セントルイス・カージナルス

(スポーツ)
せんとるいすかーじなるす

St.Louis CARDINALS

野球チーム。MLBナ・リーグ中地区所属。

1876年にクリーブランド・ブルースとして発足し、ナショナルリーグ加盟。
翌年にはナショナルリーグ脱退。セントルイスに移転し、球団名をセントルイス・ブラウンズに変更。
1892年にブラウンズとしてナ・リーグに再加盟。
サイ・ヤングらクリーブランド・スパイダーズの選手を受け入れ、1899年、球団名をセントルイス・パーフェクトス、その翌年カージナルスに変更し現在に至る。

地区優勝9回、リーグ優勝17回、ワールドシリーズ優勝10回。*1

戦前はロジャース・ホーンスビーディジー・ディーンらが在籍し、最初の黄金期を築く。

1940年代から1950年代にかけて、スタン・ミュージアルを中心に第2期黄金時代を築く。レッド・シェーンディーンストイノス・スローターらの名選手を擁した。

1960年代はシェーンディーンストが監督としてチームを率い、大投手ボブ・ギブソンスティーブ・カールトンをはじめ、俊足のルー・ブロック、巧打者ケン・ボイヤーカート・フラッドフリアン・ハビエルらの活躍で1964年、1967年と2度のワールドシリーズ制覇を果たし、第3期黄金時代を築く。

1970年代、捕手テッド・シモンズキース・ヘルナンデスが台頭。

1980年代はオジー・スミスボブ・フォーシュブルース・スーターウィリー・マギーの活躍で強豪復活し、1982年、1988年とワールドシリーズを制覇。

1990年代はトッド・ジールレイ・ランクフォードブライアン・ジョーダンが在籍し活躍。
1999年、マーク・マグワイアが年間70本塁打の記録を達成したことで話題に。

2006年、ワールドシリーズ10度目の制覇を果たす。

現在はアルバート・プホルススコット・ローレンジム・エドモンズクリス・カーペンターらが在籍している。
日本人選手では田口壮が在籍。

なお、NFLのアリゾナ・カージナルスもセントルイスに本拠地を置いていた1960年代から1980年代にかけて同じチーム名を名乗っていた。

*1:ワールドシリーズ出場・優勝回数はニューヨーク・ヤンキースに次いで2位。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ