西部劇

(映画)
せいぶげき
  • Western(ウエスタン)の訳語。
  • 主にハリウッド映画において、開拓期の北米大西部地域を舞台とした活劇メロドラマ。
  • 第二次大戦前の全盛期には勧善懲悪のストーリーが多かったが、冷戦期を経てベトナム戦争以後は、善悪の区別が曖昧になっていく。
  • 1920年代から1960年代の撮影所全盛期のハリウッドではジャンル映画を代表するジャンルだったが、1970年代以後衰退し、ノスタルジーの対象となっている。
  • 主な監督に、『駅馬車』『捜索者』のジョン・フォード、『赤い河』『リオ・ブラボー』のハワード・ホークス、『ウィンチェスター銃'73』『裸の拍車』のアンソニー・マン、『七人の無頼漢』『決闘コマンチ砦』のバッド・ベティカー、『OK牧場の決闘』『荒野の七人』のジョン・スタージェス、『昼下がりの決闘』『ワイルドバンチ』のサム・ペキンパー、『アウトロー』『許されざる者』のクリント・イーストウッドらがいる。
  • 米国外で製作されるものもあり、特にイタリアで製作されたものは「マカロニウエスタン」(英語ではスパゲッティ・ウエスタン)として知られる。代表的な監督に『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』のセルジョ・レオーネがいる。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ