電子竹林:Blog

[TOP]- [Movie] [Book] [Mac] [Tech] [Food] [Travel] [Photo] [Art] [TV] [Comic] [Ent-] [Diary] -[About] -[電子竹林]
 

2019-01-20

[]「ミスター・ガラス」-Glass-

M・ナイト・シャマラン監督。不死身の肉体と感知能力を持つデヴィッド(ブルース・ウィリス)は、24の人格を持つケヴィン(ジェームズ・マカボイ)から被害者を助けようとするが二人とも警察に捕獲される。精神分析医ステイプル(サラ・ポールソン)はデヴィッド、ケヴィン、そして高いIQを持つミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)が信じている超人が妄想である事を証明しようとするが…。「アンブレイカブル」(id:zom-1:20010101#p1)、「スプリット」(id:zom-1:20170514#p1)とつながる世界。映画的には結構好きだし、不確かでひねりまくった世界観、妙なミスディレクションとか彼らしい。アメコミ映画全盛に対するアンチテーゼでもあるのだろうか。アメコミな派手さはないのでその変は好き嫌いありそうな映画。

https://www.disney.co.jp/movie/mr-glass.html

2019-01-19

[]「バジュランギおじさんと、小さな迷子」-Bajrangi Bhaijaan-

カビール・カーン監督脚本。パキスタンの小さな村、声が出せない少女シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)と母はインドのイスラム寺院へ願掛けへ出かけるが、帰りにシャヒーダーは母とはぐれインドに取り残されてしまう。ハヌマーン神を信仰し恋人ラスィカー(カリーナ・カプール)の家に居候するパワン(サルマーン・カーン)は偶然にシャヒダーを助ける、やがてパキスタンへ送り届ける事を決意するが…。インドでの大ヒット作。演出はベタなとこ多いけど、子役の可愛さとインド/パキスタンの関係を真っ向から取り上げてる社会性は高く評価できる。変化にとんだ展開もなかなかに上手い。特にパキスタンへ入ってからの入り乱れ方は面白いし、ジャーナリストのチャンド・ナワーブ(ナワーズッディーン・シッディーキー)の存在も上手い。パキスタンの山の自然がほんとスイスみたいに美しいのも驚き。

http://bajrangi.jp/

[]「夜明け」

広瀬奈々子監督。涌井(小林薫)は川辺でシンイチ(柳楽優弥)を助け、木工所での仕事を教える。シンイチは木工所の庄司(YOUNG DAIS)、米山(鈴木常吉)、宏美(堀内敬子)たちと打ち解けていくが…。是枝裕和西川美和の制作者集団「分福」の広瀬奈々子の初監督。そのグループらしく、地味だけどいいヒューマンドラマ。かなり地方感があるけど、千葉県ってのも面白い。柳楽優弥小林薫が中心だけど、脇の鈴木常吉(イカテンの元セメントミキサーズ)もフラフラした感じがすっごくいい^^

http://yoake-movie.com/

2019-01-18

[]「チワワちゃん」

二宮健監督脚本、岡崎京子原作。ミキ(門脇麦)は東京湾で発見されたバラバラ死体がかつての知り合いチワワ(吉田志織)だという事を知る。チワワはヨシダ(成田凌)、カツオ(寛一郎)、ユミ(玉城ティナ)、ナガイ(村上虹郎)、サヤカ(古川琴音)たちバカ騒ぎした仲間の一人だったが、ミキはチワワの事を何も知らなかったと気づくが…。最初の手持ちカメラが辛いけど、全体には悪くない。ちょっと心の中に入りきれてない感じはあるが。チワワのチワワっぽさがいいし脇役もみんないい。芯となるはずの門脇麦は今回はイマイチよくないなあ。サカタ演じる浅野忠信の登場シーンはかなりいいと思ったが、良すぎて全体の中ではちょっと浮いてしまったか。栗山千明はちょっとだけ。

https://chiwawa-movie.jp/

2019-01-13

[]「蜘蛛の巣を払う女」-The Girl in the Spider's Web-

フェデ・アルバレス監督、ダビド・ラーゲルクランツ原作。リスベット(クレア・フォイ)は、核攻撃プログラムをNASAから奪還する仕事をその開発者であるバルデル教授から受け成功するが、謎の集団に奪われる。バルデル教授、その息子アウガストは保護され、一方、NSAのカザレスは独自に事件を追う。雑誌ミレニアムの ミカエル(スベリル・グドナソン)はリスベットの父の犯罪組織との関係に気づき、双子の妹カミラ(シルビア・フークス)の組織が近づくが…。フィンチャー版「ドラゴン・タトゥーの女」(id:zom-1:20120225#p1)のルーニー・マーラ演じるリスベットが強烈によかったので、女優交代はかなり残念。監督交代も残念。今回のリスベット老けすぎ(3年しか経ってないのに)。ミステリー性よりはアクション性が強いが、そこはまあ成功していいる。でも007やイーサン・ハントやジェイソン・ボーンみたいな感じで、これは最初3作のイメージとはかなり違う。原作自体がラーソンからラーゲルクランツへ移った影響が大きいか。

http://www.girl-in-spidersweb.jp/

2019-01-12

[]「世界一と言われた映画館」

佐藤広一監督。かつて山形県酒田市に存在し、淀川長治が「世界一の映画館」と評したグリーン・ハウス。愛されたグリーン・ハウスは1976年10月に起きた酒田大火、消失家屋1774棟、死者1名、負傷者1003人の火元となるが…。初代支配人の佐藤久一が作り上げた映画館についてのドキュメンタリー。インタビューは面白いが、全体にはノスタルジーが作り上げている印象。そこが良くても、酒田大火の話の方が比重が大きくて微妙に引っかかる。上々颱風の白崎映美の話が一番面白かったな。ナレーターは大杉漣

http://sekaiichi-eigakan.com/

2019-01-11

[]「クリード 炎の宿敵」-Creed II-

スティーブン・ケイプル・Jr.監督。ロッキー(シルベスター・スタローン)の元で世界チャンピオンになったアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)はビアンカ(テッサ・トンプソン)との生活も順調。そして、アドニスは、かつて父アポロの命を奪ったドラゴの息子ヴィクター(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ)と対戦することになるが…。父の世代の因果を引きずって、歴史は繰り返す感じな展開は古臭い。全体にはダメじゃないけど新しさはまったくないな。それより、全体にリッチ感ある米国ロッキー側に比べてハングリーで屈折した心理を持ったロシア側に感情移入してしまうのだけど。後半のロッキーの取ってつけたハングリー精神な特訓はワザとらし過ぎる。

http://wwws.warnerbros.co.jp/creed/

2019-01-10

[] 2018年 外国映画ベスト10

2018年に劇場で観たのは217本、うち外国映画118本。マイナーにも良作多し。

1)「犬ヶ島」(id:zom-1:20180601#p1) アンダーソンのまた一つの不思議な世界

2)「シュガー・ラッシュ オンライン」(id:zom-1:20181223#p1) 全体テーマから細部まで文句なし

3)「リメンバー・ミー」(id:zom-1:20180316#p1) 最後の畳み掛けのスピード感の素晴らしさ

4)「ウインド・リバー」(id:zom-1:20180815#p1) 厳しい自然と地方の闇を描く上手さ

6)「レディ・プレイヤー1」(id:zom-1:20180421#p1) ポップカルチャーの連続パンチが楽しい

7)「クワイエット・プレイス」(id:zom-1:20181002#p1) 設定からして面白い

8)「ブリグズビー・ベア」(id:zom-1:20181218#p1) オフビート、社会派、映画愛

9)「パティ・ケイク$」(id:zom-1:20180720#p1) どん底感のラッパー、キャラがみんないい

10)「500ページの夢の束」(id:zom-1:20180924#p2) キャラとエピソードの構成がいい

次点)「アンダー・ザ・シルバーレイク」(id:zom-1:20181014#p1) 前半デ・パルマ後半リンチ風味

次点)「ダウンサイズ」(id:zom-1:20180303#p1) 「1/8計画」のパクリだと思って見逃してはいけない

次点)「殺人者の記憶法」(id:zom-1:20180128#p1) すごい設定の話に引き込まれる

次点)「レディ・バード」(id:zom-1:20180602#p1)17歳の繊細で大胆な心の動き

次点)「スリー・ビルボード」(id:zom-1:20180201#p1)最後には愛せるクズな人間たち

次点)「目撃者 闇の中の瞳」(id:zom-1:20180120#p1)善悪の視点が面白い

次点)「くるみ割り人形と秘密の王国」(id:zom-1:20181201#p1)子供向けだけでは勿体ない

[] 2018年 外国映画ワースト5

2018年に劇場で観たのは217本、うち外国映画118本。

1)「嘘はフィクサーのはじまり」(id:zom-1:20181110#p1) 盛り上がりに欠け最後がっかり

2)「デス・ウィッシュ」(id:zom-1:20181026#p1)時代のズレ感強い「狼よさらば

3)「女と男の観覧車」(id:zom-1:20180623#p2) まったく冴えないウディ・アレン

4)「プーと大人になった僕」(id:zom-1:20180916#p1) 前半超退屈、中盤退屈

5)「メイズ・ランナー 最期の迷宮」(id:zom-1:20180615#p1) やっと完結してくれて感謝

[] 2018年日本映画ベスト10

2018年に劇場で観たのは217本、うち日本映画99本。下半期の方が良い映画が多かった

1)「万引き家族」(id:zom-1:20180603#p1) 骨太社会派、役者がみんないい

2)「生きてるだけで、愛。」(id:zom-1:20181111#p1) 趣里の圧倒的存在感

3)「響 HIBIKI」(id:zom-1:20180915#p1) 上手い映像化、平手友梨奈の使い方がいい

4)「来る」(id:zom-1:20181207#p1) 心の闇を深く描く巧みな構成と演出

5)「さよならの朝に約束の花をかざろう」(id:zom-1:20180225#p1) 鮮やかな技術で彩るファンタジー

6)「検察側の罪人」(id:zom-1:20180824#p1) 原田眞人の冴えた社会派

7)「寝ても覚めても」(id:zom-1:20180918#p1) 静かな緊張感と狂気

8)「きみの鳥はうたえる」(id:zom-1:20180915#p3) 不思議な空気感に石橋静河が合う

9)「空飛ぶタイヤ」(id:zom-1:20180617#p1) うまく整理され社会派として成立

10)「四月の永い夢」(id:zom-1:20180516#p1) フツーの感じの感情が心に沁みる

次点)「若おかみは小学生!」(id:zom-1:20180924#p1) 大人も満足の吉田玲子の脚本の冴え

次点)「坂道のアポロン」(id:zom-1:20180311#p1) 音楽のシーンがすべてイイ

[] 2018年日本映画ワースト5

1)「ONLY SILVER FISH - WATER TANK OF MARY’S ROOM」(id:zom-1:20181211#p1) 成立してる?

2)「曇天に笑う」(id:zom-1:20180325#p1)ひたすら平凡な展開

3)「blank13」(id:zom-1:20180225#p2) 齊藤工は俳優に専念して欲しい

4)「GODZILLA 決戦機動増殖都市」(id:zom-1:20180520#p2) 色々詰め込みすぎな中二病

5) 「キスできる餃子」(id:zom-1:20180705#p1) 宇都宮宣伝映画以上のモノはない

次点)「純平、考え直せ」(id:zom-1:20180923#p3) 驚くほど平凡なキャラとエピソード

次点)「青夏 きみに恋した30日」(id:zom-1:20180816#p1) コレを見た私が悪かった

2019-01-05

[]「迫り来る嵐」-暴雪将至 The Looming Storm-

ドン・ユエ監督。1997年、湖南。国営工場の警備員ユィ・グオウェイ(ドアン・イーホン)は近所で発生した連続殺人事件に興味を持つ。ユィは捜査担当ジャン警部(トゥ・ユアン)に無断で部下リゥ(チェン・ウェイ)ととも捜査を進め、被害者に似たイェンズ(ジャン・イーイェン)と出会うが…。改革による経済途中の時代で地方にそれが広がっていた頃。そういう時代背景はかなり面白い。日本で言えば戦後の復興の地方みたいな頃か。事件自体はえー、そういう展開なのか、で最後はここで終わり的な驚きがある(悪い意味で)。まあ、これはこれで深みはある気はするが。

http://semarikuru.com/

2018-12-31

[]「ニセコイ

河合勇人監督、古味直志原作。集英組組長のひとり息子・一条楽(中島健人)は幼い頃に出会った少女との再会を夢見ながら、クラスの小咲(池間夏海)も気になっていた。ある時、転校生の千棘(中条あやみ)がやってくるが、千棘は実はギャングの一人娘。抗争を止めるため、楽と千棘は偽物の恋人となるが…。ジャンプのラブコメ、原作は未読、アニメはちょっとだけ。まあ、いかにも漫画な話で、演出もその線で映画としてはイマイチな感じ。中条あやみも池間夏海も特に面白くもない演技かな。万里花(島崎遥香)とか存在感薄く、映画では省略して良かったんではないか。ラストの文化祭はちょっとアニメ版とは違う展開だった。

http://nisekoi-movie.jp/

2018-12-30

[]「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

前田哲監督。筋ジストロフィーの鹿野靖明(大泉洋)は、北大医学部の田中久(三浦春馬)ボランティアたちの協力で在宅治療を続けていた。ある時、田中の恋人である安堂美咲(高畑充希)が鹿野の家を訪ね、そのワガママぶりに翻弄されるが…。難病モノっていう事だけど、お涙な頂戴なトコに行っていないのはいい、上手くまとめた感じ。しかしワガママすぎだが、これでいいのかと色々考えてしまう。それぞれの葛藤も表面的すぎるしなあ。

http://bananakayo.jp/

 
[TOP]- [Movie] [Book] [Mac] [Tech] [Food] [Travel] [Photo] [Art] [TV] [Comic] [Ent-] [Diary] -[About] -[電子竹林]