三木武夫

(社会)
みきたけお

政治家。第66代内閣総理大臣
徳島県土成町(現・阿波市)出身。当選19回 議員在職51年。
政界浄化・政治改革に執念を燃やしたその政治姿勢から“ダーティ田中”こと田中角栄前首相との対比で“クリーン三木”“議会の子”と呼ばれた。弱小派閥を率いて政界を巧みに生き抜く様は「バルカン政治家」と称された。自民党議員の中では数少ない保守左派思想の持ち主だった。
葬儀の際は国会の衛視全員が堵列して霊柩車を敬礼で見送った。

衆院議員の高橋紀世子は長女にあたる。
妻・三木睦子は現在も各種社会活動を行ない、2002年にはそれを評価されて朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) から親善勲章第一級を授与されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ