国会議員政策担当秘書

(一般)
こっかいぎいんせいさくたんとうひ

日本の国会議員の公設秘書の1つ。一般的には単に政策秘書と呼ばれることが多い。国家公務員の特別職で個人給与を国費で負担している。1議員あたり1人置くことができる。政策立案及び立法活動を補佐する仕事を行う。
1993年の国会法改正により導入され、国会議員政策担当秘書の資格試験合格者または、選考採用審査認定者のみ採用することができる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ