スティーヴ・ライヒ

(音楽)
すてぃーう゛らいひ

Steve Reich


ラ・モンテ・ヤングやテリー・ライリー、フィリップ・グラスなどと並び現代音楽におけるミニマル・ミュージックのパイオニアの一人として知られる20世紀を代表するアメリカの作曲家。ライヒの音楽は、西欧クラシック音楽の要素のみならず、ジャズやアフリカ音楽などの構造、ハーモニー、リズムも積極的に採り入れている。 1966年から活動を続ける自身のアンサンブルは、過去3回来日し、96年には、彩 の国さいたま芸術劇場で「ドラミング」の演奏も行われた。ライヒの作品は、イリ・キリアン、ジェローム・ロビンス、ローラ・ディーン、アルヴィン・エイリー、モーリス・ベジャールなど多くの振付家の作品で使用されている。
代表作は『ドラミング』『18人の音楽家のための音楽』など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ