冥福

(一般)
めいふく

死後の幸福のこと。
仏教では、亡くなった人は49日間*1冥土*2をさまよい、生前の行いに対する裁きを受ける。生前の行いによって次に転生する世界が決まると言われている。
「冥福を祈る」とは、冥土の旅を無事終えて、良い世界に転生できるように祈ること。残された親族が一生懸命祈ることで魂が浄化されるという説に基づく。
仏教用語であるため、神道やキリスト教など他宗教の人に対しては使わない方がよい。また浄土真宗でもこの言葉は使わないので注意が必要。

言い換え例

ご冥福をお祈りします→哀悼の意を表します

*1:宗派によって異なるが、49日間が多い

*2:冥界・中陰とも言う

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ