クレジット・デフォルト・スワップ

(一般)
くれじっとでふぉるとすわっぷ

意味

【credit default swap】 通称「CDS
クレジット・リスクに基づいて、デフォルト(債務不履行)した場合の損害金額を補償してもらうために、「プレミアム」と「プロテクション」をスワップする保険的な契約。リスクの「プロテクション」が、債権債務関係から切り離されて売買されるものであり、デフォルト発生による損害は、債権・債務の有無にかかわらず、CDS契約に基づいて支払うことになる。CDSの買い手は、債権者以外の第三者でも可能であり、CDSの売り手は、債務を保証する立場というわけではない。信用リスクをヘッジしたい者が、CDSの買い手として、期間中に一定の「プレミアム」を支払う代わりに、期間中のデフォルトに対する「プロテクション」をCDSの売り手から買い取って、当該期間中にデフォルトが発生した場合には、「プロテクション」を買い取った者が、CDSの売り手から損失相当額を受け取ることができるという仕組み。 信用リスクを第三者に移転させるCDSは、保証利率の推移によって「プレミアム」の指数を変化させるが、保証した支払いを担保する準備金制度のようなものが備わっているわけではない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ