性分化疾患

(サイエンス)
せいぶんかしっかん

 性分化疾患(Disorders of Sex Development)とは内分泌疾患 である下垂体疾患、甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患の総称であり遺伝情報によるヒトの内分泌代謝疾患のこと。性分化疾患とは単一疾患のことではありません。
 ヒトの内分泌代謝ホルモンの司令塔である下垂体は甲状腺、副腎、性腺などの内分泌器官と連携し内分泌ホルモンを補い合っています。しかし父親と母親から引き継がれた遺伝情報の変異によりヒトのホルモン代謝である器官の下垂体、甲状腺、副腎、性腺などの先天的な形態の変異や機能不全・腫瘍(がん)などの原因によりホルモン分泌量が過剰または不足により様々な内分泌疾患や代謝性疾患を発症します。下垂体疾患、甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患グループはそれぞれ違う個別的多様な疾患を持ちそれぞれ違います。また新生児の泌尿生殖器に何らかの問題がある場合で特に性腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患は長期間に渡り治療が必要です。 

 内分泌疾患の症例

下垂体・視床下部疾患
 成長ホルモン分泌不全性低身長症
 思春期早発症
 中枢性思春期早発症
 下垂体機能低下(不全)症
 下垂体性(真性)尿崩症
 汎下垂体機能低下症
 周期性ACTH症候群
 プラーダー・ウィル症候群

甲状腺・副甲状腺疾患
 先天性甲状腺機能低下症(甲状腺腫を伴わない)
 甲状腺機能亢進症
 慢性甲状腺炎
 特発性副甲状腺機能低下症
 甲状腺機能低下症
 仮性副甲状腺機能低下症

副腎疾患
 先天性副腎(皮質)過形成
 21水酸化酵素欠損症
 先天性副腎リポイド過形成
 腎性尿崩症(抗利尿ホルモン不応症)
 副腎形成不全

性腺疾患
 ターナー症候群
クラインフェルター症候群

など

 インターセックス、半陰陽とは性腺疾患の一症例に過ぎませんでした。 しかし性分化疾患の解釈が「遺伝情報によるヒトの内分泌代謝疾患のこと」と拡大した結果インターセックス、半陰陽と言う医学用語ではヒトの遺伝情報よる疾患の判定は「もはや時代錯誤」であり「当事者とその家族に対する蔑視」差別用語であると判断されたと思います。

 
 ご注意!
 IS インターセックスはサブカルチャーや漫画に 影響されたもので現実とは全く乖離したイメージ
 されたものです。性分化疾患(DisordersofSexDevelopmentDSD)とは全く違うものです。

 インターセックスISは性分化疾患の患者に対する蔑視差別用語です!

 六花 チヨ (著)講談社 Kiss コミック IS男でも女でもない性 
 は成育医療を愚弄する悪書!

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ