ラオール・ウォルシュ

(映画)
らおーるうぉるしゅ

Raoul Walsh(1887-1980)
映画監督。
1887年3月11日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。

主な監督作

  • 『遠い喇叭』(1963)
  • 『ペルシャ大王』(1960)
  • 『不死身の保安官』(1959)
  • 『裸者と死者』(1958)
  • 『南部の反逆者』(1957)
  • 『ながれ者』(1956)
  • 『流転の女』(1956)
  • 『愛欲と戦場』(1955)
  • 『たくましき男たち』(1955)
  • 『サスカチワンの狼火』(1954)
  • 『限りなき追跡』(1953)
  • 『海賊船シーデビル号の冒険』(1953)
  • 『海賊黒ひげ』(1952)
  • 『決斗!一対三』(1952)
  • 『世界を彼の腕に』(1952)
  • 『艦長ホレーショ』(1951)
  • 『死の砂塵』(1951)
  • 『遠い太鼓』(1951)
  • 『死の谷』(1949)
  • 『白熱』(1949)
  • 『或る日曜日の午後』(1948)
  • 『賭博の町』(1948)
  • 『特攻戦闘機中隊』(1948)
  • 『高原児』(1947)
  • 『追跡』(1947)
  • 『傷だらけの勝利』(1945)
  • 『北部への追撃』(1943)
  • 『戦場を駈ける男』(1942)
  • 『鉄腕ジム』(1942)
  • 『いちごブロンド』(1941)
  • 『壮烈第七騎兵隊』(1941)
  • 『大雷雨』(1941)
  • 『ハイ・シエラ』(1941)
  • 『夜までドライブ』(1940)
  • 『暗黒の命令』(1939)
  • 『彼奴は顔役だ!』(1939)
  • 『セントルイス・ブルース』(1939)
  • 『カレッジ・スイング』(1938)
  • 『画家とモデル』(1937)
  • 『友人と兵隊』(1937)
  • 『ラヂオの歌姫』(1937)
  • 『アメリカの恐怖』(1936)
  • 『浪費者』(1936)
  • 『友情と兵隊』(1936)
  • 『美しき野獣』(1936)
  • 『夜毎八時に』(1935)
  • 『男の魂』(1935)
  • 『ハアさんの捕物帳』(1935)
  • 『夜毎八時に』(1935)
  • 『虹の都へ』(1933)
  • 『バワリイ』(1933)
  • 『水夫上陸』(1933)
  • 『山に住む女』(1932)
  • 『金髪乱れて』(1932)
  • 『再生の港』(1931)
  • 『各国の女』(1931)
  • 『貞操切符』(1931)
  • 『ビッグ・トレイル』(1930)
  • 『藪睨みの世界』(1929)
  • 『巴里よいとこ』(1929)
  • 『港の女』(1928)
  • 『紅の踊』(1928)
  • 『無頼漢』(1928)
  • 『猿は語る』(1927)
  • 『カルメン』(1927)
  • 『栄光』(1926)
  • 『漂泊ひ人』(1926)
  • 『ハレムの貴婦人』(1926)
  • 『スエズの東』(1925)
  • 『バグダッドの盗賊』(1924)
  • 『南海の情火』(1923)
  • 『世界を敵として』(1922)
  • 『女は誓ひぬ』(1921)
  • 『セレナーデ』(1921)
  • 『最強者』(1920)
  • 『紫影の女』(1920)
  • 『走馬燈』(1920)
  • 『夫は赦すか』(1919)
  • 『エヴァンジェリン』(1918)
  • 『女性と掟』(1918)
  • 『勝利者』(1917)
  • 『紐育の誉れ』(1917)

amazon:ラオール・ウォルシュ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ