大神楽

(アート)
おおかぐら

 神官が獅子舞を伴い氏子の家々を廻って御祓をしたのが始まり。
 江戸時代に伊勢神宮、熱田神宮から全国に広がり、熱田派の丸一家、大丸家、伊勢派の海老一家、鶴の丸家等が活躍。
 海老一染之助・染太郎が得意としていた傘廻しも大神楽の演目のひとつ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ