オグリキャップ

オグリキャップ

(スポーツ)
おぐりきゃっぷ

オグリキャップは日本中を競馬ブームに巻き込んだ空前のアイドルホース。
元祖「怪物」ハイセイコーに準え「怪物二世」と呼ばれた。


オグリキャップは公営笠松競馬の出身で、サンオーイなどで有名な佐橋五十雄*1氏が笠松所属時のオーナー小栗孝一氏を口説き落とし中央に転厩させると、圧倒的な強さで重賞6連勝し注目を浴びた。当歳時のクラシック登録が無く三冠競走には出走出来なかったものの、後の皐月賞馬ヤエノムテキや古馬ランドヒリュウを問題にせず退け、戦わずして同世代最強を示した。その年締めくくりの有馬記念で強豪タマモクロスを退けグランプリホースの勲章を手に入れた。翌シーズンは毎日王冠でのイナリワンとの壮絶なたたき合い、ジャパンカップでホーリックスと世界レコードタイム決着での死闘、更にGI連闘によるマイルCS優勝など、勝ち負けを超越したレベルで怪物オグリキャップを強く印象付けた。引退年である1990年春は武豊を鞍上に迎え危なげ無く安田記念を制したものの、宝塚記念の2着後に脚部不安を発症、予定されていた米国アーリントンミリオンへの遠征プランをキャンセルし休養した。秋シーズンは増沢末夫騎手を鞍上にぶっつけで臨んだ天皇賞(秋)、続くジャパンカップを共に見せ場無く敗れ限界説を囁かれた。しかし再び武豊の騎乗で引退レースとして挑んだ有馬記念では奇跡的な復活勝利を遂げ、「オグリ」コールと共に自らの引退に花を添えるとともに伝説的な存在となった。


引退後は18億円のシンジケートが組まれ種牡馬入りしたものの、目立つ産駒を出すことは出来なかった。すでにシンジケートは解散しており、2007年現在種牡馬も引退している。1992年から笠松競馬場の記念冠競走「オグリキャップ記念」が開催されている。現在は功労馬として優駿スタリオンステーションに繋養されており、1998年9月13日によみうりランドにて展示。2005年4月29日笠松競馬場で行われたオグリキャップ記念にて里帰り。2008年11月9日の東京競馬場「アジア競馬会議」記念行事の一環としてパドックを周回、展示され衰えない人気を示した。


2010年7月3日午後2時頃、繋養先の優駿スタリオンステーション内の展示用パドックでオグリキャップが転倒、右後肢脛骨を骨折した姿で発見された。獣医の診断を仰いだが複雑骨折で手の施しようがなく、安楽死処置が執られた。25歳であった。
その後、新冠のレ・コード館でお別れ会を行った*2。「第55回有馬記念」はオグリキャップメモリアルデーとして施行し、最終レースの「ハッピーエンドプレミアム」では「オグリキャップメモリアル」の副名称を付与して施行することとなった。

生年月日
1985年3月27日
死没
2010年7月3日(25歳没)
生産地
北海道三石 稲葉牧場生産
性別
毛色
芦毛
馬主
小栗孝一
佐橋五十雄
近藤俊典
調教師
鷲見昌男(笠松)→瀬戸口勉(栗東)
競走成績
32戦22勝(地方12戦10勝 中央20戦12勝)
主な勝鞍
有馬記念2回 マイルCS 安田記念(以上GI) ペガサスS 毎日杯 京都4歳特別 高松宮杯 毎日王冠 オールカマー
獲得賞金
912,512,000円
表彰項目
1988年:JRA賞最優秀4歳牡馬(現最優秀3歳牡馬)
1989年:JRA賞特別賞
1990年:JRA賞年度代表馬・最優秀5歳以上牡馬(現最優秀4歳以上牡馬)
1991年:JRA顕彰馬
血統
父:ダンシングキャップ
母:ホワイトナルビー
母の父:Silver Shark
近親
妹:オグリローマン
主な産駒
オグリワン:小倉3歳S(現小倉2歳S)2着
アラマサキャップ:クイーンS2着
騎手
青木達彦
高橋一成
安藤勝己
河内洋
南井克巳
岡部幸雄
武豊
岡潤一郎
増沢末夫
主なライバルホース
タマモクロス
サッカーボーイ
イナリワン
メジロアルダン
スーパークリーク
バンブーメモリー
ヤエノムテキ
オサイチジョージ
ホワイトストーン
メジロライアン

関連語 動物 競馬 種牡馬

全競走成績

年月日 競馬場 距離 競走名 着順 騎手
1987年5月19日 笠松競馬場 ダ800 3歳新馬 -- 2 青木達彦
1987年6月2日 笠松競馬場 ダ800 3歳イ -- 1 高橋一成
1987年6月15日 笠松競馬場 ダ800 3歳イ -- 1 青木達彦
1987年7月26日 笠松競馬場 ダ800 3歳イ -- 2 高橋一成
1987年8月12日 笠松競馬場 ダ800 3歳イ -- 1 高橋一成
1987年8月30日 笠松競馬場 ダ1400 秋風ジュニア -- 1 安藤勝己
1987年10月4日 笠松競馬場 ダ1400 ジュニアクラウン -- 1 安藤勝己
1987年10月14日 中京競馬場 芝1200 中京盃 -- 1 安藤勝己
1987年11月4日 名古屋競馬場 ダ1400 中日スポーツ杯 -- 1 安藤勝己
1987年12月7日 笠松競馬場 ダ1600 師走特別 -- 1 安藤勝己
1987年12月29日 笠松競馬場 ダ1600 ジュニアグランプリ -- 1 安藤勝己
1988年1月10日 笠松競馬場 ダ1600 ゴールドジュニア -- 1 安藤勝己
中央転厩     笠松12戦10勝      
1988年3月6日 阪神競馬場 芝1600 ペガサスS GIII 1 河内洋
1988年3月27日 阪神競馬場 芝2000 毎日杯 GIII 1 河内洋
1988年5月8日 京都競馬場 芝2000 京都4歳特別 GIII 1 南井克巳
1988年6月5日 東京競馬場 芝1600 ニュージーランドT4歳S GII 1 河内洋
1988年7月10日 中京競馬場 芝2000 高松宮杯 GII 1 河内洋
3ヶ月間休養     調整      
1988年10月9日 東京競馬場 芝1800 毎日王冠 GII 1 河内洋
1988年10月30日 東京競馬場 芝2000 天皇賞(秋) GI 2 河内洋
1988年11月27日 東京競馬場 芝2400 ジャパンC GI 3 河内洋
1988年12月25日 中山競馬場 芝2500 有馬記念 GI 1 岡部幸雄
9ヶ月間休養     放牧      
1989年9月17日 中山競馬場 芝2200 オールカマー GIII 1 南井克巳
1989年10月8日 東京競馬場 芝1800 毎日王冠 GII 1 南井克巳
1989年10月29日 東京競馬場 芝2000 天皇賞(秋) GI 2 南井克巳
1989年11月19日 京都競馬場 芝1600 マイルCS GI 1 南井克巳
1989年11月26日 東京競馬場 芝2400 ジャパンC GI 2 南井克巳
1989年12月24日 中山競馬場 芝2500 有馬記念 GI 5 南井克巳
5ヶ月間休養     調整      
1990年5月13日 東京競馬場 芝1600 安田記念 GI 1 武豊
1990年6月10日 阪神競馬場 芝2200 宝塚記念 GI 2 岡潤一郎
4ヶ月間休養     脚部不安      
1990年10月28日 東京競馬場 芝2000 天皇賞(秋) GI 6 増沢末夫
1990年11月25日 東京競馬場 芝2400 ジャパンC GI 11 増沢末夫
1990年12月23日 中山競馬場 芝2500 有馬記念 GI 1 武豊


(地)オグリキャップの血統



ダンシングキャップ
*Dancing Cap
Native Dancer Polynesian Unbreakable
Black Polly
Geisha Discovery
Miyako
Merry Madcap Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Croft Lady Golden Cloud
Land of Hope
ホワイトナルビー シルバーシャーク
*Silver Shark
Bussion Ardent Relic
Rose o’Lynn
Palsaka Palestine
Masaka
ネヴァーナルビー *Never Beat Never Say Die
Bride Elect
センジュウ *Guersant
スターナルビー


リスト::競走馬

*1:後に佐橋五十雄氏が馬主資格を失う事態が発生、現役時に限り近藤俊典氏がオーナーとなる。

*2:ハイセイコーもこの場所でお別れ会を行った。

ネットの話題: オグリキャップ

人気

新着

新着ブログ: オグリキャップ