はだしのゲン

はだしのゲン

(テレビ)
はだしのげん

2007年8月10日、8月11日の2夜連続フジテレビ系列にて“千の風になって”ドラマスペシャル第3弾として放送されたドラマ。

スタッフ

  • 原作:中沢啓治「はだしのゲン」
  • 脚本:君塚良一
  • 演出:西浦正記(前編) 村上正典(後編)
  • 音楽:佐藤直紀
  • テーマソング:秋川雅史「千の風になって」
  • 企画協力:新井満
  • プロデューサー:増本淳 小椋久雄
  • 制作協力:共同テレビ
  • 制作著作:フジテレビ

出演

中井貴一、石田ゆり子、小林廉、中尾明慶、小野明日香、今井悠貴、矢島健一、中島ひろ子、市川勇、深浦加奈子、升毅、鶴田忍、大河内浩、さくら、小林すすむ、ト字たかお、田中要次、成宮寛貴、りょう、村田雄浩、平田満、佐藤B作、左時枝、杉本哲太、勝村政信、小野武彦、山本學

はだしのゲン

(マンガ)
はだしのげん

中沢啓治による漫画作品。

概要

作者自身をモデルとしたと思われる「中岡元(ゲン)」をはじめとする少年少女たちが、広島の原爆投下でいろいろなものを失いながらも、戦中・戦後の日本を強く生きていく物語。筆者自身の広島での被爆体験が元になっている。
戦争体験や原爆について後世に伝えるマンガとして国内外で高い評価を得る。近年は、イデオロギーを超えたところで再評価もされている(「2ちゃんねる」でも評価は肯定的であることが多い)。

『戦争のばかたれ!原爆のばかたれ!』

連載期間・連載誌

  • 1973年〜1974年:週刊少年ジャンプ(集英社)・・・1年半の連載(1〜4巻)
  • 1975年〜1976年:市民勁草書房)・・・1年の連載(5〜6巻)
  • 1977年〜1980年:文化評論新日本出版社、日本共産党系)・・3年半の連載(6〜8巻)
  • 1982年〜1985年:教育評論(日教組機関誌)・・3年半の連載(9〜10巻)

コミックス

はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (2) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (2) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (3) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (3) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (4) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (4) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (5) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (5) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (6) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (6) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (7) (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン (7) (中公文庫―コミック版)

リスト::漫画作品タイトル

ネットの話題: はだしのゲン

人気

新着

新着ブログ: はだしのゲン