応天門の変

(社会)
おうてんもんのへん

日本の平安時代前期の貞観8年(866年)に起こった政変。応天門が放火され、大納言の伴善男は左大臣の源信の犯行であると告発したが、太政大臣の藤原良房の進言で無罪となった。その後、密告があり、伴善男父子に嫌疑がかけられ、有罪となり流刑に処された。これにより、大伴氏は没落し、藤原氏は排斥に成功した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ