田沼意次

(社会)
たぬまおきつぐ

(1719年1788年)
江戸時代の政治家。徳川家重の小姓を経て、側用人、老中。
重商主義に基づく経済政策を行った。
徳川家治死後の天明6年(1786年)、老中御役御免(失脚)。


清濁併せ飲む人物であったが、賄賂政治のイメージは失脚後に政敵の松平定信らによってつけられたもの。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ