原始共産制

(社会)
げんしきょうさんせい

原始共産制はマルクス主義の文脈で人類の歴史の最初にあったとされる狩猟採集・経済的平等な小規模社会のこと。

現代では、実際の狩猟採集小規模社会は経済的にほぼ平等であってもまったく平等とまではいかず、また集団内部には性差別や年齢差別があり、性暴力や殺人もあることが指摘されており、必ずしもマルクス主義の中の一部の文脈で考えられたようなユートピアではないといわれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ