アンペルマン

(一般)
あんぺるまん

旧東ドイツの歩行者用信号機に使われていたキャラクター。

東西ドイツ統一後、信号機も統一される予定であったためアンペルマンは消滅の危機にあったが、市民の声により復活。現在でもベルリンで実際に歩行者用信号機として使われており、さまざまなキャラクターグッズが作られている。日本では2010年7月に「アンペルマンショップ白金高輪」が、2013年4月に「AMPELMANN Shop Tokyo」(東京・渋谷)がオープン。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ