バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

(映画)
ばーどまんあるいはむちがもたらすよきせぬきせき

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

  • 2014年|アメリカ|カラー|119分|画面比:1.85:1|映倫:PG12|MPAA: R*1

概要

かつてヒーロー映画『バードマン』で人気を博した俳優リーガンは、今や失意の日々を送っていた。彼は復活を期すべく、レイモンド・カーヴァーの短編「愛について語るときに我々の語ること」を脚色し、自らの演出&主演作としてブロードウェイに立とうとする。しかし共演者の怪我で新たにメンバーとなった俳優マイクの実力が、次第にリーガンの心理的負荷となっていく。やがてバードマンまで出現し、次第に追い詰められていくリーガンだが…。
批評家からも大絶賛を浴びたドラメディ。全編ほぼ1ショットに見える映像も話題となった。

予告編

アカデミー賞

  • 受賞:作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞
  • 候補:録音賞、音響編集賞、主演男優賞(マイケル・キートン)、助演男優賞(エドワード・ノートン)、助演女優賞(エマ・ストーン)

*1:Rated R for language throughout, some sexual content and brief violence.

新着ブログ: バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)