Hatena Blog Tags

在原業平

(読書)
ありわらのなりひら

平安時代初期の歌人。六歌仙・三十六歌仙の一人。色好みの代表格として知られる。通称の在五中将は五男で、右近衛中将であったため。
天長二(825)年生、元慶四(880)年没。
阿保親王*1の第五子。母は伊都内親王*2。同母兄に在原行平・在原仲平・在原守平。大江本主もしくは大江音人も異母兄弟とされる。子には在原棟梁・在原師尚・在原滋春。
天長三(826)年に父である阿保親王の上表により、在原姓を賜る。
『三代実録』の伝には,

体貌閑麗、放縦にして拘らず、略才学なく、善く倭歌を作る

とあり、美男で気まま、学才はなかったが和歌を得意としたとされる。『古今和歌集』仮名序では

その心あまりてことばたらず

と評されたように、情熱あふれる秀歌が多く、技法的にも古今調の先駆をなす。
『古今和歌集』に三十首入集。また、『伊勢物語』は在原業平の和歌をモチーフに後世から付会した物語をつけたもので、主人公と業平を同一視する後世の見方は誤っているともいえる。
家集は『業平集』

ちはやぶる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは
百人一首17/古今和歌集 巻五 秋下 294

『古今和歌集』で小野小町らと共に「六歌仙」と呼ばれたその筆頭。『伊勢物語』では業平の歌がBGMとして反芻されながらの紀行という、他に例のない斬新な構造で叙情豊かな展開がなされている。

*1:平城天皇の第一皇子。

*2:桓武天皇の皇女

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

かきつばた(杜若・燕子花)1  実は,まだ間近にカキツバタを見たことがありません.今年こそはどこかで--とは思つていますが.「アヤメ属のなかではもっとも古くから栽培された」「日本原産」とされるカキツバタ.アヤメ(花あやめ)と異なつて,万葉集,古今集でも詠われています.杜若衣(きぬ)に摺りつけますらをの着そひ猟(かり)する月はきにけり 大伴家持  か: からころも き: 着つつなれにし つ: つましあれば は: はるばる来ぬる た: たびをしぞ思う 在原業平 

5月はアヤメ,カキツバタの季節.といっても,カキツバタを近くで見たことのない私. Iris laevigata - Wikipedia ハナショウブを中心とした菖蒲園で見ることができるのでしょうか?多くは,より華やかなハナショウブ中心のようにも思いますが--- 実はまだ菖蒲園に行ったことがありません.今日思い立って鎌倉明月院の菖蒲園に言ってみたのですが,「6月に開園」とのこと. 明月院に限らずどこかの菖蒲園を訪れてみるつもりです. カキツバタは,「アヤメ属のなかではもっとも古くから栽培され、季語として親しまれ、家紋にも用いられている。江戸時代に園芸化が進み、多くの品種がつくりだされたが、現在は…