承和の変

承和の変

(社会)
じょうわのへん

日本の平安時代初期の842年(承和9年)に起きた政変。藤原氏による最初の他氏排斥事件とされている事件である。藤原良房の陰謀と言われ、伴健岑と橘逸勢らが皇太子の恒貞親王を奉じて謀反を企てたとして流罪に処せられ、親王が廃された。

新着ブログ: 承和の変