グラックス兄弟

(一般)
ぐらっくすきょうだい

Gracchus
紀元前2世紀の共和制ローマの政治家・改革者。
兄ティベリウス・センプロニウス・グラックス(紀元前162年?〜133年)と弟のガイウス・センプロニウス・グラックス(紀元前153年〜121年)の二人。
いずれも護民官として土地所有に関する改革を試みたが、保守派の反撃を受けて失敗し、殺害されたり自殺に追い込まれたりしている。彼らの改革失敗によって、共和制ローマは末期の内乱の時代を迎えることになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ