ロトスコープ

ロトスコープ

(アニメ)
ろとすこーぷ

アニメーションの技法。カメラで撮影した映像を、そのまま動画に起こすこと。
マックス・フライシャーが考案、1919年に短編アニメーション映画『インク壺の外へ』で初めて商業作品に使用された。

主な作例

  • 「白雪姫」(ウォルト・ディズニー)
  • 「指輪物語」(ラルフ・バクシ)
  • 「スキャナー・ダークリー」(リチャード・リンクレイター)
  • 「惡の華」(長濱博史)

ネットの話題: ロトスコープ

人気

新着

新着ブログ: ロトスコープ