中央・総武緩行線

中央・総武緩行線

(地理)
ちゅうおうそうぶかんこうせん

JR東日本の運転系統名称。中央東線三鷹〜総武線千葉を各駅停車で運行する黄色いラインカラーの電車。
「総武線」と呼ぶと、東京駅経由で横須賀線と直通を行う総武快速線と混合してしまうことから、差別化を図るため中央緩行線と総武緩行線を合わせて「中央・総武緩行線」と表記する。

なお、線籍上は三鷹〜新宿間と代々木〜御茶ノ水間が中央本線、新宿〜代々木間が山手線、御茶ノ水〜千葉間が総武本線である。
利用者の間では、この中央・総武緩行線を「総武線」、東京発着の総武本線を「総武快速線」。乗り入れてくる地下鉄を「東西線」と呼ぶことも多く、駅員のアナウンスも基本的には利用者の実態に準ずる。
また同一の運転系統であっても、どの駅を基準とするかによって呼び方が変わってくることもある。

駅名 よみ
“えき”は略
接続路線
三鷹駅 みたか 中央快速線
吉祥寺駅 きちじょうじ 中央快速線、京王井の頭線
西荻窪駅 にしおぎくぼ -
荻窪駅 おぎくぼ 中央快速線、東京メトロ丸ノ内線
阿佐ケ谷駅 あさがや -
高円寺駅 こうえんじ -
中野駅 なかの 中央快速線、東京メトロ東西線(相互直通運転)
東中野駅 ひがしなかの -
大久保駅 おおくぼ -
新宿駅 しんじゅく 中央快速線、山手線、埼京線、湘南新宿ライン
小田急小田原線、京王京王線、西武新宿線(西武新宿駅)
東京メトロ丸ノ内線、都営新宿線、都営大江戸線
代々木駅 よよぎ 山手線、都営大江戸線
千駄ケ谷駅 せんだがや -
信濃町駅 しなのまち -
四ツ谷駅 よつや 中央快速線、東京メトロ丸ノ内線、南北線
市ケ谷駅 いちがや 東京メトロ有楽町線、南北線、都営新宿線
飯田橋駅 いいだばし 東京メトロ東西線、有楽町線、南北線、都営大江戸線
水道橋駅 すいどうばし 都営三田線
御茶ノ水駅 おちゃのみず 中央快速線、東京メトロ丸ノ内線、千代田線(新御茶ノ水駅)
秋葉原駅 あきはばら 山手線、京浜東北線
東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス
都営新宿線(岩本町駅)
浅草橋駅 あさくさばし 都営浅草線
両国駅 りょうごく 都営大江戸線
錦糸町駅 きんしちょう 総武快速線、東京メトロ半蔵門線
亀戸駅 かめいど 東武亀戸線
平井駅 ひらい -
新小岩駅 しんこいわ 総武快速線
小岩駅 こいわ -
市川駅 いちかわ 総武快速線
本八幡駅 もとやわた 都営新宿線
下総中山駅 しもうさなかやま -
西船橋駅 にしふなばし 武蔵野線、京葉線
東京メトロ東西線(相互直通運転)、東葉高速鉄道
船橋駅 ふなばし 総武快速線、東武アーバンパークライン
東船橋駅 ひがしふなばし -
津田沼駅 つだぬま 総武快速線
幕張本郷駅 まくはりほんごう -
幕張駅 まくはり -
新検見川駅 しんけみがわ -
稲毛駅 いなげ 総武快速線
西千葉駅 にしちば -
千葉駅 ちば 内房線、外房線
京成千葉線、千原線、千葉都市モノレール

車両

209系500番台とE231系0番台が使用され、東京メトロ東西線直通列車はE231系800番台が使用される。いずれも三鷹車両センター所属。東京メトロからは05系、07系、15000系が乗り入れてくる。

新着ブログ: 中央・総武緩行線