小出裕章

小出裕章

(サイエンス)
こいでひろあき

小出裕章(こいでひろあき)

元京都大学原子炉実験所助教。1949年東京都生まれ。
72年東北大学工学部原子核工学卒業。74年東北大学学研究科原子核工学科修了。74年から現職。
専門は放射線計測。
原子力の開発を志し、東北大学工学部に入学。1970年10月に女川町で開かれた原発反対集会に参加。「原子力発電所は都会では引き受けられない危険を抱えたもの」であることを悟り、以後は反原発の道を歩む。
数少ない反原発の学者として、原子力発電を止めるための研究を続けている。
伊方原発訴訟住民側証人。著書に『放射能汚染の現実を超えて』、『隠される原子力 核の真実』、共著に『原子力と共存できるか』など。

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ | 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報
Nucler Safety Research Group
amazon:小出裕章

2011.4.29 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演 from kayo sawaguchi on Vimeo.


ネットの話題: 小出裕章

人気

新着

新着ブログ: 小出裕章