バガージマヌパナス

(マンガ)
ばがーじまぬぱなす

バガージマヌパナス―わたしの島の物語 講談社コミックスデザート (79巻)
栗原まもる(著),池上永一
コミック:199p;サイズ(cm):18
出版社:講談社;ISBN:406341079X;(2000/03)

出版社/著者からの内容紹介
海と太陽の香りに満ちた南の島。ゆっくりと流れる時間のなか、気ままな人生を送ってきた少女・綾乃。運命の大きなターニング・ポイントは、ある夏の日、突然やってきた。日本ファンタジーノベル大賞受賞作を栗原まもるが鮮烈なタッチで漫画化!!

原作のファンでも、独特のテンポとけれん味のないタッチで好感が持てる漫画です。

バガージマヌパナス

(読書)
ばがーじまぬぱなす

バガージマヌパナス―わが島のはなし 文春文庫
池上永一(著)
文庫:317p;サイズ(cm):148x105
出版社:文芸春秋;ISBN:4167615010;(1998/12)

出版社/著者からの内容紹介
沖縄の自然に抱かれ育った美少女綾乃が聞いた神様の御告げとは。豊かな伝承と少女の感性が見事にマッチした現代人必読の一冊!

内容(「BOOK」データベースより)
「ワジワジーッ(不愉快だわ)」ガジュマルの樹の下で19歳の綾乃は呟く。神様のお告げで、ユタ(巫女)になれと命ぜられたのだ。困った彼女は86歳の大親友オージャーガンマーに相談するが…。あふれる方言、三線の音、沖縄の豊かな伝承を舞台に、儚い物語の幕が上がる。第6回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ