上海租界

(地理)
しゃんはいそかい

1842年、アヘン戦争の終戦条約である南京条約による上海開港後に設定されたイギリス租借地に始まる。
国際共同租界*1とフランス租界*2に分かれる。
当時の中心地は外灘で、現在でも欧風建築物が残されている。
1943年に消滅。

租界

なお、租界とは、平たく言うと外国人居留地のようなもので、主権は清や中華民国にあるが、領事裁判権や行政権を租借国が持っていた。

*1:1863年成立

*2:1862年成立

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ