大久保房男

大久保房男

(読書)
おおくぼふさお

日本の編集者、作家。

1921年生まれ。1946年11月、講談社に入社。1955年から1966年まで雑誌「群像」編集長を務める。1959年から1961年までは並行して「週刊現代」の初代編集長も務めた。

1991年に小説「海のまつりごと」を刊行(芸術選奨新人賞を受賞)。

2014年7月25日、十二指腸乳頭部がんで死去、92歳。

著書

文士と文壇 (1970年)

文士と文壇 (1970年)

文芸編集者はかく考える

文芸編集者はかく考える

海のまつりごと

海のまつりごと

理想の文壇を

理想の文壇を

文士とは

文士とは

人間魚雷搭乗員募集―一学徒兵の特攻 (光人社NF文庫)

人間魚雷搭乗員募集―一学徒兵の特攻 (光人社NF文庫)

文士のゴルフ―丹羽学校三十三年の歴史に沿って

文士のゴルフ―丹羽学校三十三年の歴史に沿って

終戦後文壇見聞記

終戦後文壇見聞記

日本語への文士の心構え すぐれた文章を書くために

日本語への文士の心構え すぐれた文章を書くために

文士と編集者

文士と編集者

新着ブログ: 大久保房男