三貴子

三貴子

(一般)
みはしらのうずのみこ

三貴子とは、日本の記紀神話で黄泉の国から帰ってきた伊弉諾尊が、日向橘小門阿波岐原(ひむかのたちばなのをどのあはきはら)で禊を行った際に、生まれ落ちた天照大神月読命須佐之男命の三柱の神々のこと。
伊弉諾尊自身が自らの生んだ諸神の中で最も貴いとしたところからこのように呼ばれている。
天照大神は伊弉諾尊の左目から生まれたとされる女神(男神とする説もある)であり、月読命は伊弉諾尊の右目から生まれたとされる男神(女神とする説もある)であり、須佐之男命は伊弉諾尊の鼻から生まれたとされる男神である。

新着ブログ: 三貴子