天児屋命

天児屋命

(一般)
あめのこやねのみこと

日本神話に登場する神。アメノコヤネや天児屋根命とも呼ばれている。岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、天照大神が岩戸を少し開いたときに太玉命とともに鏡を差し出した神で、天孫降臨の際に瓊瓊杵尊に随伴し、中臣氏などの祖となったとされる。

新着ブログ: 天児屋命