Hatena Blog Tags

乗数効果

(社会)
じょうすうこうか

経済用語。マクロ経済学。
経済変量の変化が元の何倍かの効果をもたらすこと。
戦略的補完性が存在すれば、乗数効果は存在する。
経済現象の中で乗数効果によって産出量が増大する過程を説明する理論を乗数理論とよぶ。
類似語:「経済波及効果

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

ベストセラーの謎 ――挨拶を忘れるフランス人じゃありません ルブラン「ルパン対ホームズ」 タロウ記 「中野太郎は知恵ある少年であった。浦河町、厚沢部町、松前町の小学校で、一番の成績を取り、末は博士になるであろうと言われた。だが松前中学校で三番になり、函館東高校で悲惨な成績を取るに従って、これはどうしたのであろうか、太郎は全知全能の神ではないかと思っていたが人間であり、サボっていると成績が落ちると知った。太郎は大学はようやく法政に受かったが入試の成績が良く奨学金をもらったが風俗に行ってしまった。風俗には千回も行ったが無駄だった。快楽のみが悟りではないと思った。高校に習ってろくに勉強をしなかった。…

さてこれからやさしくマクロ経済学を勉強していこう。 とってもわかりやすく説明して、しかも非常に深いところまでやるから安心してくれたまえ。 マクロ経済学は経済を集計した学問なんだ。 だから、経済の集計された概念を使っていろいろ始める。 先ずGDP(Gross Domestic Product)から覚えよう。とにかく最初は暗記だ。我慢してほしい。 これは国内総生産。国内で生産したものを集めましたよって数量。 生産面では全部の生産された額から、中間生産物を引いた数なんだ。というと難しそうだね。 例えばみかんジュースだと。 缶+原材料のみかんでできているが、これから原材料と言う中間生産物のみかんを引く…

超越こそ最終境地、成人。。

マクロ経済学では国内総生産など、統計を使って各種の指標を作ることが大事である。資金循環表では資金のフローとストックを各種相互作用を見ながら掴むことが重要である。労働統計では失業率など統計で労働者の様子を掴むことが肝要である。経済成長では各種、各合理性の資本蓄積を見ながら全体的成長を把握することが大事である。短期モデルではケインズモデルに学び乗数効果など、に配慮を払いながら観察することが大事である。中期モデルは企業の独占力に注意を払いながら貨幣ショックなどで、移動することを観察することが大事である。ニューケインジアンモデルではミクロからの数式の導入をしながらマクロモデルを繰り広げることが大事であ…