思うところを、
経験を基に書いてみたいと思います。

まず、行動を起こしているかどうか?
行動無しに結果は出ないわけですから、行動している事が前提です。

次に、その行動の質と量です。
当然ながら、ただダラダラと行動を起こしていても結果は知れてます。
その質が物を言いますが、やはり、渦の中心にならねばなりません。

遠慮していては、渦の中心になれません。
ある意味、介入してしまうぐらいの勢いが重要です。
介入し、影響し、何もかも変えてやるぐらいの気概が欲しいですね。

で、実はこれだけでは成果が上がらない事があります。

何故なのか?と言うと、
圧倒的な行動量でない為。

自身の周囲で相対的には行動している感じ。
でも、絶対的な観点からはまだまだだったりします。

負のスパイラルを乗り越えていく為には、まず相当な行動量が必要!

要は、借金をして、利息プラスアルファーを払わないと、
借金はいつまで経っても減らないのと同じ事で、
まだまだ、行動量が足りない為、借金を減らせないのです。

だから、絶対量で勝負するしかないのです。

私の思う絶対量は、1000だと思っています。
1000時間とか
1000日とか
1000回とか
それぐらい行動してみると結果は勝手に出てきます。

石の上にも三年とは良く言ったもので、丁度1000日ぐらいですし、
やはり、昔からそう言う法則が成り立つのではないかと思います。

過去を振り返って、行動したつもりだけどうまくいかなかった事を
思い出してみて下さい!
きっと、絶対量が足りない為だったと言える部分がある事でしょう。

私自身は、それに気付けたから変われたのだと思います。

それに気付けたら、儲け物!
もう、脳ミソの中は、絶対量の書き換えられている為、
行動量は絶対量でカウントを始めるはずです。

そして、絶対量の上限は体験によります。
圧倒的な行動を起こしている人と会ってみたり、
切磋琢磨出来る仲間を増やしてみたり、
様々な方法で絶対量の上限を上げていきましょう。

まぁ、これも一種の行動のですし、とても上質の行動です。

私は、運良く圧倒的な行動力を持った方とお会いする事がありました。
多分、この辺りが我がターニングポイントだったのかと思います。

と言う事で、成果の叩き出し方についてでした。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

編集後記

本日は、香港出張でした。
今帰りのフェリーの中です。

今日は、香港で初めて食事らしい食事ができました。
いつもバタバタして、ゆっくり出来なかったのですが、
5回目にしてやっとこさ上手く事が運びました。

今度は、仕事ではなく、ゆっくりと旅行でもしてみたいです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲