Hatena Blog Tags

佐佐木信綱

(読書)
ささきのぶつな

歌人、国文学者。
1872年(明治5年)6月3日、生まれ。
1937年(昭和12年)、第1回 文化勲章を受章。
1963年(昭和38年)12月2日、死去。91歳だった。
amazon:佐佐木 信綱

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

初富士を詠んだ短歌  一昨日,昨日と,きれいな夕焼けを見ることができました.由比ヶ浜で見た,まさに焼けているような空はとりわけ印象的でした.昨日の江ノ島弁天橋からの夕焼けは,富士の眺望とともに楽しむことができました. はつ春の真すみの空にましろなる曙の富士を仰ぎけるかも 佐佐木信綱   天地(あまつち)の春の初めを統べて立つ富士の高嶺と思ひけるかな 与謝野晶子  世の悩み知らでのぼりし初富士の十六の日のわれをこそ思へ 吉井勇

鎌倉は,このところ晴れた日が続いています. 一昨日,昨日と,きれいな夕焼けを見ることができました. 一昨日,由比ヶ浜で見た,まさに焼けているような空! このところ見続けている夕焼けの中でも,とりわけ印象深いものでした. 昨日は,所用で鎌倉腰越へ.その帰り龍口寺を回って,江ノ島弁天橋からの夕焼けを眺めてきました. 富士山の眺望とともに. 初春の富士を詠んだ短歌 (古今短歌歳時記より:初富士は元旦に見る富士をさします) はつ春の真すみの空にましろなる曙の富士を仰ぎけるかも 佐佐木信綱 山と水と 天地(あまつち)の春の初めを統べて立つ富士の高嶺と思ひけるかな 与謝野晶子 白桜集 世の悩み知らでのぼり…

山茶花を詠んだ歌 鎌倉源氏山公園〜葛原岡神社へ行って来ました.出会った秋の花・実は,ミズヒキ,イヌビワ,返り咲きのソメイヨシノ,ホトトギス,ヨウシュヤマゴボウ,ヤブミョウガ,クサギ,そしてサザンカ. 人いゆき日ゆき月ゆく門庭(かどには)の山茶花の花もちりつくしたり 佐佐木信綱  山茶花の白きを愛づるこの園にわれを怖れぬ山鳥のこゑ 斎藤茂吉  山茶花のはな散りすぎて,/庭のうへに/あたる日の色/濃くなりにけり 釈迢空  散る花のうへにまた散る山茶花のいまだ暮れざる夕暮れの時 佐藤志満

鎌倉源氏山公園・葛原岡神社へ行った来ました. 山道にかかる前のお宅の美しい花たち. キバナコスモス,コスモス,センニチコウ,ブーゲンビリア,ダリア 山道に入ると,ミズヒキ,イヌビワ,ツワブキ,ツルドクダミ. 源氏山には,名札のつけてある木もみられます. 葛原が岡神社は,明治時代に創建された,後醍醐天皇の側近・日野俊基を祀る神社です. お社の前のソメイヨシノが美しくさいていました.見事な返り咲き. ホトトギスがとてもかわいらしくきれいに咲いていました. ヨウシュヤマゴボウ,ヤブミョウガ,そしてクサギ.鎌倉の山でとてもよく見かける花,実. 源氏山は椿が多い公園ですが,今咲きはじめているのはサザンカ…