奥州合戦

(社会)
おうしゅうかっせん

奥州合戦(おうしゅうかっせん)

1189年、東北地方にて鎌倉政権と奥州藤原氏の間で行われた一連の戦いの総称。治承・寿永の乱の最後の戦いであり、古代から中世への転換点となった歴史的な戦い。源頼朝は、平氏を滅ぼした後も従わず、かつ不仲になった義経をかくまったと理由で、奥州に兵を進め藤原氏を滅ぼした。これで全国平定を完了、後に武士政権を確立する。奥州征伐とも呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ