スマートフォン用の表示で見る

文化勲章

社会

文化勲章

ぶんかくんしょう

[英] Order of Culture

文化勲章は、科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある者に授与される勲章。

1937年(昭和12年)、当時の内閣総理大臣廣田弘毅の発案により、文化勲章令(昭和12年2月11日勅令第9号)を以て制定された。

趣旨及び根拠
文化勲章令(昭和12年2月11日 勅令第9号 同日施行)文化勲章ハ文化ノ発達ニ関シ勲績卓絶ナル者ニ之ヲ賜フ
選考
文化庁文化審議会に置かれる文化功労者選考分科会の意見を聞いて文部科学大臣が推薦し、内閣府賞勲局で審査の上閣議決定する。なお、慣例として、その年にノーベル賞を受賞した者で文化勲章未受章である者には、文化勲章が授けられる。
授与
親授式は毎年11月3日、皇居宮殿松の間で行われ、天皇から直接授与(親授)される。