ソウシハギ

ソウシハギ

(動植物)
そうしはぎ

カワハギ科ウスバハギ属の海水魚。草紙剥。学名は「Aluterus scriptus」。

概要

黄色の体に青の波模様や黒の斑点模様があり、うちわのような大きい尾びれが特徴。
体内に猛毒パリトキシンを含んでおり、食べると死に至る危険性がある。沖縄では「センスルー」と呼ばれ、毒のある内臓を除いて食用される。

※写真は幼魚

ネットの話題: ソウシハギ

人気

新着

新着ブログ: ソウシハギ