オリヴァー・ストーン

(映画)
おりう゛ぁーすとーん

Oliver Stone
監督、プロデューサー、脚本家、俳優

略歴

エール大に進学するもベトナム戦争に志願して従軍した。『プラトーン』はことのときの体験が基となっている。帰国後ニューヨーク大学でマーティン・スコセッシに師事、プロの脚本家となるものの全く売れず。暫くは不遇の時代を送る。1978年のアラン・パーカー監督作品『ミッドナイト・エクスプレス』の強烈な内容でアカデミー賞脚本賞を受賞、一躍売れっ子脚本家になる。そして1986年の大ヒット作『プラトーン』でアカデミー賞監督賞を受賞、さらには『7月4日に生まれて』でも監督賞を受賞。以後、強烈なメッセージの強い監督として問題作を連発しているが、そのアクの強さゆえに、観客によって好き嫌いが分かれる傾向がある。
麻薬所持逮捕やハイジ・フライス事件関係者だったなど、私生活でもスキャンダラスな話題を振いたこともある。

フィルモグラフィー

アカデミー賞

関連語

:映画監督

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ