岩宿遺跡

(サイエンス)
いわじゅくいせき

群馬県みどり市笠懸町にある旧石器時代の遺跡。
日本の旧石器時代の存在が判明した遺跡としてあまりにも有名。
発見したのはアマチュア考古学者の相沢忠洋
1949年に明治大学の学術調査で正式に判明。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ