アドマイヤベガ

アドマイヤベガ

(スポーツ)
あどまいやべが

アドマイヤベガ

生年月日 1996年3月12日生まれ-2004年10月29日没・牡・鹿毛
生産者 ノーザンファーム(北海道早来)
サンデーサイレンス
ベガ
母の父 トニービン
馬主 近藤利一
管理調教師 橋田満(栗東)
競走成績 8戦4勝
主な勝ち鞍 ラジオたんぱ杯3歳S 日本ダービー 京都新聞杯
備考 全弟アドマイヤボス 半弟アドマイヤドン



アドマイヤベガは栗東トレーニングセンター橋田満厩舎に所属した競走馬。二冠牝馬ベガの初仔である。1998年11月のデビュー戦で1位に入線したが斜行により4位降着となった。2戦目は格上挑戦となる特別エリカ賞を快勝し、続いてラジオたんぱ杯3歳Sも勝ち重賞初制覇。1999年シーズンは弥生賞から始動しナリタトップロードの2着、続いて挑戦した皐月賞は中間の体調不良も響きテイエムオペラオーの6着に終わった。日本ダービーでは自らのキャリアで初めて一番人気を譲ったが、レースではナリタトップロード以下を下しアイネスフウジンのタイレコードで快勝、武豊に二年連続のダービー優勝をもたらした。秋シーズンは京都新聞杯を勝ち菊花賞に駒を進めたが、ナリタトップロードに雪辱され3着に終わった。このレース後休養に入り、宝塚記念での復帰を目指していたが左前脚の繋靭帯炎を発症、2000年7月に引退した。引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬となり、初年度産駒が出走を迎えた2004年の10月29日に偶発性胃破裂で急死した。享年8歳。アドマイヤフジ、テイエムドラゴン、キストゥヘヴンなどが活躍しているが、残された産駒はわずか4世代となる。

アドマイヤベガの血統



サンデーサイレンス
*Sunday Silence
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
ベガ トニービン
*Tony Bin
Kampala Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
アンティックヴァリュー
*Antique Value
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Moonscape Tom Fool
Brazen


リスト::競走馬

新着ブログ: アドマイヤベガ