Hatena Blog Tags

三世一身法

(社会)
さんぜいっしんのほう

723年に発せられた開墾奨励の法。新たに灌漑(かんがい)用水路を引いて開墾した者には本人・子・孫(一説に子・孫・曾孫)3代の間その墾田の占有を許し,既存の灌漑用水路を利用して開墾または再開墾した者には本人一代限り占有を許した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ