田中角栄

(社会)
たなかかくえい

政治家(1918〜1993)。第64・65代内閣総理大臣。新潟県出身。

略歴

  • 1947年4月、第23回総選挙で新潟3区から民主党公認で出馬し、当選。
  • 1955年11月、自由民主党の結党に参加。
  • 1957年7月、第1次岸信介改造内閣で郵政大臣に就任。
  • 1961年7月、第2次池田勇人内閣の改造で大蔵大臣に就任(〜65年6月)
  • 1965年6月、自民党幹事長就任(〜66年12月、68年11月〜71年7月)
  • 1972年7月に総理就任、「日本列島改造論」で一世を風靡。9月に日中国交回復を実現する。
  • 1974年11月に金脈問題で総理の座を追われる。
  • 1976年7月にロッキード事件で逮捕される。逮捕後(83年には東京地裁で実刑判決が下る)も「闇将軍」として政界に君臨する
  • 1985年脳梗塞で倒れる。
  • 1989年政界を引退。
  • 1993年死去

その他

  • 歴代の首相でただ一人大学を出ていない(中卒というのは誤りで夜間の専門学校を出ている)
  • 娘に田中真紀子元外相、娘婿に田中直紀参議院議員。

関連:歴代内閣総理大臣一覧

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ