新美南吉

(読書)
にいみなんきち

1913年〜1943年。愛知県半田市岩滑(やなべ)出身。
小学校の教科書に、現在も採録されている「ごんぎつね」の作者として有名であるが、
29歳で夭折したため、遺された作品は多くない。
他に「おじいさんのランプ」・「手袋を買いに」・「牛をつないだ椿の木」など。

地元、半田市には作品ゆかりの地も多く出生地には新美南吉記念館がある。
記念館の近くには「ごん」が兵十のうなぎを奪った舞台となった「矢勝川」がある。
また「日本のアンデルセン」という異名を持つ。

新美南吉童話集 (岩波文庫)

新美南吉童話集 (岩波文庫)

リスト::児童文学作家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ