Hatena Blog Tags

カネミ油症事件

(一般)
かねみゆしょうじけん

1968年に、(カネミ倉庫が出荷して)PCBなどが混入した食用油を摂取した人々に障害等が発生した、主として福岡県を中心とした西日本一帯の健康被害事件。ライスオイルを製造する際に、別配管で熱交換のために流していたPCBが漏れだし、食材と混合し、PCBからダイオキシン類が発生したものを商品にしたため、一般人の被害が拡大した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ