宮崎哲弥

宮崎哲弥

(一般)
みやざきてつや

評論家。研究開発コンサルティング・アルターブレイン副代表。
昭和37年、福岡県生まれ。
慶応義塾大学社会学科卒業。同法律学科中退。
論壇誌での執筆活動、テレビのコメンテーターやラジオのパーソナリティなど様々なメディアを通じ、政治・社会問題からサブカルチャーまで広範に論じている。朝生によく出てくる。おすぎに似てる(体型が)。
余談だが、大学時代は酒の飲み過ぎで黄疸が出たことがあるらしい。宮台真司氏とのコンビ、通称M2は既に終わった。
速読でも有名。

主な著書

  • 「正義の見方」(洋泉社)
  • 「自分の時代の終わり」(時事通信社)
  • 「愛と幻想の日本主義」(共著、春秋社)
  • 「新世紀の美徳―ヴァーチャス・リアリティ」(朝日新聞社)
  • 「人権を疑え」!(洋泉社)など多数。

ネットの話題: 宮崎哲弥

人気

新着

新着ブログ: 宮崎哲弥