Hatena Blog Tags

ジム・スタインマン

(音楽)
じむすたいんまん

Jim Steinman


アメリカ出身の作曲家、作詞家、ミュージシャン。
ヴァグネリアン(ワーグナー狂)で、長大で壮大な、オペラティックなロック(ロック・オペラ)を多数発表。

ミートローフ、ボニー・タイラー、セリーヌ・ディオンらに楽曲を提供。

  • 『66%の誘惑』Two Out of Three Ain't Bad (ミートローフ)
  • 『愛の翳り』Total Eclipse of the Heart (ボニー・タイラー)
  • 『涙のラストレター』Read 'em and Weep (バリー・マニロウ)
  • 『地獄のロックライダー』Bat Out of Hell (ミートローフ)
  • 『ロックン・ロール・ドリームス』Rock and Roll Dreams Come Through (ジム・スタインマン、ミートローフ)
  • 『暗闇にひとり』Left in the Dark (ジム・スタインマン、バーブラ・ストライサンド)
  • 『渚の誓い』Making Love Out of Nothing at All (エア・サプライ、ボニー・タイラー)
  • 『イッツ・オール・カミング・バック・トゥー・ミー・ナウ』It's All Coming Back to Me Now (セリーヌ・ディオン、ミートローフ)
  • 『愛にすべてを捧ぐ』I'd Do Anything For Love (ミートローフ)

などのヒット曲を発表。

映画の挿入歌、主題歌に、

ワールド・サッカーのテーマとしてもお馴染みのヴェルディの歌劇《アイーダ》の「後進曲」をアレンジした「Vittoria」などがある。

ミュージカル(ロック・オペラ)は、

  • ロマン・ポランスキーの映画『吸血鬼』をベースとした《ダンス オブ ヴァンパイア Tanz der Vampire》
  • スウェーデンで上演したグレタ・ガルボの半生を描いた《Garbo》
  • アンドリュー・ロイド・ウェッバー作曲で自身は作詞を担当したミュージカル《Whistle Down the Wind》(挿入『ノー・マター・ホワット』No Matter What はボーイゾーンが、タイトル曲はティナ・アレーナが公演を記念して録音し、それぞれ大ヒットとなった。


Bad for Good

Bad for Good

Tanz der Vampire: Das Musical

Tanz der Vampire: Das Musical

Whistle Down The Wind (1998 Original London Cast)

Whistle Down The Wind (1998 Original London Cast)

BAT OUT OF HELL-EXPANDED

BAT OUT OF HELL-EXPANDED

地獄のロック・ライダーII~地獄

地獄のロック・ライダーII~地獄

Royal Albert Hall Celebration [DVD] [Import]

Royal Albert Hall Celebration [DVD] [Import]

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ