何進

(一般)
かしん

字は遂高(生年不明-189)。実妹が何皇后で皇帝に嫁いだことから、その威光を笠にきて大将軍にまで出世した。
優柔不断な性格だったらしい。

横山光輝三国志では、十常侍に暗殺されるという最後を遂げている。

リスト::三国志関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ